名言・格言ネタ  168 件

時にまつわる二つの名句

  • 追加
  • ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず 鴨長明 方丈記の冒頭で語られる有名な句ですね。毎日毎日を同じように積み重ねていているようでいて、実は一日として「同じ日」はありません。 朝、いつもと同じ時刻に起床し、いつ…

    続きをみる




    「情けは人の為ならず」という言葉を正しく理解していますか?

  • 追加
  • 「情けは人の為ならず」という言葉をご存知でしょうか? おそらくここにいらっしゃるほとんどの方が、「そのくらい知っている」と思っていると思います。でもこの言葉、約半分の日本人が誤った使い方をしているとも言われています。 「…

    続きをみる




    フィフティフィフティの関係

  • 追加
  • 仕事をするうえで、取引先との関係は重要なポイントを占めます。 昔からモノを買う方、仕入れる方が強いというのが商慣行でした。つまり生産者が一番下で、最終購買者の消費者が一番上の立場なのです。 仕事の中でも、仕入れる側と売り…

    続きをみる




    リンカーンの名言に学ぶ仕事への取り組み方

  • 追加
  •  アメリカ大統領だったエイブラハム・リンカーンは数多くの名言を残していますが、それらの中でも私が好きなのは「今日できることを明日に残すな」という名言です。これは政治的な意味合いだけにとどまらず、ビジネスにおいても通ずるも…

    続きをみる




    引き寄せの法則と業務

  • 追加
  • 引き寄せの法則というものが流行って久しいですね。皆さんも、一度は耳にしたことがあるフレーズではないでしょうか。 思考は実現化するというのは、あまたの人々により主張されていることです。 自分の内面にあることが、現実化されて…

    続きをみる




    人事を尽くして天命を待つ

  • 追加
  • 今から1000年くらい前、中国の宋の時代の学者が書き残した言葉です。 できることはすべて行い、成功するかどうかはその時の状況次第という意味でしょう。 この言葉を仕事に置き換えてみましょう。 仕事に取り組むにあたって、事前…

    続きをみる




    真似ぶ(まねぶ)という言葉をしっていますか?

  • 追加
  • 真似ぶと聞いて、まねをする事かな?と思った人はある意味で正解です。 真似ぶは学ぶの語源とも言われ、学ぶの古語であり、実際古文書に学ぶという意味で使われている様です。 考えてみれば学校で勉強する事柄は全て過去から伝えられて…

    続きをみる




    おもてなしの文化と指示待ち人間について

  • 追加
  • よく指示待ちの人間になるな、と言われますが、実際どうしたら指示待ち人間にならなくて済むのか。 具体的な実践論を持ち合わせている人はそう多くないと思います。 少し前に流行語にもなった「おもてなし」ですが、実はこの実践に指示…

    続きをみる




    逃げたものはもう一度戦える -デモステネスの名言ー

  • 追加
  • 現代では、とにかく前向きであることが良いことという風潮があります。 はたしてそれは正しいことなのでしょうか? 前向きであろうとするばかりに、疲れてしまうことだって少なくありません。 苦しい事や辛い事にぶつかってしまったら…

    続きをみる




    河海は細流を択ばず

  • 追加
  • 例年、大型連休明けに話題となるのが五月病です。 新年度がはじまる4月にはやる気に満ちていた新入社員や新入学生が、環境不適応などから精神的に不安定な状態となることをさす言葉です。 近年は、五月病どころか入社して間もないのに…

    続きをみる




    身に付けたものを、使うということ

  • 追加
  • 『文章の中にある言葉は、辞書の中にある時よりも美しくなければならない』という名言があります。作家の芥川龍之介の言葉です。 辞書にある言葉は、単語でしかありません。 文章はそれらの一つ一つの単語を組み合わせたものであり、誰…

    続きをみる




    世界中の人々が数字に踊らされる話

  • 追加
  • 2016年6月6日のように666が3つ並ぶ日はキリスト教徒社会においては「悪魔の日」と言われています。西側諸国において666が忌み嫌われる数字なのは、新約聖書のヨハネの黙示録に由来しています。キリスト教徒の多くが666の…

    続きをみる




    現場100回が、仕事における絶対原則です。

  • 追加
  • 昭和43年に発生した3億円事件といっても若い方は知らないかもしれません。 偽白バイ警官たった一人に騙されて、銀行の現金輸送車から大金を奪い取られた事件です。 大卒初任給が3万円強の時代ですから、現代だと約20億円に換算で…

    続きをみる




    報連相

  • 追加
  • 報連相は仕事の基本と言われますね。 報告、連絡、相談を略していることはご存知だと思います。 基本的な意味は結果の報告をする過程では必ず連絡を入れ、必要に応じて相談をしろという意味です。 皆さんの中には報告するなら連絡はい…

    続きをみる




    「そ・わ・か」の法則

  • 追加
  • 「そわかの法則」を皆さんご存知ですか?この法則は日本の著者、小林正観さんの有名な法則です。神様というのはどうやらこの「そわか」という言葉が 大好きらしいのです。「そわか」の法則を実践する事で人生が好転し、自分自身を変える…

    続きをみる




    「人は見た目が9割」…ほんと?

  • 追加
  • 」新しく入ったバイトのおじさんに偉そうに接していたら、実は視察に来たCEOだった」というドッキリ、皆さんも一度はご覧になったことがあるのではないでしょうか? このとき、偉そうに接していた先輩社員は、「バイト」「おじさん」…

    続きをみる




    草履取りと下足番の話

  • 追加
  • 草履取りの逸話といえば、織田信長に仕えていた豊臣秀吉の話はかなり有名で知らない人はほぼいないでしょう。また似たような名言として阪急グループの創業者であった小林一三さんの名言があるのをご存知でしょうか。 その名言とは「下足…

    続きをみる




    求めれば与えられるという意識

  • 追加
  • みなさんは仕事をするうえで、どういうものが必要だと考えているでしょうか。 良き仲間、資産、人脈、健康、さまざまなものが私たちは必要だと感じ、また足りない足りないと思ってしまうのではないでしょうか。 新約聖書の中に、「求め…

    続きをみる




    疑問点発掘能力を磨こう。

  • 追加
  • 昭和の名刑事といわれる平塚八兵衛は、終戦直後の帝銀事件や吉展ちゃん誘拐事件、三億円事件など昭和を代表する大事件の捜査に係わってきた、警視庁の名物刑事です。 捜査を行っていく上での彼の信条は、「疑問をそのままに放置するな」…

    続きをみる




    「3」という数字に見る、面白い共通エピソード

  • 追加
  • 「三度目の正直」であったり、「仏の顔も三度まで」「石の上にも三年」といったことわざに代表されるように、普段あまり意識していないものの、じつは「3」という数字にまつわるエピソードを言い得た格言や歴史的出来事がたくさんあるこ…

    続きをみる




    成功は他人から、失敗は自分から。

  • 追加
  • 私の尊敬する人に松下幸之助さんがいらっしゃいます。彼が残した数々の名言は有名ですが、中でも失敗と成功の話は味わいがある物です。 人は誰でも失敗はしたくないし、成功を願うものです。 松下幸之助さんは成功した人であると誰しも…

    続きをみる




    苦悩を抱える状況というのをプラスに肯定できれば道は開ける

  • 追加
  • 社会人として働いていれば、悩みが生じるのは日常茶飯事かもしれません。多くの人は悩みを抱えている状況を好ましくは思ってはいないと思います。しかし、その状況というの私たちにとって好ましい状況を提供しているとも評価できるのです…

    続きをみる




    去年の自分と今年の自分を比べることの大切さ

  • 追加
  • 皆さんは自分と他人を比較することがあるのではないでしょうか。仕事においてもあの人と比べて自分はどうとか、そういった考えを巡らしている人は多くいると思います。しかし、能力の差は絶対にあるものなので、他人と比べて劣等感を持つ…

    続きをみる




    やらずに後悔するよりは、やって後悔しよう

  • 追加
  • 今回のテーマは「やらずに後悔するよりは、やって後悔しよう」です。 私がそう考えるようになったきっかけは高校の時でした。 高校3年の時、私は同じクラスの女性を好きになりました。 その女性は見た目も可愛く、ちょっとおっちょこ…

    続きをみる




    全ての責任は自分にあり

  • 追加
  • 人が二人集えば、そこには社会が発生する。 社会が出来ると、大小問わず必ず問題が起きる。 そんな時、真のチームワークが表面化します。 チームは個々の集まりだから、個々の質が結果に大きく反映する。 悪い結果を生み出すチームは…

    続きをみる




    仕事をする際の人間性の大切さについて

  • 追加
  • 仕事をする際、人間性というものが直接問われるという機会は少ないです。しかしながら、人間性こそが仕事の極意ともいえるのです。 聖書に、心から命の泉が湧く、という言葉があります。水とは、人の喉を潤し、生き生きさせるものですね…

    続きをみる




    安全のABC

  • 追加
  • 建設業界でよく表題として扱われる言葉の中に「安全のABC」という言葉があります。 Aとは「当たり前のことを」。 Bとは「ぼんやりとせずに」。 Cは「ちゃんとやる」、または、「しっかりとやる」。 というように表現するようで…

    続きをみる




    自信が確信に

  • 追加
  • 今回のテーマは「自信が確信に」です。 この言葉はプロ野球中日ドラゴンズの松坂大輔投手が、高卒のルーキーイヤーの西武ライオンズ時代に当時のオリックスブルーウェーブ(現オリックスバファローズ)のイチロー選手と対決してイチロー…

    続きをみる




    ある曲を聞いて勇気を貰える話し

  • 追加
  • Mr.Childrenの曲で「彩り」は2007年3月14日発売のMr.Childrenの13枚目のアルバム「HOME」の中の1曲です。 僕のした単純作業がこの世界を回り回って まだ出会ったこともない人の笑い声を作っていく…

    続きをみる




    報・連・相(ほうれんそう)という言葉とコミュニケーション

  • 追加
  • 多くの企業で『報・連・相(ほうれんそう)』という言葉をよく耳にしたり、張り紙を見たりします。『報告、連絡、相談』の重要性を説いたものです。 『報告、連絡、相談』は仕事をするうえで重要です。これは言葉通り、上司と部下の関係…

    続きをみる




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク