経営ネタ  153 件

ヒト、モノ、カネとは

  • 追加
  • ヒト、モノ、カネとは、経営における三大資源といわれている。会社を経営していく上で、これら三つのことは欠かせないものである。 ここでいうヒトは人間のことであり、モノとは商品などのものだけでなく、経験や技術なども含まれる。カ…

    続きをみる




    ホウレンソウの報告と連絡の正しい使いかた

  • 追加
  • 会社の各部署に新入社員が配属されると、必ずと言っていいほど上司から教えられるのが「ホウレンソウ」です。 ホウレンソウというのは、誰でも知っているように、報告と連絡と相談のことです。 ところが時々、『相談は分かるのですが、…

    続きをみる




    勉強することの意味や意義について

  • 追加
  • 皆さんおはようございます。今日は日々勉強することの意味や意義について私の経験からお話ししたいと思います。 皆さん、なぜ勉強する必要があると思いますか?私もこの疑問に対し小学生の頃から非常に回答に窮していました。 そしてそ…

    続きをみる




    松下幸之助さんの名言

  • 追加
  • 皆さんおはようございます。今日は現パナソニックの創業者松下幸之助氏の名言の中でも私が1番印象に残っている「私は失敗したことはない。なぜなら成功するまで続けたからだ」と言う名言についてお話ししたいと思います。 皆さん、何回…

    続きをみる




    自由闊達の社風を作るためには

  • 追加
  • 自由闊達な社風といえば、上下に関係なく自分の意見を発し易い会社なのでしょう。 そういう会社は社員同士や上司部下の仲が良く和気あいあいで、 楽しく仕事が進められる会社だと得てして思われがちです。 自由闊達な会社の代表例のよ…

    続きをみる




    どんな時にも崩れない2-6-2の法則

  • 追加
  • 会社でもクラブでも、またサークルでも、グループというのは複数のメンバーで構成されます。 そのグループのメンバーの能力を評価する時に、2-6-2の法則に例えられることがあります。 2-6-2の法則とは、上位が2割、中位が6…

    続きをみる




    基準と標準の正しい使い分け

  • 追加
  • 会議などで、『採用の基準は70%以上にします』だとか、『この分野での標準は1万人です』などと、「基準」と「標準」という言葉が出てきます。 基準も標準も、物事を比較する時のバローメーターとして使われています。 似たような使…

    続きをみる




    草履と下駄の形見

  • 追加
  • 名軍師・黒田官兵衛の黒田家中には、異見会という話し合いの場がありました。 これは、地位の上下によらず家臣一同が集まって、忌憚のない意見を交換し合う事を目的とした会です。 ここでは人と違う意見を身分に拘らず述べ、下位の者に…

    続きをみる




    250の法則について

  • 追加
  • 「250の法則」とは、別名「ジラードの法則」とも呼ばれ、世界No1セールスマンとしてギネスブックに認定された、ジョー・ジラード氏が常日頃意識していたものです。 これは、どんな人でもおおよそ250人の人とのつながりを持って…

    続きをみる




    経営って誰が考える

  • 追加
  • 会社経営についてお話しさせていただきます。 会社経営と聞くと、なにか難しく感じるかもしれませんが、難しく考えず気を楽にして聞いてください。 どこの会社にも経営者といわれる方がいます。社長や取締役、役員と言われる方々です。…

    続きをみる




    無理のサービスで企業イメージ向上

  • 追加
  • 2018年10月の第42回世界オセロ選手権で、小学生の福地啓介くん(11歳)が見事優勝し、最年少記録を更新した、というニュースはみなさんご存知のことと思います。 日本へ帰国の際、福地くんを含むチームジャパンは、ANAを利…

    続きをみる




    企業の存続と発展のためにはコンプライアンスの遵守が不可欠

  • 追加
  • お早うございます。今日は皆さんに少しの時間、コンプライアンスについてのお話しをしようと思いますので、ご静聴願います。 コンプライアンスという言葉自体は、今の世の中においては広く浸透したものとなって来ました。少なくとも現代…

    続きをみる




    フィフティフィフティの関係

  • 追加
  • 仕事をするうえで、取引先との関係は重要なポイントを占めます。 昔からモノを買う方、仕入れる方が強いというのが商慣行でした。つまり生産者が一番下で、最終購買者の消費者が一番上の立場なのです。 仕事の中でも、仕入れる側と売り…

    続きをみる




    クレーマーについて

  • 追加
  • 近年、モンスタークレーマーの増加が社会問題と化しています。 確かに理不尽なことを訴え、企業を困らせる悪質なクレーマーがいることは事実です。 しかし、クレームを入れてくる人の大半は、その会社の製品やサービスに期待をしてくれ…

    続きをみる




    一人で抱え込まない

  • 追加
  • 「堅忍不抜」という言葉をみなさんはご存知でしょうか。 堅忍不抜を辞書的な意味で説明すれば、どんなことがあっても心を動かさず、じっと我慢して耐え忍ぶこと、という意味になります。 私たちが業務を行なっていく上で、どうしてもお…

    続きをみる




    多角化経営の是非に関する意見

  • 追加
  •  一社員からすれば大き過ぎるテーマですが、経営手法の中に多角化経営がありますよね。多角化経営は世間からあまり良いイメージを持たれていないのかもしれませんが、軽的なメリットはもちろんあります。  それは、単純な利益増加はも…

    続きをみる




    今も生かせる「百万一心」

  • 追加
  • 戦国武将の毛利元就といえば、息子たち3人に対しての教訓である「三本の矢」が有名ですが、実は、もう一つの逸話があります。それが「百万一心」です。 百の字の一画を省いて「一日」、万の字を書き崩して「一力」とすると、縦に書けば…

    続きをみる




    机上の空論の怖さ

  • 追加
  • 第二次世界大戦における陸上の戦闘の内、直接敵の姿を見ながら交戦する接近戦で、敵にむかって実際に発砲していたのは、戦闘に参加した全兵士の2割前後しかいなかったという研究があるそうです。 戦争映画で知っている戦闘のイメージと…

    続きをみる




    カニ道楽の看板、動きに違いが有ることにお気づきでしたか

  • 追加
  • とれとれピチピチかに料理でおなじみの、かに道楽というお店には、道頓堀などを代表する、有名な大きなカニが動く看板が知られているかと思いますが、その大きなカニの看板にも微妙な違いがあることをご存知ですか。 たとえば、路面店な…

    続きをみる




    全ての色に役割がある

  • 追加
  • この言葉は松下電器の創業者である松下幸之助の言葉です。 経営の神様と呼ばれた松下幸之助は人間を熟知していました。 彼の部下に酒好きで喧嘩早い人物がいたのですが、松下はその人物に先端事業を任せようとして周囲から猛反発を受け…

    続きをみる




    経営上手はお客の気持ちを大事にすること

  • 追加
  • 高原にある民宿の話です。 昔は冬になるとスキー客で賑わっていた民宿ですが、最近は雪が少なくなり、あまりスキーで集客を期待できなくなりました。 そこで春から夏にかけて小学校の林間学校の宿泊に使ってもらうことにしました。 経…

    続きをみる




    在庫を少なくすると利益がでます

  • 追加
  • 在庫を少なくすると、会社の利益に繋がります。必要なときに必要なだけ購入するようにしましょう。 原材料などをまとめて大量に購入する人がいます。又、一気に大量の製品を作ってためておく場合があります。『まとめて物を買うと割引が…

    続きをみる




    会社ではホウレンソウが大切です

  • 追加
  • やっぱり会社ではホウレンソウ(報告・連絡・相談)が大切ですよね。ホウレンソウが十分にできないと、うまくコミュニケーションが取れません。忘れずにホウレンソウを行うことが、仲間や上司と上手にコミュニケーションを取る秘訣ですし…

    続きをみる




    「マネーボール」と経営

  • 追加
  • ブラット・ピットが主演した「マネーボール」という映画があります。 主人公ビリービーンは、極貧球団アスレチックスのゼネラルマネージャー。 ゼネラルマネージャーというのは、選手の獲得・放出を始め、チーム作りの全権を担う非常に…

    続きをみる




    損得勘定抜きのビジネスが思いのほか成功を導く

  • 追加
  • 誰もが知る元首相の田中角栄さんは、損得勘定を抜きにした行動で人の心を虜にしたそうです。 人が行動する時、損得勘定を抜きにしてはどうしても考えられないものですよね。それは自分が一番かわいいからだと思います。ただ、それが常識…

    続きをみる




    ちょっとした仕草が人を引き付ける

  • 追加
  • 皆さんは普段接客をするのにどのように接客をしていますか。 接客の応対に関してこれをしておくだけできれいに見えて、また来たくなるようなお店作りをすることが出来るポイントがあります。 それは挨拶の時に止まることです。 挨拶を…

    続きをみる




    一流プロレスラーから学ぶ営業哲学

  • 追加
  • 私の好きなプロレスラーに棚橋弘至という選手がいます。 何度もIWGPヘビー級チャンピョンに輝いたことがある一流の選手です。 棚橋選手やライバルの選手たちの活躍で、所属団体の新日本プロレスは、今、すごく人気のある団体になり…

    続きをみる




    坪月商が高い飲食店の工夫に着目

  • 追加
  •  飲食店が繁盛しているのかどうかを知る目安の1つに、坪月商がありますよね。坪月商が高ければ高いほど、飲食店の広さに対する売り上げの効率が良いということです。この坪月商を高くするためには、単にがむしゃらに頑張ればいいという…

    続きをみる




    企業による労働条件の違いと人手不足

  • 追加
  • 我が家には3人の子供がいます。めでたく3人とも就職しました。 子供たちが就職先を選ぶ場合、基本給の額と、休日の多さでした。私たちの時代は、自分が何をやりたいか?で就職先を絞っていたと思います。しかし子供たちのような条件で…

    続きをみる




    発想の転換が物事を好転させる

  • 追加
  • 味の素は今では世界をも席巻するほどの日本の大企業となりましたが、ある時を境に一時期売上が落ち込んでしまう事態に見舞われてしまいました。 今でこそ、メインの看板商品である味の素だけではなく、さまざまな商品を世に送り出してい…

    続きをみる




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!