スポンサーリンク



図書館と出版業界

  • 追加
  • 図書館と出版業界は密接に関係があると思われがちです。
    しかし、出版業界に身を置く人間から図書館は敵のように思われる場合があります。

    その理由は図書館で本を借りられてしまうと出版業界の利益は減ってしまうからです。
    出版業界の利益が減ってしまうと、新たに本を出版するための費用も削られてしまいます。
    これは新たに面白い本に出会う機会を減らしてしまうことに繋がります。

    図書館で本を借りられる方は本が好きで借りられている人が多くいるのにも関わらず、その行為は出版業界を苦しめていると考える方は少ないでしょう。

    だからと言って図書館で本を借りるな!なんて事は全くありません。
    読みたい本を全て買って読むことが出来れば苦労しませんが、それでは読める本が限られてしまう場合、せっかく本と出会う機会を失ってしまうことになります。

    そこでオススメしたいのは、図書館で読んで自分が面白いや、また読みたいと思えるような本に出会ったらその本だけは購入するという方法です。

    皆さんは面白そうだから買ってみようと思って買った本だけど、思った内容ではなくて後悔したことはありませんか?
    際ほど提案した方法なら自分が好きで面白いと納得できた本を購入するので、この後悔が生まれません。
    本を買うということは、その本を肯定して、次の作品に繋がる機会になります。
    そして出版業界への貢献になります。

    この機会に皆さんも図書館や本屋さんに行って、本に触れてみてはいかがでしょうか?
    きっとステキな出会いが待っていることでしょう。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    これがホントのブラック企業!~ブラックな定義~

  • 追加
  • ブラック企業の定義とはなんでしょうか。
    非常に曖昧な言葉であると思います。
    企業に対する考えかたは、人それぞれですから、ブラック企業の定義も人それぞれだと思います。
    これは確実にブラック企業だなと言える定義をまとめてみました。

    ・人間関係が悪い
    ・給料が安い
    ・拘束時間が長い(残業が多く、休日が少ない)

    こんなところでしょうか。

    まず、人間関係が悪い所は、確実にブラック企業と言えるでしょう。
    例えば、上司が部下を無視する、社長が好き勝手に採用、解雇を繰り返すワンマン体制、等ですね。
    私の経験上、社長がしっかりしていない企業は、管理職もちゃんとしていないので、社内の人間関係はおのずと悪くなります。

    給料が安い所もブラック企業と言えるでしょう。
    今はどの業界も人材不足と言われており、外国人などを不法就労させている企業もあるようです。
    外国人を安く使っている会社などは特に要注意ですね。
    一度入社してしまったら、安い給料でずっと働かされる可能性があります。
    自分の人生ですから、会社を選ぶ際にはしっかりと考えた方がいいですね。

    そして、ブラック企業といえば「残業」
    このイメージが強いでしょう。
    毎日終電帰り、休日返上。
    こんな話を聞いていたら、社会人になんてなりたくないですよね。
    しかし、世の中にはこのような会社がたくさんあるという事も理解しておくべきですね。

    私は特に残業が嫌なので、入社する予定の会社を観察していました。
    具体的に言うと、夜9時ごろまで電気が点いている会社は要注意です。
    これが一週間続くと、確実に残業が多い会社でしょう。

    面接などで、自分の気になる部分はしっかり聞いておいた方がいいですね。
    以上です。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    東京ディズニーランド35周年から学べること

  • 追加
  • 今年2018年度で、東京ディズニーランドが開園35周年となりました。

    日本では様々なレジャースポットが経営不振から幕を下ろしていく中、入園料金が値上げを続けているにもかかわらず、なぜディズニーランドは世間から人気を集めるのでしょうか。

    それは、『料金を上回る高いホスピタリティー』が勝因の一つだと私は考えます。ディズニーランドへ行ったことがある人ならば、掃除担当のキャストが掃除用のモップに水をつけ、ディズニーキャラクターのイラストを地面に描いているという光景を目にしたことがあると思います。

    実はこれは、オリエンタルランド社のマニュアルにはない事で、自らが始めたお客様へのサービスだと言われています。この他にも、ディズニーランドでは一人一人がお客様の笑顔を見るために、独自の発想を活かして仕事をしているのです。

    これは弊社でも参考にすべきホスピタリティではないでしょうか。マニュアルにただ従うだけの仕事では、会社の成長にも自分の成長にも歯止めをかけてしまいます。仕事に来るのが憂鬱、仕事が辛い、そんな時にこそ仕事を通して誰かを喜ばせたり、自分が満足できるような発想を考えていくべきなのではないでしょうか。

    業種は違えど、そんな東京ディズニーランドが開園してからの35年間と、私が生きてきた数十年間、何が違って何を学ぶべきなのかということを今日から考えながら、目の前の仕事に取り組んで生きたいと思っております。

    目次に戻る⬆


    一見利益を生まないサービスをディズニーが続ける理由

  • 追加
  • 今日は、私がディズニーランドに遊びに行ったとき感動した話をしようと思います。

    ディズニーへ遊びに行くと、どうしても荷物が通常のお出かけよりも多くなってしまったり、いつもは持っていない帽子やサングラスを持ち歩いたりするので、自然と落とし物や忘れ物が多くなってしまいます。

    私も移動中のどこかの道で、家から持ってきていた娘の小さな帽子を落としてしまいました。そこで、落とし物センターの場所を近くのキャストの方に尋ねて向かったところ、係の方は落としたものの特徴や時間帯を丁寧に聞いてくださり、内容を伝えるとすぐに裏からその帽子が出てきました。

    ベビー用のものですから、帽子は直径15センチほどしかない小さなものなのですが、そんなちょっとしたものまで回収してくれていて、しかもホコリやゴミを丁寧に払った状態できちんと保管をしてくださっていたことにとても感動しました。家に帰ってからディズニーランドの取り組みを調べたところ、落とし物が見つからずにパークで悲しい思いをする人が出ないよう、パークには清掃担当スタッフの方が何百人も在籍しており、常にパーク内を巡回しているのだそうです。

    来園した人のために多大な人件費や労力を割いて思い出作りに貢献することが、ディズニーの高いリピート率を維持につながっていることを実感しました。そしてこの体験から、直接お客様からお金をもらうことのないサービスは無意味ではなく、地道に続けることによって将来的には顧客確保、リピート購入につながるのだと学ぶことができました。

    小さな気配りを意識して、お客様に少しでも喜んでもらえるように頑張りたいです。

    目次に戻る⬆


    繁盛店の味を販売する量販店の取り組みについて

  • 追加
  • 飽食の時代となり、世の中には美味しいものが溢れています。特に大型量販店では、日本以外にも世界中の食材が並んでいます。そんな中、繁盛店の商品を製品化する動きが活発な時期がありました。

    一番いい例はラーメンです。行列が出来て評判のラーメン店の味を自社の量販店で販売しようと奔走しました。店で食べる味を家庭でも味わえるという、量販店の新しい戦略です。ラーメン以外にも色々な製品が販売されました。さぞかし売れただろうと思っていたら、実際はあまり売れていないことがわかりました。

    理由は明白です。こだわりの味というのは個性があります。辛い甘い、濃厚などと、どちらかというと万人受けする味付けではありません。つまり繁盛店の味は、その味が好きな固定客で持っています。多くて一日100食とか200食とかの世界です。逆に大型量販店は毎日3000人以上の様々な客が買い物に訪れます。量販店では万人受けする味じゃないと大量には売れません。まして繁盛店の商品は価格も高く、ためしに買ってみようと言う商品ではないし、実際にその店のファンの人は、量販店で買って自分で作るとは思えません。必ず店に食べに行くでしょう。

    このような理由で、繁盛店の商品を発売しても、売り上げは伸びず、その後廃盤になって行きました。今では各量販店も繁盛店の商品の取り組みは、万人受けする味のものしか販売していません。

    この事例は、良い発想だと思って実行したことが失敗したことにより、やり続けることはせず止めてしまったものです。良い発想を思いつき、達成するまでやり続けることは重要ですが、逆にやめる勇気も重要だという事を認識させられました。しかしながらやってみないとわからいことなので、何もしないよりは行動することが重要だということで、私は迷った時は前に進むことにしています。

    目次に戻る⬆


    大手企業のデータ改ざん事件について

  • 追加
  • 最近大手企業のデータ改ざんの発覚が続いています。私は組織が大きくなり、報告義務の多さが起因しているのでないかと考えます。組織が大きくなるという事は社長を頂点にピラミッド型に組織されます。その中間に各責任者がいます。上に上がれば上がるほど、現場の実態を把握するのは報告書だけという事になります。つまり承認や決済する人は、報告書を信じてハンコを押しているようなものです。

    このパターンは中小企業でもあり得ます。組織化するのが好きな人は少人数でも組織化します。報告書におかしなデータを書くと、当然のように不承認となり却下され、場合によっては叱られます。この組織化の弊害により、問題になるくらいなら多少データを改ざんしておけという事になるのです。そして現場上がりの上司も、却下されて叱られるくらいなら見過ごそうという気になるかもしれません。そして報告書が上に上がるたびに、正確なデータに生まれ変わるのです。

    もう一つのデータ改ざんは車の燃費などに象徴されるように、会社の方針に沿うようにするものです。組織化された会社は。その人の勤勉さや、才能などは直接の上司以外は把握していません。会社の期待通りの結果を出せない社員は。人事部により、降格や配置換え、転勤などあっさり動かされます。その為何としてもやり遂げようとすることから水増しデータなどが出て来るわけです。

    かつての日本は、社長自ら社員と一緒にモノづくりをしてきました。社長をはじめ幹部は現場も知り、社員の性格も知っていました。そんな時代から組織化やアウトソーシングの時代になった今、信頼できるのは結果だけデータだけという事になりました。

    私は今回のデータ改ざん事件は、日本人のモノづくりの勤勉さをもう一度再認識させ見直すための警告だと思いました。私も今一度自分の仕事を見つめなおし、自分の今やっていることは間違っていないかを考えながら職務に励みたいと思います。

    目次に戻る⬆


    ソフトバンクホークスから学ぶ企業戦略

  • 追加
  • プロ野球における戦力図は、福岡ソフトバンクホークスが他球団より頭一つ抜きんでており、ホークスの1強時代と呼ばれています。その強さには、ソフトバンクの企業努力と、プロ野球で異例と言える三軍の存在が挙げられるのです。

    普通、プロ野球は一軍とその下の二軍、育成選手で構成されますが、ソフトバンクの場合、さらにその下の三軍が存在します。しかもプロ野球において、二軍以下の選手待遇は劣悪なことが多く、一軍と比較しても年棒かた練習場まで何もかにも違うのです。
    そんな状況の中でソフトバンクの三軍を見ると、設備が整う練習場とモバイルを主力とする企業なので、タブレットを使用したデータ分析も行われます。しかもタブレットは選手一人ひとりに配われるので、相手選手のデータ収集や自分のプレイを見直して改善プランを立てることも可能です。選手の食事管理も栄養管理士の指導により徹底しています。

    企業に所属する社員を育成するためのカリキュラムが、ソフトバンクホークスを見れば一目瞭然です。選手の育成とデータを用いた企業戦略により、長いスパンで球団全体を育てる地盤が構築されています。他球団から能力のある選手を獲得するのではなく、あくまで自前選手を一軍で通用できるよう育成する。このプロセスは他企業も参考になるはずですし、企業全体の在り方を学ぶこともできます。

    必要なことに資金を使い、顧客であるファンと選手や関係者も満足させる企業努力は見習うべきです。顧客が何を必要とするのかを考えながら、企業に勤める一員として仕事に取組みましょう。

    目次に戻る⬆


    働き方改革と顧客関係

  • 追加
  • 電通の事件から、働き方改革という言葉が広がり、政府も力を入れてきていますが、いまいち自分たちの環境には実感が無いのではないかと思います。

    実感が持てない理由の一つには、結局は会社や職場のルールが変わらないと、自分一人では変えにくいということがあります。

    ただ、本当に必要な改革であれば、ルールの中でも自分で取り組んで行くことはできると思います。

    例えば、朝少し早めに来て事務仕事を片付けてしまう、とか。

    残業を当たり前として、夜にやる仕事として、後回しに残してしまっていないか。意識の持ち方次第では変えられることです。
    飲み会の日などは間に合わせられる人が多いのに。

    もう一つの考え方としては、一つひとつの仕事の期限を自分でコントロールしていくこと。
    お客さんから求められている仕事だとしても、本当の期限はいつなのか、どこまでのものが求められているのか、明確にすることで、今までしていた作業が軽減できるかもしれません。

    期限が他の仕事と重なった時には、お客さんにも正直に伝えてみても良いと思います。
    「その期限では、他の案件と重なっているため、すべての資料は出せそうにありません。」と。

    普段からお客さんの役に立てており、関係性ができていれば、受け入れてくれるかもしれません。

    そういった、正直なコミュニケーションを試みていくことで、より良い関係が構築できていくと思います。

    時間を考えることから、顧客関係まで話は広がってしまいましたが、私が考える働き方改革です。

    目次に戻る⬆


    実り豊かな稲穂

  • 追加
  • 「実るほど頭を垂れる稲穂かな」という有名な言葉があります。

    お米のなる稲の穂は実れば実るほどに重くなり穂先が垂れ下がってくるものです。同じように人も偉くなればなるほど、謙虚な姿勢で人と接することが大切だという教えです。少しでも偉くなると、自分はできると思い込み他者を下にみて横柄な態度をとる人がいます。周りの意見を聞かなかったり、命令ばかりするような人は周りに尊敬されません。権力を振り回す人についていく人は少ないでしょう。

    会社も成長・発展すればするほど、会社の態度・社員の態度が丁重にならなければならないと考えます。組織が大きくなれば、意思決定に時間がかかったりしますが、不正や事故を公表しないで隠ぺいし、後になって発覚したら信用を失います。対処を間違えるとそのまま廃業することになります。ミスがあったときに、損得勘定や自分の保身を考えて行動するようでは、お客さまを大切にしているか、誠実な企業かというのは一目瞭然です。

    神は細部に宿るともいいますが、誰も見てないようなところでも気を抜くことなく丁寧に扱うことが大切です。信頼は誠実さの積み重ねです。そのための仕組みが末端の社員まで共有され、そんな姿勢で働いていたら優良企業であると確信できるでしょう。これから少子化が進み、人材は減る一方です。

    指示ばかりでなく、働きかたの姿勢を示すことで人材を育てていけるのが一番よいと思います。働きやすい環境を整え、成長し続ける企業を目指しましょう。

    目次に戻る⬆


    クレームトラブルが信頼関係を築いた例

  • 追加
  • 商売をするうえで必ず発生するのがクレームトラブルです。会社対会社、担当者対担当者、対売り先、対消費者など様々です。

    しかしこのクレームこそが相手との信頼関係を作る最高の手段だと言われています。経営コンサルタントの人達もクレーム処理こそ最大のチャンスだと熱弁をふるってくれます。実際私が体験した話です。

    中古車を買うために販売店を訪れました。年式は少し古いですが気に入った車が見つかりました。価格も安く、綺麗な車ですぐ気に入って契約しました。納車まで10日ほどかかりましたが届いた翌日、嫁と一緒に嫁の実家に行きました。片道65kmのドライブです。そして間もなく実家に着くという頃でした。エンジンの回転を上げると変なにおいがし始めました。ルームミラーで後ろを見ると白煙が上がっています。

    走行には問題は無いので実家に着きエンジンを切ると焦げ臭い匂いがしています。買う時嫁も一緒だったので、嫁が携帯電話で即販売店に電話し担当者を怒鳴りつけました。昨日納車になってどういうことだ!と私より怒っていました。そしてこんな車いらない、別のと交換しろ!とまくし立てています。するとこの田舎まで車を引き取りに来るというので待ち合わせ場所を決め待っていました。

    やがて輸送車に台車を積んでやってきました。とにかく平謝りで、必ず完璧に直しますという言葉に誠意が見られ嫁の怒りは収まりました。そして別の車に変えてもらってもいいんだが?と言うと、『お客様の選ばれた車ですから、必ず完全に直してお渡しします。別の車では絶対どこかに不満が残るはずです』と言われ了承しました。

    修理まで2週間ほどかかりましたが、その間にも逐一原因と対策を連絡してくれました。そして完了し手元に帰ってきました。結局この車は6年乗りました。それ以来この担当者と仲良くなり、この担当者から子供の車も合わせて3台購入しました。

    このように自分がクレームを言って、受けた対応によって担当者と信頼関係が築けたのです。

    口で言われてもピンとこないものですが、実際自分が逆の立場になると、クレーム対応こそが最大のチャンスというのがわかりました。怒る客は本音です。この本音にどう対応するかによって明暗が分かれるということです。私は自分の体験を今後に生かし、更には他のメンバーにも重要性を説いていきたいと思います。

    目次に戻る⬆


    量販店の売上の回復の難しさ

  • 追加
  • 量販店、つまりスーパーです。完全セルフで売り場でお客さんにアピールし売り上げを積み上げていきます。スーパーに買い物にくるお客さんはほぼ同じお客さんだといってもいいくらい、新しいお客さんはあまりいません。多くのお客さんが複数のスーパーやその他小売店を自分の購買圏内にし、チラシなどを参考にし買い回りをしています。

    つまり毎日同じ売り場、同じ商品パターンではお客さんに飽きられ売り上げは低迷します。そんな中で売り上げを伸ばしている店は、毎日売り場で今日のおかずのお勧めを上手くアピールしています。同じ商品構成でも、陳列方法や商品ボリュームで日々違う商品にスポットライトを当てています。毎日のおかずに悩んでいるお客さんに、今日はこれをどうぞと手助けをしているのです。このような毎日を繰り返し、固定客を少しずつ増やし、売り上げを微増させながら強い店に変えて行くのです。強い店にするためには半年以上かかると言われます。

    しかし、転勤などで担当者が変わり、代わり映えしない売り場になってしまうと売り上げの低迷は2か月くらいで来るそうです。冒頭に話した飽きられたら毎日来てくれなくなるのです。前任の担当者は苦労して伸ばした売り上げも、手を抜けばあっという間に失ってしまうのです。

    長い苦労をかけて培ってきたものが失うときは一瞬という話をスーパーを例にだしたものですが、転勤の多い会社勤めの自分たちにとって、前任の人が築き上げたものは何であれ守らないといけないと思います。

    更に前任の人が出来なかったことをするのが後任者の使命だと思います。私も転勤になった際にはこの事例を忘れず頑張りたいと思います。

    目次に戻る⬆


    利益の出ない体質が荷主を遠ざける実態

  • 追加
  • 水産物を扱う中央市場や地方公設市場ではいまだに委託販売が行われています。委託販売と言うのは卸元の荷主さんが産地で競り落とした魚を、荷受け会社に希望価格で販売してもらう方法です。

    販売した荷受け会社は手数料として販売価格の5.5%平均の手数料という利益をもらっています。つまり荷受け会社はノーリスクで利益が得られるわけで、荷主さんは希望より高く売ってくれれば儲けが増え、安く売られると最悪赤字になります。

    近年の不況や販売ルートの多様化により、中央市場や地方公設市場での価格が下落しています。かつては荷受け会社の担当者は安く販売しても次は高く売ってくれるなどの信頼関係で荷主さんと結ばれていましたが、今では安く売りだしたら売りっぱなし状態が続き、市場と手を切る荷主さんも増えています。

    その結果、委託販売では魚を送らない荷主さんが増え、荷受け会社に対し買い取りでないと送らないというケースが多くなっています。荷受け会社は買い取ると高く売れば儲けが増え、安く売ると最悪赤字と言う荷主さんと同じ立場になってしまいました。

    この現状を普通の会社に置き換えると、取引先との信頼関係に繋がります。

    販売会社は少しでも安く仕入れたいと仕入れ元を値切ります。そして仕入れ元は利益が出ない会社とは取引したくないという現象が起きます。逆に適正な利益が出る価格で買ってくれる納品先とは強い信頼関係が生まれます。

    つまり取引先とは持ちつ持たれつでお互いが儲けてこそいい関係が生まれると思います。会社対会社の取引は結局担当者同士の関係で成り立っています。

    どちらかが一方通行では長続きしません私も今の取引が適正かどうかを今一度確認し、相手の事を考える取引をしたいと思います。

    目次に戻る⬆


    業績を伸ばした飲食店

  • 追加
  • 仕事をしていて、もっと仕事の質を上げたいと思ったことがある人はいるのではないでしょうか。やるからには良い仕事にして、結果にも残したいですよね。
    そこで業績を伸ばしたある飲食店の話をしたいと思います。

    その飲食店は開店当初、あまりお客さんが来なかったそうです。確かにどんな会社であっても、最初からいきなり業績が良い会社はそう滅多にないのではないでしょうか。
    もちろんその飲食店の人も最初は仕方ないと思っていたようですが、やはり業績が伸びないと、お店を畳まなければならなくなります。

    そこで飲食店の人は、何か打開策はないかと考えたそうです。そして思いついた打開策が『お店で悪いと感じたところについて、お客さんに聞く』という方法でした。
    確かに飲食店を利用するのはお客さんですから、いくら従業員から見て良いと感じたものでも、お客さんからして悪いと感じたものであれば、お客さんはお店に来てくれなくなりますよね。
    この打開策を始めてから、お店も徐々にお客さんが増えてゆき、お店の外に行列ができたり、もちろん業績も伸びていったそうです。

    仕事でもプライベートでも、質を良くするために自分で色々と試行錯誤して、自分なりの考えで改善していくことももちろん大事だと思います。ですがときには、他人が見て悪いと感じたところを教えてもらうことで、新たな道が開けることもあるのではないでしょうか。
    自分では分からなくても他人なら分かることもあるでしょうし、何かに行き詰ってしまったときは、他人にあえて悪いところを教えてもらうのも大事だと思いました。

    目次に戻る⬆


    情報伝達のスピードが想像を超える速さになっています

  • 追加
  • 一昔前まで流行は東京で始まり順番に大阪、名古屋などの都市に移り、地方で流行するまでにはしばらく日数がかかっていました。
    このような御時世から当時は、東京での流行をつぶさに調べ考え練り込んでから地方にもってくるという手法がとられていました。更に流行の期間も長く販売戦略も売れ行きが落ちだすまで時間がかかっていたので対策はうちやすい時代でもありました。

    しかしネット時代になった今、流行は瞬時に飛んできます。そしてあっという間に盛り上がって、あっという間に消滅します。
    特に食べ物関係は日本中の店から商品が消えるくらいあっという間に売れてしまいます。そして増産体制が整うと下火になり売れなくなってしまいます。企業にとっては対処しづらくなった時代です。

    過去に老舗の店が細々と作っていた商品がテレビで紹介されあっという間にネットで拡散しバカ売れしました。
    予約注文が自社の製造能力の1年分以上たまり、設備投資して増産体制を取った途端下火になり、設備投資した工場は閉鎖に追い込まれたことがありました。

    言い換えるとヒット商品を作ろうと思って研究して作り上げた商品より、口コミやネットで広がるヒット商品の方が圧倒的に多くなっています。また情報の伝達も非常に早く、円安になると輸入品が値上がるという情報が入ると、売れ筋輸入品はあっという間に売り切れたりします。

    こんな時代に私はなにが必要かを考えました。それは瞬時の判断です。かつては会議を重ね、順番に承認をもらい最終決定まで相当な日数がかかっていました。今の時代にそのような事をすると間に合わないと思います。思い立ったら瞬時に判断し、瞬時に決定することです。

    これが今後の企業に要求されるものではないかと思います。私も会社が少しでもこのようになるように力を注ぎたいと思います。

    目次に戻る⬆


    SCM

  • 追加
  • 今日はSCMについてお話ししたく思います。

    SCMとは焼き入れ用鉄鋼材のクロムモリブデン鋼のことではありません。
    サプライチエンマネージメントという英語の頭文字をとった言葉で世界的に使われている経営戦略的な言葉です。

    言葉的にはちょっと難しいようですがそんなことはありません。
    なるほどと得心する言葉です。
    全体最適化という意味です。

    私たちの工程の一部で時々せっかく機械に加工器具を取り付けたのだから、取り外しをする手間を考えた場合に、一回のの段取りでできるだけ多量の品物を作る方が単価が安く最良でしょうと言われることがありますね。
    果たしてそうでしょうか。

    必要なものを必要な時に必要なだけ作ることが良しとした場合、余分なものを作っていると思いませんか。
    その不必要なものを作るために消費された材料、時間、保管スペース、それらに掛かる費用、エネルギー、これらは無駄ですね。
    余分な時間がかかったことでスケジュールに遅延をきたすことになりお客様に迷惑をかけることになりませんか。

    このやり方を部分最適といい、自部署だけがいいと考える独善的な考えなのです。
    全体の最適を考えた時、これら材料、時間、保管スペース、費用等無駄を排除しなくてはなりません。

    もう少し突っ込みますと自分の会社だけでなく、系列、例えば子会社、グループ会社、取引会社までをも巻き込んでの、各々の会社がいいと思えるところをまとめて組織だたせたものを全体最適といい、この全体最適化の考え方を使って無駄をなくし効率的に仕事を進め、合理的で利益が出る管理を実施していくというものです。

    部分最適の考えを全体最適の考えに切り替えて今日一日いい仕事をお願いいたします。

    目次に戻る⬆


    ボトルネック

  • 追加
  • 今日はボトルネックについてお話したいと思います。

    受注から出荷までの一連の流れはスケジュールと呼ばれ数個の工程が連なっていますね。
    その各々の工程がしっかりと予定通り進まないと全体のスケジュールが乱れて納期遅れを起こし、最悪の場合は納品先のお客さんに迷惑をかけることになるわけです。
    納期遅れで被害をこうむったお客さんは当社を信用しなくなり注文を呉れなくなるかもしれません。
    これだけでは済まないかもしれません。

    当社が納期を守れないルーズな会社だと悪評が流れたりしたら死活問題です。
    納期厳守は大切なのです。

    遠足は皆さん幼稚園や小学校、中学校で経験していると思いますが記憶にありますか。
    何人かの生徒がだらだらしているとどうなりますか。
    出発場所から目的地までの所要時間がどのようになるでしょうか。
    隊列を組んで歩いた場合はどうですか。
    隊列の1人1人が順番は変わらずに歩いたとしたらどうですか。
    隊列の中の遅い人に引きずられて隊の前進は間延びして先頭から最後尾までの隊列が長くなり、所要時間も長くなってしまいますね。
    このことなんです。

    一連の行程中でその中の1つの工程、これが隊列の中の歩みの遅い子に相当するのですが、この遅い工程によって全体のスケジュールは当初の所要日数をはるかに超えた、納期遅れを起こしたことになるのです。
    どうしたら遅い子をサポートし全体を順調にすることができるでしょうか。

    回答を言いますと遅い子の前後の子が遅いこの手をつないで一緒に引っ張ってやることです。

    前後の子が遅い子に合わせる方法もありますがこれでは納期遅れを解消できませんでしょうし、受注にも結び付きませんね。
    前後の子の歩みに遅い子を合わせるようにしなくてはだめですね。
    実際には前工程からは仕事を遅い工程に押し込み、後ろの工程では遅い工程に催促をして仕事を後ろから引っ張ること、要は協力し合い監督しあった工程が必要だということですね。

    お互いに協力し合って、話し合いを多く持ちながら今日一日頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    JIT

  • 追加
  • 今日はJITについてお話したいと思います。

    JITとはジャストインタイムの略でして、意味するところは、ほしい時にほしいものをほしい量だけを提供するということです。
    製品を構成する部品が1つでも不足したならばその製品は組み立てられず予定通りに工程が進みません。
    製品ができなければ出荷できずお客さんは困ることになります。

    そのお客さんがただ迷惑するばかりかその先のお客があるならばそのお客さんもまた困ったことになってしまいます。
    私たちのミスが私たちのお客さんばかりかお客さんのお客さんへも迷惑をかけることになるわけです。
    ですからほしいものをほしい時にほしい量だけ提供する仕組みは非常に大切だということになるわけです。

    それではどうしたらJITがうまくいくかということですが、それは受注から出荷までの頭からしっぽまでのすべての各工程がしっかり把握され機能していなくてはなりません。
    この流れのことをスケジュールといいますね。
    このスケジュールが一気にスーッと流れなくては、つっかえていてはダメなんです。
    一気通貫していないとだめです。

    流れが十分に通るためには十分な幅のある通路の確保が必要ですね。
    ボトルネックって聞いたことがありますか。
    ラムネのビンでビー玉が止まっている部分が細っているのを知っていますね。あれです。

    100%の流れも細った部分で50%以下に落ちる場合がありますね。
    仕事も同じです。
    もし工程上にきつい部分がありましたら申告してください。
    至急に工程を強化しスムースな流れにする必要があるます。
    強化に際してはまた皆さんと話し合いの場を持ちたいと思います。

    今日はJITの大切さをわかっていただき工程の見直しをお願い致しておきます。
    以上、今日一日頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    ディズニーに学ぶCS

  • 追加
  • ディズニーランドは顧客満足度や人材育成の観点からビジネスの世界では大きな注目度を集めていますが、私もディズニーランドの経営理念や人材育成などの記事や本などを読み、共感した部分をひとつ皆さんにお話ししたいと思います。

    前提として、ディズニーランドの接客には徹底したマニュアルがあります。
    ベテラン・新人に関係なく、あの世界観を誰一人壊さないような徹底した社員教育です。社員・アルバイトの枠も関係はありません。

    マニュアルを完璧にこなすだけでも簡単なことではないのでそれだけで感心してしまうのですが、
    もっとすごいのは、顧客満足のためにその徹底されたマニュアルを崩すことをキャスト全ての人が躊躇しない、という点です。

    有名なエピソードですが、例えばこんなことです。
    パレードを待つ間、キャストがリードして皆で拍手をしながらパレードの開始を待ち盛り上げながら待つ「リーティング・ウィズ・クリッピング」という仕組みがあります。
    これは元々パレード開始まで子供がロープに触ったりして危険だったため、注意することなくそのいたずらな手を止めることができないか、と
    一人のアルバイトが提案したことが始まりで、それがいつしかマニュアル化されたものです。

    お客様に満足して貰うためのマニュアルだけれど、マニュアルを守るためにそれが成り立たないのであればそれを躊躇なく崩すことができる、
    これこそが本当のプロの仕事であるのだと思います。

    私自身、日々の仕事がルーチン化してしまい、マニュアルを変えるのには抵抗があります。
    でもこの話を知ってマニュアルに従っていれば安全、という考え方自体がとても危険なことだと気づかされました。

    組織である以上、簡単にはマニュアルは崩せません。また、マニュアルに従って仕事を進めるのが一番楽でもあります。
    でも私たちはマニュアルを守るために仕事をしているわけでも、楽をするために仕事をしているわけでもありません。

    自分のする仕事の先にいる人たちのために仕事をしているのだという自覚をしっかり持って、日々の業務に取り組んでまいりたいと思います。

    目次に戻る⬆


    キャッシュフロー

  • 追加
  • 今朝はキャッシュフローについてお話したいと思います。

    一時期新聞やテレビでよく聞かれたと思いますが、これはお金の流れのことです。
    お金の流れをよくして儲けよう言うわけです。
    無駄がたくさんあったら儲かっていると言えますか。
    儲かっていませんね。

    無駄を無くす様にと言われていると思いますが、これはお金の流れが悪くなるから注意されるのです。
    今すぐ使わないものを余裕時間があるから作り置きしようと、自部署の都合で仕事をしたとした時、そのために掛かった費用は実際に掛かっていますが、その作り置いたものが売れて儲かった形でお金を得るまでは、かかった費用分のお金が倉庫に眠っているだけで生きたお金とは言えませんね。
    使ったお金が速やかに儲かった形で現金収入になることがキャッシュフローがいいということです。

    また速やかに回収されたお金は再度同じように短時間で運用されたならお金はどんどん膨らんでいくはずです。
    言い換えれば決まった一定期間内のお金の流れをできるだけよくしようということです。

    決算書の中には3つのキャッシュフローがあります。

    営業活動で稼いだお金、設備投資や企業を買収した時のお金の出入り、借金の借り入れ返済等のお金の出入りです。借金が全くありませんと胸を張る会社もありますし、借金がない会社はいい会社のように思えますがそうばかりではありません。

    借金をして設備投資を積極的にし、積極的に買収もして生産性を上げ販売力を強化し、大きく稼ぎどんどん返済する、この循環を繰り返すことで飛躍的に成長できると思いませんか。
    そう考えた時、銀行の方から折り菓子を持って頭を下げてお金を借りてくださいと言われる会社になりたいと、皆さん思いませんか。

    キャッシュフローをよくするよう心掛けて仕事を頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    信頼は次工程への思いやり

  • 追加
  • 信頼は次工程への思いやり
    この言葉は今となっては誰が言い出したのか不明だが、我が社で代々引き継がれている言葉である
    時々の朝礼の話題としてもあがるので、なんとなくではあるが社内の基本理念の一つともなっている

    言うまでもなく、仕事というものは個人では完結出来ない
    前があり後ろがあり、その流れで進んでいく清廉な川のようなものである
    その流れの中で、一旦よどんでしまうと川底は汚れ、水面は濁り、やがて魚は死を迎える

    企業における川の流れを育むのは次に続く者達への思いやりである
    どんなに素晴らしいアイデアや情報でも、次工程に理解できなければただのゴミにしかならない

    例えば、開発現場が自分たちだけに伝わるワードで作成した仕様書を制作現場に渡す
    制作現場側は努力したものの結果、満足なものが出来なかった、あげくは納期が遅れたり不良品が発生したり、消費者からクレームが届いた

    これらの事象は、100%開発現場が悪いのである
    一語一語、誤解を招かない表現はないか、手順にムダ・ムラ、ムリはないか次工程の立場にたって見直すこと
    そのひと手間を惜しんではならない
    そして、そのひと手間が思いやりという社風を生み、信頼に包まれた職場環境にと変えていくのである

    大切なことは、思い込みではなく思いやりである

    思いやりは、企業組織という川の酸素や栄養にもなりえる
    川の行きつく先は海である
    同じく次工程の行き着く先は、最終顧客である消費者である
    川が豊かな海を醸成するように、次工程への思いやりで豊かな顧客を醸成していきたいものである

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    関連ネタ & スポンサーリンク