社会・経済ネタ  157 件

アマゾンのギフト券は買い取ってもらうことができます

  • 追加
  • amazonギフト券は今では、誰しもにとって馴染みのあるクーポンではありますが、誕生日の為のプレゼント等ギフト券や、日頃お世話になっている方に差し上げるなど、インターネットサービス上での贈る贈られるといったやりとりが可能…

    続きをみる




    クレジットカードで公共料金を支払うことについて

  • 追加
  • 公共料金はクレジットカードで支払うことができます。ここで挙げる公共料金というのは、電気代、ガス代、水道代、固定電話使用料、携帯電話使用料、プロバイダー使用料、新聞代、電車代、バス代などのことを言います。 クレジットカード…

    続きをみる




    拳銃強奪事件について

  • 追加
  • 6月16日早朝に大阪府吹田市の交番前で交番勤務の巡査が刺されて、実弾入りの拳銃が奪わるるという事件がありました。 交番の防犯カメラに写っていた不審な男が、事件に関与した疑いがあるとみて警察は行方を捜しているそうです。 日…

    続きをみる




    身近に起きると実感する

  • 追加
  • 大阪の吹田市にある交番で、警察官を包丁で刺して拳銃を奪って逃走という事件が発生しました。 実は吹田市は私の実家があり、事件が起きた交番も離れてはいますが知っています。 今は吹田を離れていますが、こんなに身近で凶悪事件が起…

    続きをみる




    見守り社会の実現に向けて意識したいこと

  • 追加
  •  家族の安全を守っていくためには、見守り社会を浸透させていく必要がありますよね。特に子どもや高齢者が守られる側の対象となるわけですが、みなさんの家庭ではちゃんと見守れているでしょうか?仕事に追われる生活では、家族の見守り…

    続きをみる




    日々の生活の中で

  • 追加
  • 毎日のルーティンで時には手を抜きたい時、やりたくない仕事、やめたいと思う仕事、なんで俺だけが?私だけが?心の中で1人葛藤の連続だと思います。 そんな時、ふと我にかえり、疲れてる自分にご褒美、普段誰も褒めてくれない自分を沢…

    続きをみる




    今も生かせる「百万一心」

  • 追加
  • 戦国武将の毛利元就といえば、息子たち3人に対しての教訓である「三本の矢」が有名ですが、実は、もう一つの逸話があります。それが「百万一心」です。 百の字の一画を省いて「一日」、万の字を書き崩して「一力」とすると、縦に書けば…

    続きをみる




    カラスの特性

  • 追加
  • カラスといえば人間社会にとっては嫌われ者的な存在ですが、実はとても社会的な行動をとる生き物です。カラスは非常に憶病な生き物で死を恐れます。そのためかグループの中で弱っているカラスがいるとグループからはじき出そうとします。…

    続きをみる




    机上の空論の怖さ

  • 追加
  • 第二次世界大戦における陸上の戦闘の内、直接敵の姿を見ながら交戦する接近戦で、敵にむかって実際に発砲していたのは、戦闘に参加した全兵士の2割前後しかいなかったという研究があるそうです。 戦争映画で知っている戦闘のイメージと…

    続きをみる




    カニ道楽の看板、動きに違いが有ることにお気づきでしたか

  • 追加
  • とれとれピチピチかに料理でおなじみの、かに道楽というお店には、道頓堀などを代表する、有名な大きなカニが動く看板が知られているかと思いますが、その大きなカニの看板にも微妙な違いがあることをご存知ですか。 たとえば、路面店な…

    続きをみる




    マクドとバナナ 関西人はインターナショナル?!

  • 追加
  • おなじみのハンバーガーチェーン店であるマクドナルドの呼び方は、地域によってさまざまあるかとは思いますが、最も意見の別れるところが、「マック」なのか「マクド」なのかという二択に落ち着くのではないでしょうか。 実際、関東方面…

    続きをみる




    技術の進歩とジェネレーションギャップ

  • 追加
  • 「ジェネレーションギャップ」 皆さんも一昔前に聞いた事が有るかもしれませんが、所謂、世代間での価値観や文化、それらのズレや隔たりの事です。 この言葉自体、少々古臭く感じる言葉ですが、これからも使われていく事になる言葉です…

    続きをみる




    カンガルーとノルウェイの森(勘違いと誤訳にまつわるお話)

  • 追加
  • カンガルーの語源の由来であると言われているのが、諸説はありますが、俗説の一つで面白い逸話が残っています。キャプテン・クック率いる探検隊が、オーストラリアで見たカンガルーを指さして、「あの動物は何か?」と現地の原住民たちに…

    続きをみる




    たまには上等なお豆腐を

  • 追加
  • 今の時代はコンビニに行けばいつでも美味しい食事やお菓子が安定した値段で手に入れることが出来ます。 これを実現させているのはものすごい企業努力だと言わざるを得ません。 私達はそのおかげで便利な暮らしをすることが出来るのです…

    続きをみる




    ソフトパワーと将来への責任

  • 追加
  • 「ソフトパワー」とは、アメリカの政治学者ジョセフ・ナイ氏によって生み出された概念です。 かつての国際政治の世界では、軍事力や経済力を伸張させ、他国に対して優位に立つことが重視されていました。 ナイ氏はこれらをハードパワー…

    続きをみる




    子どもの教育と仕事を切り離して考える時代は終わった

  • 追加
  • 今の時代、家族である子どもの教育と仕事は切り離して考えることができないと思います。 昭和の時代までは、父が仕事に出て母が子育てをすることで両立していたのかもしれません。しかし、平成の時代に入ってからは共働き世帯が増え、父…

    続きをみる




    損得勘定抜きのビジネスが思いのほか成功を導く

  • 追加
  • 誰もが知る元首相の田中角栄さんは、損得勘定を抜きにした行動で人の心を虜にしたそうです。 人が行動する時、損得勘定を抜きにしてはどうしても考えられないものですよね。それは自分が一番かわいいからだと思います。ただ、それが常識…

    続きをみる




    『隣の芝生は青く見える』ということわざ

  • 追加
  • 昔から『隣の芝生は青く見える』といいます。他人も持っているものや、他人のすることが良く見えるという内容ですが、由来を調べると面白い事がわかりました。実際に芝生を自宅の庭などに敷き詰めると、剥げた部分や、草の色の悪い箇所、…

    続きをみる




    ちょっと意識するだけで福祉貢献はできると実感

  • 追加
  •  地域の情報を逃さずキャッチすることで、福祉に貢献することができるんですよね。先日、私はそれを実感することができました。  少し前に、福祉作業所の制作物を販売所で買いました。地域の情報としてそういう催しがあると知ったので…

    続きをみる




    坪月商が高い飲食店の工夫に着目

  • 追加
  •  飲食店が繁盛しているのかどうかを知る目安の1つに、坪月商がありますよね。坪月商が高ければ高いほど、飲食店の広さに対する売り上げの効率が良いということです。この坪月商を高くするためには、単にがむしゃらに頑張ればいいという…

    続きをみる




    企業による労働条件の違いと人手不足

  • 追加
  • 我が家には3人の子供がいます。めでたく3人とも就職しました。 子供たちが就職先を選ぶ場合、基本給の額と、休日の多さでした。私たちの時代は、自分が何をやりたいか?で就職先を絞っていたと思います。しかし子供たちのような条件で…

    続きをみる




    江戸時代に生まれた“商人道”を、営業に活かす

  • 追加
  • 今から約150年前の江戸は当時、世界2位とも、1位とも言われた経済基盤を築き上げ、継続させた時代でした。 現在でも世界各国を魅了している、日本の“武士道”精神ですが、当時の江戸では、“商人道”が生まれました。 この商人道…

    続きをみる




    人口減少による経済規模縮小への危機感

  • 追加
  • 経済的なチャンスや利益が大きいのは、人口の多い時と少ない時のどちらでしょうか? 少し考えれば何となくわかることですが、人口の多い時のほうが経済的なチャンスや利益は大きくなります。そして、世界の人口は増える一方です。この事…

    続きをみる




    ラッキーじゃなくて実力で勝ってみせます。

  • 追加
  • 写真を撮るのが好きで、いつもスマホでいろんなものを撮っています。風景や子犬を撮って、パソコンの大きな画面で見ています。そうしているとちょっと前の事なのに懐かしく感じたりするんです。写真で何か思いだしたりすることってありま…

    続きをみる




    ニッカポッカ

  • 追加
  • 現在、日本では「ニッカポッカ」といえば、土木・建設工事の作業服として多く見られるものとなりました。 もともとニッカポッカとは、オランダの男子子供服のスタイルを指しているものであり、語源はニッカーボッカーズ(knicker…

    続きをみる




    1回の質を良くするか、多くのことをこなすべきか

  • 追加
  • 人に認めてもらうためには「1回の質を良くするか、多くのことをこなすべきか」 人は人生の中で多くのことを学び、そして成していきます。 しかし、そのすべてが認められているわけではありません。 当然のことですが、悲しいながらも…

    続きをみる




    いきなり投資で儲けようとするのはNGです。

  • 追加
  • 私が最近読んだ本は、横山光昭さんが書かれた、心も生活も整理されて輝く!貯金・節約のすすめ。という本です。横山光昭さんは、ファイナンシャルプランナーで、多くの家族の家計相談を受けておられ、適切なアドバイスをされている事で有…

    続きをみる




    正しい節約をして、社会人として自立する方法。

  • 追加
  • 私は最近節約について考えています。なぜなら、どうしても社会人として自立して生活するには、自分の給料の範囲内で生活をしないといけないからです。 自分の収入の範囲内でやりくりする事で、しっかりと社会人としての自覚も芽生え、仕…

    続きをみる




    ブラインドレストランをご存知ですか?

  • 追加
  • 世界にはさまざまな食文化が存在していることは言うまでもありませんが、なかには面白い試みをコンセプトとして食事を提供してくれるお店があるのです。 それこそが、「ブラインドレストラン」と呼ばれるものになります。すなわち、ブラ…

    続きをみる




    今ではおなじみの立ち食い・立ち呑みのルーツに迫る

  • 追加
  • 今ではおなじみの立ち呑みのお店ですが、その歴史を紐解いていきたいと思います。 そもそも、外食産業というものは、旅をすることと、出稼ぎ労働者など仕事のために自宅での食事が取れない状況にある人たちの要求から生まれたものである…

    続きをみる




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク