名言・格言ネタ  194 件

継続を続けていくために

  • 追加
  • 「継続は力なり」という言葉があります。 一言で継続と言うのは簡単ですが、同じことを何度も何日も何年もやり続ける、というのは単純に見えて実はとても大変な事だと思います。 では、継続をしていくにはどうすればいいのでしょうか?…

    続きをみる




    松下幸之助の言葉

  • 追加
  • 人間、新しい一歩を踏み出すときには怖いものです。 私も「本当にこの企画(仕事)は成功するだろうか?」「もし失敗してしまったらどうしよう?」等と悶々と悩んでなかなか前に踏み出せないことがあります。 そんなとき私は松下幸之助…

    続きをみる




    大変な人生はむしろ楽しさになる

  • 追加
  • 「簡単すぎる人生に生きる価値などない」と言い放ったのは、あの有名な哲学者のソクラテスです。 簡単すぎる人生というのは、難しいことが全く存在しない、イージーモードの人生ということが言えますけど、確かにそういった人生を生きて…

    続きをみる




    前工程は神様、後工程はお客様

  • 追加
  • トヨタ式人づくりで「前工程は神様、後工程はお客様」と言う言葉がありますが、 よく聞いたり、見たりする言葉なので、ご存じの方も多いと思います。 この言葉は、「前工程」の協力会社は、自分たちのモノづくりにはなくてはならない「…

    続きをみる




    恐怖に勝てる勇気を持つために

  • 追加
  • 「勇気とは恐れに抵抗すること、恐れを支配することであって、恐れがないことではない」 これはトム・ソーヤの冒険の作者、マーク・トゥエインの言葉です。 どんなに勇敢に見える人でも恐怖心やプレッシャーはある、しかしそれを支配す…

    続きをみる




    王貞治とイチロー

  • 追加
  • 皆さんは「何かを成し遂げた成功者」というのはなんでもできる才能溢れた天才肌の人間だと思いますか? 記録や記憶に残るような有名人はもともと才能をもっているのだから自分とは違う人種だと。 昔、ホームランの世界記録を達成した王…

    続きをみる




    江戸時代の油商人が教えてくれること

  • 追加
  • 「油を売る」という言葉は本当は悪いことではないんです。 「油を売る」とは一般的には無駄話をして怠ける、良くないことに使われます。例えば「書類を届けるだけなのに、なぜこんな時間までかかるんだ?一体君はどこで油を売っていたの…

    続きをみる




    常識を取っ払え!

  • 追加
  • アインシュタインの言葉に「常識とは18歳までに身につけた偏見のコレクションの事である」という言葉があるのをご存じでしょうか? 自分にとっての常識が他の人にとっても常識であるとは限らないし、大多数の人が思っている常識ももし…

    続きをみる




    福寿園の「つもり十訓」

  • 追加
  • 私は毎日、ご飯の時には緑茶を飲みます。 特に銘柄はこだわりませんが、先日、皆さんご存じの「伊右衛門」をスーパーで購入しました。 CMで、「京都 福寿園のお茶」というフレーズが耳に残る方も多いと思いますが、 恥ずかしながら…

    続きをみる




    勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議の負けなし

  • 追加
  • 「勝ちに不思議な勝ちあり 負けに不思議の負けなし」 元プロ野球監督の野村克也さんの名言として、ご存じの人も多いと思います。 実はこの名言は、江戸時代後期の平戸藩主松浦静山という人の言葉だそうです。 負けた時には、必ず負け…

    続きをみる




    段取り7分に仕事が3分

  • 追加
  • この言葉は私の地元の大企業の看板に書いてあります。いつも車で通りすぎながら目につく言葉ですが、何事にも当てはまります。実際の表に見える仕事は全体の3分。その3分を輝かせるための準備、苦労、労力にこそ惜しみ無く力を入れるこ…

    続きをみる




    なせば成る なさねば成らぬ何とかって聞いたことありますよね。

  • 追加
  • なせば成る なさねば成らぬって誰もが聞いたことがある言葉ですが、実はこの言葉には続きがあるんです。 それが、「なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬ人にならぬなりけり」という言葉で意味としては、如何なることでも強い志…

    続きをみる




    明るく、いつも、さわやかに、ついでに一言

  • 追加
  • 挨拶は、よい人間関係を築くうえで大切なコミュニケーションのひとつです。 挨拶をおろそかにすると、無礼な人・愛想がない人と思われてしまいます。 私の知人のおばあさんから、円滑にこの挨拶をするコツがあると教えてもらったので、…

    続きをみる




    零戦の設計者・堀越二郎に学ぶ

  • 追加
  • 零式艦上戦闘機、いわゆるゼロ戦は、当時の世界各国の戦闘機と比較して、 最高速度・航続距離・空中運動能力などにおいて飛び抜けた性能を持った戦闘機でした。 しかしその設計製作は困難を極めました。 例えば、最高速度を上げるには…

    続きをみる




    日々小さな努力を

  • 追加
  • 将棋の名手である羽生善治氏は、著書の中で以下のように語られています。 「勝負の世界ではこれでよしと消極的な姿勢になることが一番怖い。 常に前進を目ざさないとそこでストップし後退が始まってしまう。」 私はこの言葉を聞いて、…

    続きをみる




    「継続は力なり」の本当の意味

  • 追加
  • 「継続は力なり」の意味についてあなたはどう理解していますか?  諦めない事。途中で投げ出さない事。地道にコツコツと積み上げる事。何十年、何百年と長く続いている事そのもの。 などなど様々な理解の仕方がある様です。 どれをと…

    続きをみる




    気配りと心配り

  • 追加
  • 「3本の矢」というお話は中国地方の毛利元就が3人の息子たちに贈った言葉です。 戦国時代においては親兄弟が殺しあう、戦になることも多い時代でした。 そんな時代において戦国大名であった毛利元就が3人の息子に、どのような事態に…

    続きをみる




    言葉の移り変わり

  • 追加
  • 天雲の たなびく山の 隠りたる 我が下心 この葉知るらむ いきなりなんだと思うかもしれませんがこれは、柿本人麻呂が残した歌になります。 この文章中に登場する下心ですが、古くは万葉集に登場するようです。 その時の下心の本来…

    続きをみる




    誰とどのような仕事ができたのか

  • 追加
  • 皆さんも一度は聞いたことがある、松下幸之助の言葉「叱ってくれる人を持つことは大きな幸福である」という名言から話させてもらいたいと思います。 大切なことは叱るという部分で、怒るとは似ていますが実は違うんです。 叱るとは相手…

    続きをみる




    嫌いな仕事からでも得られるものを見つけられるか?が重要

  • 追加
  • 際コーポレーションという会社の代表取締役をしている中島武という人物は「嫌いな仕事であっても術を学ぶチャンスだと思った」という言葉を残しています。 誰でも任された仕事が、自分にとって好ましくないと感じられる瞬間はあると思う…

    続きをみる




    普段からチャンスを生かすための準備をすべき

  • 追加
  • 医師の吉岡秀人という人は「普段からやってない人間は、チャンスが来ても動けない」という言葉を残したことがあります。 これは医者としてだけではなく、全てのビジネスマンにも共通のことではないか?と思います。 というのも、仕事を…

    続きをみる




    「相手は自分を写す鏡」の落とし穴

  • 追加
  • 「相手は自分を写す鏡である」 これは昔からよく言われている言葉です。 「相手からされて嫌なことは、自分が無意識のうちに相手にしていること」であったり、「自分から興味を持って接すれば、相手も自分に興味を持ってくれる」という…

    続きをみる




    生物の進化と私達の社会

  • 追加
  • 世の中の生物は日々、生存競争の中で子孫を残すために戦っています。 より強い個体の遺伝子を残すために毎日が戦いです。 そんな生存競争の中、長い年月をかけて進化を繰り返します。 環境に応じて色を変えたり形を変えたり、時には大…

    続きをみる




    心に響く名言

  • 追加
  • 人生生きるうえで座右の銘や参考になったなと思う発言や名言などを見たことはあると思います。 私は漫画を読んでいてその中で出てきた言葉に胸を打たれました。 その内容が「努力した者が全て報われるとは限らん しかし! 成功した者…

    続きをみる




    日本人は「ありがとう」と言わない。

  • 追加
  • 日本人ほど「ありがとう」とは言わない人はいないという名言を残された方は、タレントの大橋巨泉さんです。 日本人は海外の方に比べ「ありがとう」という言葉を使う方がすくないそうです。 海外で買い物をしたり食事をしたりすると、店…

    続きをみる




    「苦労は買ってでもしろ」を読み解く

  • 追加
  • 「苦労は買ってでもしろ」という諺は、皆さんも耳にした事はあるでしょう。 私などは、自分を責められている様であまり耳障りの良い諺ではありません。 この諺の意味を、皆さんはどの様に理解されているのでしょうか。 人格形成の肥や…

    続きをみる




    時にまつわる二つの名句

  • 追加
  • ゆく川の流れは絶えずして、しかももとの水にあらず 鴨長明 方丈記の冒頭で語られる有名な句ですね。毎日毎日を同じように積み重ねていているようでいて、実は一日として「同じ日」はありません。 朝、いつもと同じ時刻に起床し、いつ…

    続きをみる




    「情けは人の為ならず」という言葉を正しく理解していますか?

  • 追加
  • 「情けは人の為ならず」という言葉をご存知でしょうか? おそらくここにいらっしゃるほとんどの方が、「そのくらい知っている」と思っていると思います。でもこの言葉、約半分の日本人が誤った使い方をしているとも言われています。 「…

    続きをみる




    フィフティフィフティの関係

  • 追加
  • 仕事をするうえで、取引先との関係は重要なポイントを占めます。 昔からモノを買う方、仕入れる方が強いというのが商慣行でした。つまり生産者が一番下で、最終購買者の消費者が一番上の立場なのです。 仕事の中でも、仕入れる側と売り…

    続きをみる




    リンカーンの名言に学ぶ仕事への取り組み方

  • 追加
  •  アメリカ大統領だったエイブラハム・リンカーンは数多くの名言を残していますが、それらの中でも私が好きなのは「今日できることを明日に残すな」という名言です。これは政治的な意味合いだけにとどまらず、ビジネスにおいても通ずるも…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!