安全ネタ  83 件

私は高齢者運転による加害者にはなれません。

  • 追加
  • 今日は私があることにつきまして思っていることをお話したいと思います。 それば高齢者運転のことです。私達もいずれ高齢者となる訳ですがはたしてどのようにしたらよいのか迷ってしまうのではないでしょうか。 私の親や親せきの親世代…

    続きをみる




    作業でわからないままにしない

  • 追加
  • 大きな地震が起きて以来、天気予報や、日常会話の中には「災害級の」という言葉が頻繁に使われるようになりました。昔は「猛暑」とされていた天候も、言葉の表現が少し強くなったように思います。 これにはやはり、受けとる側の意識の変…

    続きをみる




    自然災害時の対応について

  • 追加
  • 先日、大型の台風が近づいているということで以前台風がやってきたときに、いろいろと生活の中で困ることがあったという話を周りから聞いたので、自分なりに台風に対する対策を取ってみました。 我が家では、今まで台風などの自然災害の…

    続きをみる




    個人情報は慎重に

  • 追加
  • 最近ムッとした話をします。コールセンターで働いていると、他人の電話応対のスキルがとても気になります。 プライベート携帯に、地域の番号、東京なら03に当たる部分がすんでいる地域のものだったのてすが、相手の名前が出ないので、…

    続きをみる




    指さし確認「ヨシ」

  • 追加
  • 指差喚呼(鉄道での読みがなは「しさかんこ」)は、そもそも日本国有鉄道(国鉄)の運転士が行う信号確認の動作に始まった安全動作です。 1.目で見て 2.腕を伸ばし指で指して 3.口を開き声に出して「○○○、ヨシ!」 4.耳で…

    続きをみる




    災害時の備えとローリングストックについて

  • 追加
  • 平成23年3月11日に発生した東日本大震災は、日本周辺で発生した地震の中でも観測史上最大の地震となり、この地震による死亡者数は北海道から神奈川県まで、負傷者数は同じく北海道から高知県までと、非常に広範囲に甚大な被害をもた…

    続きをみる




    安心している状況が実は最も危ない

  • 追加
  • 多くは安全や安心といったものを求め、そういった状況が手に入ると、一気に安堵の気持ちになるでしょう。 しかし、これは必ずしも理想的な状況とは言えないと思います。 安心が手に入るというのは、それ自体非常に理想的な状況と思える…

    続きをみる




    トンネル内を掃除してくれる、素晴らしいアイデア商品「風ほうき」

  • 追加
  • よく通る高速道路に必ずあるトンネルは、埃や自動車の排気ガスで汚れるにもかかわらず、掃除をしている姿を見たことがありません。 通常、特殊な清掃車や清掃員の手によって行われるトンネル掃除は、膨大な労力とコストがかかってしまい…

    続きをみる




    災害時はLINEを活用

  • 追加
  • 災害時には、誰しもが安否確認などのため、通話やメールの通信が膨大で、通信がパンクしてしまいます。 そんな時は、LINEを通信手段にすると連絡が取れ易いそうです。 それでは、災害時に、LINEが強い理由とはどんな事でしょう…

    続きをみる




    日常生活の雑学を知ると、物知りになったような気分になれます

  • 追加
  • 日常生活では、「あまり役に立たない」と思うような知識を身につけ、何かのときにお披露目できると、少しだけ物知りになったような気分です。 駅の売店などで売られていた冷凍みかんが、コンビニエンスストアでも発売されています。 そ…

    続きをみる




    自転車見たら止まらないと思いましょう

  • 追加
  • 通勤やプライベートで私たちは車に乗ることがありますが、ほぼ毎日ヒヤッとすることがあります。多くは自転車に関係することで、交差点などで一時停止をしないことが多く、接触しそうになることがあるのです。歩行者についても同じような…

    続きをみる




    雨は憂鬱で悪者か

  • 追加
  • 雨の日が大好きという人はいるでしょうか。 嫌いではないという人はいても雨の日は好きという人はあまりいないのではないでしょうか。 特に梅雨の時期など梅雨前線が日本列島付近に停滞し、雨が多く降る時期は外に出れば足元が濡れて、…

    続きをみる




    高齢者の危険運転事故について

  • 追加
  • 高齢者が運転する車が危険運転を起こし、コンビニに突っ込んでしまったり、時には死傷者を出してしまう凄惨な事故を起こしてしまったりしています。 高齢者が事故を起こしてしまう理由のひとつにあるものとして、知らず知らずのうちに「…

    続きをみる




    安全より優先にするものはありません

  • 追加
  • 私たちが日々仕事を行うなかで、「安全」以上に大切なものはないと思っております。 みなさんとともに、出勤から帰宅までの流れを簡単に振り返りたいと思います。 出勤する時、自動車で通勤される方、または交通機関を使われる方、歩い…

    続きをみる




    仕事を行う上で大切なこと

  • 追加
  • 仕事を進めていくうえで、取引先との約束を守るとか、確実に与えられた業務をこなすのは当たり前のことと思います。 普段、私が仕事を行う上で大切と感じていることを述べさせていただきます。 一番大切なことは、「安全」と思っており…

    続きをみる




    会社にいて災害が発生した時の対策を事前に考えておく

  • 追加
  •  会社内での安全に対する意識を高めるなら、何かあった時の防災対策についてしっかりと把握しておくべきでしょう。  災害は、いつ何時身に降りかかるかわかりませんよね。会社にいる時は大丈夫という根拠は何もなく、不運にも災害にみ…

    続きをみる




    見守り社会の実現に向けて意識したいこと

  • 追加
  •  家族の安全を守っていくためには、見守り社会を浸透させていく必要がありますよね。特に子どもや高齢者が守られる側の対象となるわけですが、みなさんの家庭ではちゃんと見守れているでしょうか?仕事に追われる生活では、家族の見守り…

    続きをみる




    コミュニケーションで大切なホウレンソウについて

  • 追加
  • さまざまな場面で社内外問わずコミュニケーションが必要になるシーンは多くあります。 その際に、ホウレンソウを素早く行うことが、情報を円滑に共有するための重要になります。 ホウレンソウとは 「報告」、「連絡」、「相談」です。…

    続きをみる




    通勤時はゆとりを持って安全に

  • 追加
  • 毎日の会社への通勤、電車かバスの方がほとんどですよね。 中には会社の近くに住んでいて、徒歩の方もいるかもしれません。 毎日経験している朝のラッシュ、徒歩でも電車でも混雑時には大変です。 道は混み、急いで会社に向かう人でい…

    続きをみる




    運転マナーについて

  • 追加
  • 私は普段、車の運転には十分に気をつけているのですが、よくスマホ片手に運転している人目にします。 たとえ向こうが悪い事故だとしても携帯電話で話していたなら自分側も事故とは別に、同じくらいの罪だと私は思います。 私は過去に1…

    続きをみる




    失敗の前には油断がある

  • 追加
  • ドイツの諺に「傲慢は転落の前に来る」という物が有ります。 驕り傲慢になると、その後に失敗や滅びが待っているという事を言っている諺です。 日本で似た使われ方をする諺の例を挙げると「驕る平家は久しからず」が近いでしょうか。 …

    続きをみる




    ニッカポッカ

  • 追加
  • 現在、日本では「ニッカポッカ」といえば、土木・建設工事の作業服として多く見られるものとなりました。 もともとニッカポッカとは、オランダの男子子供服のスタイルを指しているものであり、語源はニッカーボッカーズ(knicker…

    続きをみる




    O型は蚊に噛まれやすいというウワサの真相

  • 追加
  • 蚊に刺されやすくなる原因や刺されやすい人には、次のような特徴があると言われています。 具体的には、血液型がO型であること、体臭が強いこと、妊娠中のプレママさんやその乳幼児など赤ちゃん、飲酒している人、運動直後で汗をかいて…

    続きをみる




    仕事のヒューマンエラーに対する考え方

  • 追加
  • 仕事において避けるべきことの1つに、ヒューマンエラーがあります。人為的なミスのことをヒューマンエラーと呼びますが、これは注意深く仕事をすることによってある程度は防ぐことができます。ただ、裏を返せばヒューマンエラーを100…

    続きをみる




    安全のABC

  • 追加
  • 建設業界でよく表題として扱われる言葉の中に「安全のABC」という言葉があります。 Aとは「当たり前のことを」。 Bとは「ぼんやりとせずに」。 Cは「ちゃんとやる」、または、「しっかりとやる」。 というように表現するようで…

    続きをみる




    西暦3000年には日本の人口は2000人になる話

  • 追加
  • 国立社会保障・人口問題研究所の2017年のデータによると、2017年の約1億2653万人を境に、日本の人口は徐々に減少していくことが分かっており、2065年に約8808万人となり、そこから100年後には約5060万人に、…

    続きをみる




    人類は皆不審者

  • 追加
  • 最近の日本は大人が迂闊に子供に接触出来なくなって来ている。 同じ地域に住んでいる大人が、登下校中の児童に挨拶をすると防犯ブザーを鳴らされることも珍しくなくなってきている。 自分の親、友人の親、教師以外の大人は皆不審者と思…

    続きをみる




    ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • ハインリッヒの法則とは、損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が見出した労働災害における経験則の一つです。 1件の大きな事故・災害が起こる背景には、29件の大事に至らない事故・災害があり、さらに3…

    続きをみる




    御言葉に語られた朝

  • 追加
  • 特に、寒い日ですと朝にベッドから出たくないという方が大勢いらっしゃると思います。私の場合は、寒さに関係なく、出来るだけ誰よりも寝たいという気持ちがあります。 その寝たいという気持ちは、仕事で疲れて、最近寝てないなとか、残…

    続きをみる




    ダンゴムシとお箸もよ?!

  • 追加
  • 最近は各地で大きな地震が発生しています。 もしも地震が発生した場合、どのような対応をすればいいかわかりますか? 思わずパニックになって騒いだり、走ったりしそうになりませんか? 子供の頃は定期的に学校で避難訓練が行われてい…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!