社会・経済ネタ  166 件

無理のサービスで企業イメージ向上

  • 追加
  • 2018年10月の第42回世界オセロ選手権で、小学生の福地啓介くん(11歳)が見事優勝し、最年少記録を更新した、というニュースはみなさんご存知のことと思います。 日本へ帰国の際、福地くんを含むチームジャパンは、ANAを利…

    続きをみる




    景気のサイクル

  • 追加
  • 近頃、ある証券会社コマーシャルがバブル期のような演出とよく似ていると感じるのは私だけでしょうか。そして、そのコマーシャルに出演している女性タレントはバブル期のあの「くっきりとした眉毛」です。 これはこのコマーシャルの作り…

    続きをみる




    継続することの大切さ

  • 追加
  • 私の最近うれしかったことはあるインターネット取引専門証券会社でついに私がIPOに応募し続けていたのが報われたのかどうかは分かりませんが、とにかくIPOに当せんしたことは非常に嬉しかったです。 IPOというものは基本的にお…

    続きをみる




    もう政治家に騙されてはいけません

  • 追加
  • 年金制度が破綻寸前と言われて久しいですが、皆様は老後、数十年生きていくのに十分な蓄えを確保する準備をしていますでしょうか。先日、政府筋から老後30年生きていくのに2000万円は準備が必要であるとの試算が発表され、驚いた方…

    続きをみる




    「報・連・相」

  • 追加
  • 「ほうれんそう」と聞いて野菜の話かなぁと思い浮かべますが、会社にとって基本的であり、大切な話です。 「報・連・相」の3つの語があります。もし、一つでも欠けてしまうと仕事に支障を出してしまいます。 最初の「報」は、報告とい…

    続きをみる




    会社員という地位

  • 追加
  • 多くの人たちは自分自身で会社を起こすのではなく、人に雇われてサラリーマンをしています。なぜならば、自分で仕事をするよりも会社員をやっているほうが得なので多くの人は会社員をしているのです。 会社員というのは非常に優遇されて…

    続きをみる




    流行は繰り返すものだ

  • 追加
  • 私は学生時代から音楽が好きで、社会人になった今も様々なライブやフェスに参加しています。 最近は音楽の好みが変わってきたかなと思うことが多くなりました。 かつて聴いていた音楽に、心を動かされることがなくなってきたのです。 …

    続きをみる




    女性と男性の違い

  • 追加
  • ある女性ファッション誌によりますと働く30代女性に貯金に対するアンケートを実施したところ6割程度の女性が貯金が「100万円未満」と回答しているそうなのです。しっかりとお給料をもらっているにもかかわらず貯金100万円ないと…

    続きをみる




    日本のマナーや慣習

  • 追加
  • 電車内で化粧をする女性はマナー違反だとかかつて言われていましたが、現在は、電車内で女性が化粧しているのは普通になっているのでしょうか。それともやはり電車内での女性の化粧はマナー違反に当たるのでしょうか。 私はどうして電車…

    続きをみる




    アマゾンのギフト券は買い取ってもらうことができます

  • 追加
  • amazonギフト券は今では、誰しもにとって馴染みのあるクーポンではありますが、誕生日の為のプレゼント等ギフト券や、日頃お世話になっている方に差し上げるなど、インターネットサービス上での贈る贈られるといったやりとりが可能…

    続きをみる




    クレジットカードで公共料金を支払うことについて

  • 追加
  • 公共料金はクレジットカードで支払うことができます。ここで挙げる公共料金というのは、電気代、ガス代、水道代、固定電話使用料、携帯電話使用料、プロバイダー使用料、新聞代、電車代、バス代などのことを言います。 クレジットカード…

    続きをみる




    拳銃強奪事件について

  • 追加
  • 6月16日早朝に大阪府吹田市の交番前で交番勤務の巡査が刺されて、実弾入りの拳銃が奪わるるという事件がありました。 交番の防犯カメラに写っていた不審な男が、事件に関与した疑いがあるとみて警察は行方を捜しているそうです。 日…

    続きをみる




    身近に起きると実感する

  • 追加
  • 大阪の吹田市にある交番で、警察官を包丁で刺して拳銃を奪って逃走という事件が発生しました。 実は吹田市は私の実家があり、事件が起きた交番も離れてはいますが知っています。 今は吹田を離れていますが、こんなに身近で凶悪事件が起…

    続きをみる




    見守り社会の実現に向けて意識したいこと

  • 追加
  •  家族の安全を守っていくためには、見守り社会を浸透させていく必要がありますよね。特に子どもや高齢者が守られる側の対象となるわけですが、みなさんの家庭ではちゃんと見守れているでしょうか?仕事に追われる生活では、家族の見守り…

    続きをみる




    日々の生活の中で

  • 追加
  • 毎日のルーティンで時には手を抜きたい時、やりたくない仕事、やめたいと思う仕事、なんで俺だけが?私だけが?心の中で1人葛藤の連続だと思います。 そんな時、ふと我にかえり、疲れてる自分にご褒美、普段誰も褒めてくれない自分を沢…

    続きをみる




    今も生かせる「百万一心」

  • 追加
  • 戦国武将の毛利元就といえば、息子たち3人に対しての教訓である「三本の矢」が有名ですが、実は、もう一つの逸話があります。それが「百万一心」です。 百の字の一画を省いて「一日」、万の字を書き崩して「一力」とすると、縦に書けば…

    続きをみる




    カラスの特性

  • 追加
  • カラスといえば人間社会にとっては嫌われ者的な存在ですが、実はとても社会的な行動をとる生き物です。カラスは非常に憶病な生き物で死を恐れます。そのためかグループの中で弱っているカラスがいるとグループからはじき出そうとします。…

    続きをみる




    机上の空論の怖さ

  • 追加
  • 第二次世界大戦における陸上の戦闘の内、直接敵の姿を見ながら交戦する接近戦で、敵にむかって実際に発砲していたのは、戦闘に参加した全兵士の2割前後しかいなかったという研究があるそうです。 戦争映画で知っている戦闘のイメージと…

    続きをみる




    カニ道楽の看板、動きに違いが有ることにお気づきでしたか

  • 追加
  • とれとれピチピチかに料理でおなじみの、かに道楽というお店には、道頓堀などを代表する、有名な大きなカニが動く看板が知られているかと思いますが、その大きなカニの看板にも微妙な違いがあることをご存知ですか。 たとえば、路面店な…

    続きをみる




    マクドとバナナ 関西人はインターナショナル?!

  • 追加
  • おなじみのハンバーガーチェーン店であるマクドナルドの呼び方は、地域によってさまざまあるかとは思いますが、最も意見の別れるところが、「マック」なのか「マクド」なのかという二択に落ち着くのではないでしょうか。 実際、関東方面…

    続きをみる




    技術の進歩とジェネレーションギャップ

  • 追加
  • 「ジェネレーションギャップ」 皆さんも一昔前に聞いた事が有るかもしれませんが、所謂、世代間での価値観や文化、それらのズレや隔たりの事です。 この言葉自体、少々古臭く感じる言葉ですが、これからも使われていく事になる言葉です…

    続きをみる




    カンガルーとノルウェイの森(勘違いと誤訳にまつわるお話)

  • 追加
  • カンガルーの語源の由来であると言われているのが、諸説はありますが、俗説の一つで面白い逸話が残っています。キャプテン・クック率いる探検隊が、オーストラリアで見たカンガルーを指さして、「あの動物は何か?」と現地の原住民たちに…

    続きをみる




    たまには上等なお豆腐を

  • 追加
  • 今の時代はコンビニに行けばいつでも美味しい食事やお菓子が安定した値段で手に入れることが出来ます。 これを実現させているのはものすごい企業努力だと言わざるを得ません。 私達はそのおかげで便利な暮らしをすることが出来るのです…

    続きをみる




    ソフトパワーと将来への責任

  • 追加
  • 「ソフトパワー」とは、アメリカの政治学者ジョセフ・ナイ氏によって生み出された概念です。 かつての国際政治の世界では、軍事力や経済力を伸張させ、他国に対して優位に立つことが重視されていました。 ナイ氏はこれらをハードパワー…

    続きをみる




    子どもの教育と仕事を切り離して考える時代は終わった

  • 追加
  • 今の時代、家族である子どもの教育と仕事は切り離して考えることができないと思います。 昭和の時代までは、父が仕事に出て母が子育てをすることで両立していたのかもしれません。しかし、平成の時代に入ってからは共働き世帯が増え、父…

    続きをみる




    損得勘定抜きのビジネスが思いのほか成功を導く

  • 追加
  • 誰もが知る元首相の田中角栄さんは、損得勘定を抜きにした行動で人の心を虜にしたそうです。 人が行動する時、損得勘定を抜きにしてはどうしても考えられないものですよね。それは自分が一番かわいいからだと思います。ただ、それが常識…

    続きをみる




    『隣の芝生は青く見える』ということわざ

  • 追加
  • 昔から『隣の芝生は青く見える』といいます。他人も持っているものや、他人のすることが良く見えるという内容ですが、由来を調べると面白い事がわかりました。実際に芝生を自宅の庭などに敷き詰めると、剥げた部分や、草の色の悪い箇所、…

    続きをみる




    ちょっと意識するだけで福祉貢献はできると実感

  • 追加
  •  地域の情報を逃さずキャッチすることで、福祉に貢献することができるんですよね。先日、私はそれを実感することができました。  少し前に、福祉作業所の制作物を販売所で買いました。地域の情報としてそういう催しがあると知ったので…

    続きをみる




    坪月商が高い飲食店の工夫に着目

  • 追加
  •  飲食店が繁盛しているのかどうかを知る目安の1つに、坪月商がありますよね。坪月商が高ければ高いほど、飲食店の広さに対する売り上げの効率が良いということです。この坪月商を高くするためには、単にがむしゃらに頑張ればいいという…

    続きをみる




    企業による労働条件の違いと人手不足

  • 追加
  • 我が家には3人の子供がいます。めでたく3人とも就職しました。 子供たちが就職先を選ぶ場合、基本給の額と、休日の多さでした。私たちの時代は、自分が何をやりたいか?で就職先を絞っていたと思います。しかし子供たちのような条件で…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!