朝礼ネタ Topics

スポンサーリンク



卒業式シーズン

  • 追加
  • 3月と言うと、年度終わりです。
    人によって、決算であったり、卒業であったり、様々なことを思うでしょう。

    卒業というと、今日「3月9日」は、印象深い日ですね。
    知っている人は知っていると思いますが、2005年にレミオロメンが発表した曲が「3月9日」なのです。
    この曲、元々は「卒業」ではなく「結婚」を意識して作られた曲らしいのですが、
    その当時、曲を使用したドラマの影響もあって、卒業ソングとして、定着したようです。
    それ以降、卒業ソングとして、各地の学校で歌われているようです。

    いつの時代も、卒業ソングというものはありますが、やはり、流行りがあるものと思います。
    定番なのが、「仰げば尊し」。これは、歌ったことは無くても、誰しも聴いたことがあるはずです。
    それ以外となると、「贈る言葉」であったり、「旅立ちの日に」であったりと、色々な曲が挙がると思います。

    そんな中、式の入退場でかかる曲に、意識を向ける人は少ないのではないでしょうか。
    定番なのが、「威風堂々」です。CMで使用されたりしているので、こちらも聴いたことはあると思います。
    この曲に関しては、思い出があります。

    私の出身校では、入退場の曲を吹奏楽部が演奏していました。
    そして、卒業生の人数も多いのです。
    なんとなく想像できましたか?

    そう、曲を絶え間なく吹いているのです。
    おめでたい席であり、卒業生がまさに「威風堂々」と退場している中、吹奏楽部員は必死の形相で吹いている。
    このギャップに、「またこの季節が来たなぁ」と思ったものです。

    卒業式と言うと、校長先生の挨拶で印象的な言葉があった、や、PTAのお母さん方の挨拶が特徴的だった、など、
    話題は尽きないものですが、「別れ」と捉えるのではなく「新たな一歩」として、考えていきたいですね。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    本当のとこは

  • 追加
  • 最近は3月9日を連想したら、レミオロメンの3月9日と言う名曲と答える方が、若い世代を中心におられます。

    卒業式のシーズンと重なって、卒業式ソングに定着しましたが、本来はこの名曲は、友人の結婚式の門出を祝って、はなむけとして作られた曲です。

    日付がそのままのタイトルの曲は、珍しいのでインパクトがありますが、歌詞の内容に「別れる」や「旅立つ」に関するワードは入ってはいないのですが、春の訪れを示す季語が多く含まれおり、それに切なさを感じさせるメロディーがマッチして、卒業式に歌われても違和感なく当てはまってしまうので、卒業式ソングとして定着しました。

    3月9日は、語呂合わせでサンキュー、すなわち「ありがとう」の日です。
    ありがとうの日と答える方が、最も多いと思いますが、私もそうなんですが、ありがとうとすみませんを使い間違える事です。

    プライベートでは、家族や友人に対して、してもらった事に素直にありがとうと言えるのですが、職場の上司の方や、得意先の方、全くの赤の他人に対しては、ありがとうより、すみませんと言ってしまいます。

    日本人独特な謙虚な姿勢が出てしまい、目上の方や、他人にはよそよそしく丁寧に接しようとするので。使用してしまいます。

    本来はありがとうございますと言った方が正解なんですけど、ついつい、すみませんと言ってしまいます。

    ありがとうって言われて、嫌な気分になる人なんていません。
    むしろ、すみませんよりありがとうの方が、暖かみがあります。
    今日は、人に教わったり、助けてもらった時には、ありがとうって言う事を心掛けましょう。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    三月四日は円の日!

  • 追加
  • いつも、皆さんが使っているお金ですが、
    三月四日は、明治2年に貨幣を円形として金銀銅の貨幣を鋳造する円貨の制度を明治政府が決めた日です!
    何気なく使っているお金ですが、三月四日に決められたものだったんですね。

    今のお札になるまでに沢山の偉人がお札になって来ましたが、
    一番初めにお札に描かれた偉人は神功皇后という偉人だったそうです!
    今までに描かれた偉人は17人で、聖徳太子や伊藤博文もお札に描かれたことがあります。

    ちなみに、
    今一般的によく目にするお札は千円札の野口英世、五千円札の樋口一葉、一万円札の福沢諭吉ですが、
    千円札と五千円札は2004年に今のものになりましたが、
    一万円札の福沢諭吉は1984年からずっと変わっていないそうです。

    そんなにも長い期間、変わっていないのはすごいですよね。
    もしこれからずっとこの紙幣を用いた物流が続くのであれば、
    何百年先、何千年先のお札はどうなっているんでしょうか?

    どんな人が描かれているのか、どんな絵柄になるのでしょうか。
    今私たちが生きている現代の誰かが将来お札に描かれることもあるのかもしれませんね。
    そうなると、一体誰が描かれるのか少し気になるところですよね。

    総理大臣なのかスポーツ選手なのか、それとも何かの賞を受賞した人なのか。
    どんな有名人が描かれるのか、今国内で誰にでも知られている人とは誰なのか。
    そんなことをふと考えて予想をしてみるというのも面白いかもしれませんね。

    目次に戻る⬆


    聴覚障害で困っている人を見かけたら

  • 追加
  • 「3月3日は何の日だ?」と質問すれば、大半の人は「ひな祭り」と答えてくれます。
    でも、3月3日は耳の日でもあるんですよ。

    ミミの語呂合わせと3の数字が耳の形に似ていますから、覚えやすいですよね。
    耳の日が制定された目的は、聴覚障害の予防・治療などの理解を深めることと、耳の衛生についての知識の普及のためです。

    耳の日にちなんで、もし自分の耳が聞こえなくなったらと考えてみてください。

    仕事に支障がでるのはもちろんのこと、お湯の沸く音、背後からくる自転車の音・風の音も虫の声も聞こえなくなります。
    目覚まし時計のベルの音だって聞こえないのですから、私なんて毎日遅刻してしまいます。
    ちょっと考えただけでも、すごく不便ですよね。

    先日電車に乗っていた時に、車両故障で電車が止まってしまいました。
    その時に隣に座っていた女性に、トントンと肩をたたかれました。
    無言で携帯電話の画面を私に見せて、身振りで画面を見ろと言っているようです。

    「耳が聞こえません。何で電車が止まっているんですか?」と、携帯の画面に書いてあります。
    私も自分の携帯電話を取り出して、車内放送の内容をメール画面に入力して彼女に見せたところ、状況が分かって安心したように笑顔で頷いてくれました。

    手話ができなくても、筆記や携帯電話やスマートフォンの画面を使ってコミュニケーションをとることができると、彼女に教えてもらいました。
    私たちの周りには聴力の弱い人や、まったく音が聞こえない方々がいらっしゃいます。

    皆さんも聴覚障害で困っている人を見かけた時は、今日紹介した方法でサポートしていただければと思います。

    目次に戻る⬆


    大切な私の出逢い

  • 追加
  • 私はある自分に見立てたキャラクターを作るサイトのチャットで、大切な出逢いをしました。
    ただのチャットと思うかもしれません、顔も見えないし誰だか素性も分かりませんし私も最初はそう思っていたんですよ。
    ですから警戒心も多少ありましたが人によってはそうではないのです。

    そのサイトでは私が暇な時間にログインし、自分のキャラクターでフラフラ遊びに出向き色んな方と話ができます。
    私は色んな方と話をしましたが、この方だけは違ったんです。

    何が違ったかと言いますと、考え方や捉え方どんな話をしても真剣に親身になって聞いてくれましたし色んな話をしていくうちにいつの間にか自分の素の部分をさらけ出していたんです。
    それが一番自身でも驚いている事ですね。

    親身に聞いて下さるだけではなく、その方の考えで私の凝り固まった考えに何かを気づかされていたのです。
    そして何度も何度も他愛もない会話をしながら、いつしか携帯でメール交換をする間柄になりました。

    素性も知らない方とメール交換等考えもしなかったのですが、私が交換する事に同意した理由があるのです。
    この方と話をしたり言葉のやりとりをすれば、自分自身の向上にもなるのではないだろうか??

    色んな事に気づけるのではないだろうか??そう思ったからです。

    それ以来、私が今まで出せなかった弱みをその方にさらけだせるようになったのです。
    弱い部分を認めつつ私の全てを受け入れて下さる心の器の大きな方です。

    時に衝突もありますが、それは私の思い込みもある事でその方にとっては何でも無い事。
    ですのでこれからも自分自身の色んな気づきを求めてこの方との出逢いを大切にしたいと思います。

    そして3月1日は行進の日、マーチの日でもあるんですよ。
    行進曲と3月が同じmarchというスペルであるからです。

    出逢い・気づき・向上の3拍子揃ったこの日に万歳です。

    目次に戻る⬆


    猫の日

  • 追加
  • みなさんは猫の日があるのをご存知でしょうか。
    実は2月22日は猫の日なんです。

    鳴き声の『にゃん』をかけてその日にしたそうです。
    猫と一緒に暮らせる幸せに感謝をしてとの意味で作られたそうです。
    今では猫カフェなんかもあります。
    そして猫サークルも。

    猫の文房具や服などを作り、販売をしたりしているところもありますね。
    私は犬派なので、あまり最近まで気にはとめてなかったんですが、テレビでやっていた猫カフェや猫サークルにビックリしました。
    猫は犬と違って散歩はあまりしない動物らしいので、大変育てやすいみたいですね。
    家でじっとしている感じなので、比較的犬よりも育て易いそうです。

    私の友人で猫が非常に好きな人がいます。
    その人は週に1回は必ず猫カフェに行ってますし、お家でも猫を3匹飼っています。
    以前は犬を飼っていましたが、犬は散歩をしないといけなかったり、ワンワン吠えるので、途中で育てるのがしんどくなったそうです。

    なので今は猫を飼うようになったそうですね。
    猫はやはり散歩しないですし、ニャーニャーと軽く鳴いているだけなので、育て易いそうです。
    猫ってほんとうに癒やしですよね。
    猫がいるともう他の動物なんか飼えなくなりますし、他の動物とか考えられないですね。

    もし何の動物を飼おうか迷われているのであれば、猫をオススメします。
    そして一度猫カフェへ行っていただきたいですね。
    かなり猫グッズなんかも置かれていますし、良い感じですね。

    目次に戻る⬆


    2/20は選挙の日

  • 追加
  • 2月20日という日は、まずかなりたくさんの著名人が生まれた日です。

    有名なところで挙げていきますと、スポーツ界では野球の長嶋茂雄、プロレスのアントニオ猪木、芸能界では、お笑いタレントの志村けん、女優のかとうかず子、いしのようこ、ミュージシャンでは、ばんばひろふみ、クロマニヨンズの真島昌利というように多数の一流と呼ばれる人たちが誕生しています。

    またこの日に始まった事を挙げていきますと、まず1番大きな事といえば普通選挙が日本で初めて実施された日です。

    全国民の納税額の多少にかかわらず全ての男性に選挙権が与えられた日です。
    ちなみに女性に選挙権が与えられたのは、1946年4月10日の総選挙からです。
    自分の1票が政治に影響するという歴史的にも大きな前進をした瞬間です。

    また、伝統行事で見てみますと日本で初めて歌舞伎が行われた日です。

    1607年のこの日に、江戸城にて出雲の阿国が将軍徳川家康や周辺諸国の大名たちの前で初めて歌舞伎踊りというものを披露しました。
    そして1603年に京都の四条河原で出雲の阿国が歌舞伎踊りをしたのが歌舞伎の発祥と言われています。
    この頃から女性が注目を浴びるようなものも誕生していたのですね。

    そして最後に2月20日という日は、夫婦円満の日であります。

    御社においても結婚して家庭を持っている従業員はたくさんいると思います。
    この日は宇治田原製茶場という会社が夫婦でお茶を飲んでもらいたいという思いから2010年に正式に始まりました。
    なので今日は仕事から帰ったら夫婦団欒でお茶でも飲んでゆっくりと過ごしてください。

    目次に戻る⬆


    バレンタインデー

  • 追加
  • 本日、2月14日は、日本中の女子が、男性諸君にチョコを渡すバレンタインデーなのは皆さんもご存知であると思います。

    この日が来ると、男性の皆さんは、少なからず自分が女性からチョコを渡される時に告白なんかされるんじゃないだろうかと、淡い妄想にかられる時があったんではないでしょうか?

    しかしながら、現在ではこのバレンタインデーで女性が男性にチョコを渡すという常識が、どんどん変化して行っているのはご存知でしょうか。

    現在のバレンタインデーでは、カップルとして成立している男女はもちろんあると思いますが、現在では女性が女性とチョコを交換する『友チョコ』、
    家族に対して渡すチョコなど、様々な形でのバレンタインチョコがあります。

    実はこの独特の日本の文化ですが、海外ではもっと違う形である地域があります。

    世界中では、バレンタインデーは、男性が日頃の感謝を伝える、または愛の告白をするために『花束を贈る日』であることはご存知でしょうか?
    日本では2月14日に女性からバレンタインデーとしてチョコをもらい、3月14日に男性からホワイトデーとしてクッキーのお返事をするという習慣ですが、
    これは日本独特の習慣のようです。

    海外の常識においては、男性が先に女性にアプローチをかけ、その返事を女性が3月14日に行うという習慣みたいです。
    日本男児は昔から、関白宣言という曲があるように、女性に先に何でもさせてしまう習慣があります。

    日本と世界、男女の有り方も随分と違う様な感じがしますね。
    毎年一回のこの日を、今年は違う形で、女性を喜ばせてみる1日として、過ごしてみられてはいかがでしょうか?

    目次に戻る⬆


    1月24日はゴールドラッシュの日

  • 追加
  • 1月24日は何の日かご存知でしょうか?

    時代は1848年に遡りますが、アメリカのジェームズ・マーシャルが川底で砂金を発見した日が1月24日です。
    それにちなんで、ゴールドラッシュについて少しお話しします。

    この砂金が見つかった地域はカリフォルニア州ですが、砂金が見つかったことを聞きつけた人たちが大量に金脈を掘り当てようと殺到し、一時は人口が20万人に及ぶところまで急増しました。

    本当にあらゆる人々、農民や商人、乞食、さらには牧師までもが一攫千金を夢見て新大陸に向かっていったそうです。その中にはあの有名なジョン万次郎もいたそうです。

    そして、このゴールドラッシュがきっかけで今でも多くの人が愛用しているものが生まれています。
    それがジーンズです。みんな一生懸命に金を掘る作業をしていましたが、従来のズボンでは生地もそんなに強くなく、すぐに破れてしまうという問題がありました。

    それにリーバイスの創業者である、リーバイ・ストラウスが目をつけ、金を掘る作業をしてもすぐに破れないズボンとしてジーンズを発明したわけです。
    つまり、今はおしゃれなズボンという位置付けですが、登場した当初は作業用のズボンだったということです。

    あと面白いのはゴールドラッシュで最も一攫千金を成し遂げたのは金を掘り当てた人ではなかったということです。もちろん先ほどのジーンズを発明したリーバイスも一攫千金をを得ましたが、他にも金を掘るためのツルハシを売った業者がとても儲かったそうです。

    人と違う視点を持つことがいかに重要かが分かるエピソードです。

    目次に戻る⬆


    成人の日

  • 追加
  • 私の成人の日の1月15日はあれから何年前でしょうか。
    もうかれこれ7年ほど前になりますね。

    成人の日の由来は、『大人になったことを自覚し、自ら生き抜こうとする青年を祝い、励ますこと』が由来だそうです。

    成人の日は女の子は振り袖や着物、男の子はスーツが多かったですね。

    服装ですが、『成人式には出たいけど、ありきたりな振袖を着たい気分ではない』って言って方も中にはおられました。
    そんな女の子は、パーティーフォーマルやスーツなどを着ておられる方もいました。

    パーティフォーマルは、結婚式に着ていけるような、華やかなものを選ぶと良いかもしれませんね。
    色味は、ピンクや白などの淡い色がおすすめです。
    スーツの場合は、地味な髪型にするとリクルートっぽくなりがちですね。
    なので、髪型は思いきって派手にして、コサージュなどのアクセサリーも使って華やかなスタイルにしてみるのが良いと思います。

    また、近年髪型はかなり自由になってきています。
    クラシカルなアップスタイルはもちろん、ゆるふわにまとめた巻き髪や、大き目のヘアアクセを飾ったボブなども見られるようになってきましたね。
    若さがあふれる女性の振り袖姿なので、好きな髪型をすれば良いと思います。
    普段と違う髪型なら、美容院でセットしてもらうのがオススメですね。
    そして、男性で1番多い服装はスーツだと言いましたが、色はネイビーや黒など落ち着いた色が主流ですね。

    本来なら、日本男性の正装としては袴が日本男性の正装として成人式にふさわしい衣装なのですが、昔紋付袴姿の新成人がマナーに反した行動を取る場面が報道されたこともあり、あまり良いイメージを持たない人が多いようですね。

    成人の日は人生で一度しかないので、思い出に残るものにしたいですね。

    目次に戻る⬆


    タロとジロ

  • 追加
  • 本日は1月14日です。本日はタロとジロの日や、愛と希望と勇気の日とされております。

    ご想像のつく方もいらっしゃると思いますが、南極に日本の調査員11名とカラフト犬15頭が観測のために南極へ向かいました。
    そして第二次越冬隊を送り込むため出発しましたが、南極のあまりにも分厚い氷に阻まれ調査は途中で断念され、調査員11名はヘリコプターで救助されましたが、カラフト犬15頭は置き去りにされてしまいました。

    誰もがこの15頭は助からないだろう…と思われていましたが、奇跡的に2匹だけではありますが、カラフト犬のタロとジロの生存が確認されました。
    この情報は、南極から打電され、世界中がを愛と希望と勇気の感動で包まれました。

    ジロは残念ながら南極で亡くなってしまいましたが、タロは5年後に日本に生還して北海道で余生を過ごしました。
    当時はこの感動的な話が戦後の日本の元気のない世の中を勇気づけたそうです。

    私自身この話を聞き想像したときに、この2頭は本当に頑張ったんだな、と感じました。
    必死になって生きることで、いつか誰かの背中を押せるかもしれない、どんなに辛いことでも頑張っていれば救いがあることを教えられたような気がしました。

    私も普段の生活の小さなことや、仕事の姿勢や取り組みに対してこの2頭のように必死になってやっていけば、今よりももっと良い状況にできるかもしれない、なにより自分が変わることで周りの人々まで変えることができるかもしれない、と信じながら常に前を向いて頑張っていきたいと感じました。

    みなさんももし辛いことがあったときは、この2頭を思い出してみてはいかがでしょうか。

    目次に戻る⬆


    七草で健康に

  • 追加
  • 今日は1月7日です。
    朝、七草を入れたおかゆを食べると健康に過ごせるといわれています。
    七草粥はおいしいですよね。
    私も毎年楽しみにしています。

    でも、今日は七草粥を食べなかったという方も多いと思います。
    しかし、これは正月に贅沢なおいしいものをたくさん食べたので体をゆっくり休ませてあげるという意味なのでけして七草を食べなくてはいけないという意味ではありません。

    自分の体を気にして体調管理するということです。

    昔の人も現代の私達同様に健康管理に気を使っていたんですね。
    健康であるということは最高の幸せだと思っています。

    この幸せがよりいっそう続くようにみんな自分の体を大事にしてくださいね。
    皆さんの体はあなただけのものではありません。
    配偶者や親や子供などの家族だけではなく会社で働く同志達もあなたのことを心配しています。

    仕事を万全の状態でやりとげるためには自分の体の調子を自分で管理する必要があります。
    働く現代人はつい食生活がみだれます。
    気がつくと生活習慣病ということになるかもしれません。
    病気になった後では手遅れです。

    病気にならない予防という意味でも食生活や睡眠などに気をつけていつまでも健康で働けるようにしましょう。
    今日くらいは七草ということを思い出して食生活を見直すなどお酒などを控えて皆さんも自分の体を大事にしてみましょう。
    私も生活習慣を見直す日にしたいと思います。
    好きなものを好きなだけ食べないように気をつけます。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク