教育ネタ  144 件

人を楽しませるには自分が楽しむこと

  • 追加
  • いつも私が心がけていることです。 人を相手にする仕事をしているので、仲間内では、つい相手を楽しませることに夢中になり、寝ないで話題を探したり、自分の時間を削ってしまう人もいます。 そのため、常に寝不足、疲労感のある顔つき…

    続きをみる




    段取り7分に仕事が3分

  • 追加
  • この言葉は私の地元の大企業の看板に書いてあります。いつも車で通りすぎながら目につく言葉ですが、何事にも当てはまります。実際の表に見える仕事は全体の3分。その3分を輝かせるための準備、苦労、労力にこそ惜しみ無く力を入れるこ…

    続きをみる




    救われるべきは一旦誰なんだろうか

  • 追加
  • みなさん、神戸で起きた連続児童殺傷事件を覚えていますか?「少年A」や「酒鬼薔薇聖斗」として、世間を騒がせた事件です。 当時中学生だった「少年A」は殺害した同級生の頭部を中学校の校門に置いたという、しかもその犯人が未成年と…

    続きをみる




    英語は反射的に解く

  • 追加
  • 皆さんの中に英語が得意は人いますか。このように聞くと多くの日本人は自分から「私は英語が得意です。」なんてことはいいません。しかし、そのようににいわない人の中にも実は英検一級取得者だったり、TOEIC900点以上の人もいる…

    続きをみる




    トラブルは針の穴を棒の穴にするな

  • 追加
  • 先日のことですが、学生時代の友人に誘われて、異業種交流会に参加してみました。 以前から人脈を広げる意味でも、新しい知見を得るためにも、一度は出てみたいと思っていたこともあり、誘いを好機ととらえ参加したのですが、想像以上に…

    続きをみる




    努力でなんとかなることもあります

  • 追加
  • 皆さんは何か人に教えてもらう時にどのような人に教えてもらいたいと思いますか。私は、自分がお金を出して教えてもらいたいと思う人はその道のプロから教えてもらいたいと思います。ここで言うその道のプロというのは、別にその道の大家…

    続きをみる




    織田信長に習う後輩・部下のマネージメント術

  • 追加
  • 戦国時代の武将で「織田信長」という名前を聞いたことがない人はほとんどいないと思います。 彼を表す短歌として有名なのが「鳴かぬなら ころしてしまえ ホトトギス」という物がありますが、 多くの人は「成果を出せない部下には厳し…

    続きをみる




    クレームは大きな宝物

  • 追加
  • 仕事をしている中で、お客様や取引先からクレームを受けた経験がある人は多いと思います。 クレームを受けたとき、おそらく「嬉しい」と思う人はおらず、嫌な気持ちになったり、忙しいときには「早く終わらせたい」とさえ感じてしまうこ…

    続きをみる




    おもてなしの文化と指示待ち人間について

  • 追加
  • よく指示待ちの人間になるな、と言われますが、実際どうしたら指示待ち人間にならなくて済むのか。 具体的な実践論を持ち合わせている人はそう多くないと思います。 少し前に流行語にもなった「おもてなし」ですが、実はこの実践に指示…

    続きをみる




    研修や教育では教える側も学ぶ姿勢を崩さないことが大事

  • 追加
  •  社員に研修や教育を行う時は「教える立場のこちら側も何か吸収しよう」という意識が大切だと思います。たとえば、どのように教えていくのが効率的なのか、それをよく考えることが大事ではないでしょうか?  研修や教育に割ける時間は…

    続きをみる




    資格取得のメリットと業務

  • 追加
  • 会社組織の中にいると、さまざまな情報が入って参ります。資格取得についても、自ずから情報が入ってくる今日このごろなのではないでしょうか。 やれ、TOEICだ、いやいや簿記だ、などと、気が焦って頭の中があれやこれやの大騒ぎに…

    続きをみる




    身に付けたものを、使うということ

  • 追加
  • 『文章の中にある言葉は、辞書の中にある時よりも美しくなければならない』という名言があります。作家の芥川龍之介の言葉です。 辞書にある言葉は、単語でしかありません。 文章はそれらの一つ一つの単語を組み合わせたものであり、誰…

    続きをみる




    先輩の姿

  • 追加
  • 私が入社したての新人社員だったころ、Kさんという先輩がいました。 Kさんは私を早く一人前にしたいが故か、または単に自分の手間を省くためか、私にあれもこれもとたくさんの仕事をおしつけてきました。 はじめは新人社員としてがん…

    続きをみる




    「全然大丈夫」「やばい美味しい」は誤用ではありません

  • 追加
  • 「全然」という言葉のあとには、必ずと言って良いほど、「~ない」の形で全否定を表す文法が、とりわけ第二次世界大戦後の現代語でもっとも一般的な用法とされてきました。これは、日本語の専門家であったり、研究をしている方でなくとも…

    続きをみる




    マナーは人の為だけではないのですね

  • 追加
  • 一昨日の朝家を出る時に近所の人がゴミ出しをしているのを見かけました。挨拶をすると笑顔で返してくれました。 ふと見ると袋の色が指定日のものと違うのに気が付きました。 「今日はその可燃物の日じゃありませんよ。」というと、「可…

    続きをみる




    全ての色に役割がある

  • 追加
  • この言葉は松下電器の創業者である松下幸之助の言葉です。 経営の神様と呼ばれた松下幸之助は人間を熟知していました。 彼の部下に酒好きで喧嘩早い人物がいたのですが、松下はその人物に先端事業を任せようとして周囲から猛反発を受け…

    続きをみる




    仕事の典型的な失敗例です。あなたはどう思いますか?

  • 追加
  • 居酒屋で、後ろのサラリーマン二人のお話が興味深くて、つい聞き耳を立ててしまいました。 上司が部下にお説教していました。上司のセリフのままです。 今日はご苦労だったな。帰りたいだろうけど、ちょっと言っておきたい事もあるんで…

    続きをみる




    「信士」より「居士」が良い

  • 追加
  • 父の13回忌が終わりました。 父が亡くなった時の事を思い出します。 長男である兄がお寺に戒名をいただきに行きました。戒名の申請用紙に必要事項を書き込み、提出しました。いただいた戒名は「○○○○信士」でした。 ちなみに、父…

    続きをみる




    成功者も結局過去に多くの失敗をしている可能性が高いということ

  • 追加
  • 世の中で成功している人は数多くいます。実業家や経営者で名が通っている人は国内外を含めてかなりの人数がいると思いますが、そういった人はすごい人だと感銘を受けることでしょう。しかし、そういった成功者は成功しかしていないわけで…

    続きをみる




    努力してもダメなときに努力の仕方を変える重要性

  • 追加
  • 仕事をしている人は基本的に全ての人が頑張っています。努力をしているはずです。しかし、努力が実を結ばないことは仕事では多々あります。 そういったときに差が出る社員の行動があります。その努力をさらに続ける人、努力の仕方を変え…

    続きをみる




    働く人にとって自分の代わりはいくらでもいることを肝に銘じる大切さ

  • 追加
  • 私たちは普段会社で何気なく働き、身分を保障されていると思っている人が多いかもしれません。しかし、会社で働く私たちの代わりは意外と多くいるものです。私たちは就職活動を通じて会社から選ばれた必要な人材という認識の人も多いかも…

    続きをみる




    常に他人の話を聞いてそこから動き始めることを心がけよう

  • 追加
  • 仕事をするうえで正解の選択肢というものはなかなか見出しづらいです。目指すべき正解のような存在はありますが、その正解に向けてとるべき手段に関しては、必ずしも正解があるとは限らないのです。 したがって、私たちが仕事をするとき…

    続きをみる




    変人と評価されることを恐れてはいけない

  • 追加
  • 世の中には変人と言われるような人たちがいます。変人という言葉は一般的にあまりいい意味では使われていませんが、変人のみが天才へとレベルアップできる存在なのです。そこを忘れてはいけません。 人と違っている部分があると、そこを…

    続きをみる




    子どもの教育と仕事を切り離して考える時代は終わった

  • 追加
  • 今の時代、家族である子どもの教育と仕事は切り離して考えることができないと思います。 昭和の時代までは、父が仕事に出て母が子育てをすることで両立していたのかもしれません。しかし、平成の時代に入ってからは共働き世帯が増え、父…

    続きをみる




    勉強の極意は理解をすること

  • 追加
  • どんな分野の勉強もそうですが、何事も理解をしなければ学ぶことは出来ません。 テストでいい点を取るためにその場しのぎの勉強をしていれば応用が利かなくなり、テストだけが出来る人になってしまいます。 そのまま世の中に出てしまえ…

    続きをみる




    子供を預けて働くのは、保育園ママだけじゃない

  • 追加
  • 子供が通っている幼稚園の話ですが、この度同じ法人で保育園を開設することになったそうです。 そこでは1歳児と2歳児のお子さんを預かり、その子達が成長したら幼稚園の延長保育を活用してもらい、保育園と同じように共働きの家庭をサ…

    続きをみる




    コイについて考える

  • 追加
  • コイは日本人にとっては馴染みの深い魚で、見たことがないという方はまずいないのではないでしょうか。 鯉こくなど食材として使われることもありますし、観賞用の品種であるニシキゴイが公園の池などで飼われていることも多いです。 た…

    続きをみる




    「卑怯なコウモリ」から得られる教訓

  • 追加
  • イソップ童話をご存知でしょうか。古代ギリシア人のアイソーポスによって書かれたと言われている寓話集です。 様々な教訓を得ることができ、皆さんの中にも子供の頃読んだという方も多いのではないでしょうか。 イソップ童話の中でも有…

    続きをみる




    安全のABC

  • 追加
  • 建設業界でよく表題として扱われる言葉の中に「安全のABC」という言葉があります。 Aとは「当たり前のことを」。 Bとは「ぼんやりとせずに」。 Cは「ちゃんとやる」、または、「しっかりとやる」。 というように表現するようで…

    続きをみる




    企業の一体感を育むもの

  • 追加
  • 戦後の日本経済を牽引し、日本を世界有数の経済大国に押し上げた企業群の代表の一つ、トヨタ自動車株式会社は、バルブ崩壊以後、経済低迷の長期化、日本経済の主役交代など経済界の激変の中で、今もなお日本を代表する世界的優良企業のそ…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク