梅雨の時期に気をつけて欲しい事。

  • 追加
  • おはようございます。
    今日は5月も後半になり、もうすぐ梅雨の時期になります。
    そこで梅雨の時期に気をつけて欲しい事を伝えたいと思います。

    まず雨が多いので湿気で床が滑りやすくなってる事を頭に入れて行動して欲しいです。
    転倒で怪我をした人も実際にいますので、私は大丈夫と思わずに足下を確認してからの行動をお願いいたします。

    また車も雨の時はスリップしやすくなったりブレーキが効きにくくなったりします。
    梅雨に入る前に車のタイヤの点検等を行う事と普段よりもう一段安全運転の意識をもって出社と帰宅をして欲しいと思います。

    最後にもう1つ意識的にして欲しい事があります。

    それは梅雨の時期はどうしても気候的にモチベーションが下がってしまいます。
    なので対応策として扇風機を5台追加しました。
    後は各自タオルやハンカチ等で汗を拭き取って下さい。
    こうする事で少しはモチベーションを保つ事が出来ると思います。

    また皆さんの中で梅雨のモチベーション対応策で何か良い意見がありましたら何でも構いませんので各リーダーに伝えて下さい。

    少々長くなりましたが梅雨の時期は滑らずに怪我せず安全運転や安全点検で事故を起こさずにモチベーションを下げない為の工夫をしながら乗りきって行きたいと考えています。
    皆さんのご協力と安全に過ごし家族や一人の時間を満喫出来るのを願います。

    それを乗り越えれば夏の盆休みもすぐそこです。
    皆さん頑張っていきましょう。
    朝の朝礼を終わります。

    目次に戻る⬆


    風通しの良い職場作り

  • 追加
  • 先日、大学時代の友人とお酒を飲む機会がありました。
    彼は中堅どころの広告代理店で営業を担当しているのですが、この春に入社した第二新卒の若い男性の扱いに困っていると、こぼしていました。

    二十代半ばのその新人は、自分が主役の歓迎会で一言挨拶するよう求められた時、奈良時代の歌人、山上憶良(やまのうえの おくら)の作品を引用したそうです。

    たまに教科書にも載っているので、作者の名前だけ、うっすらと記憶にある方も多いと思いますが、歓迎会で引用されたのは、
    「憶良らは 今は罷(ま)からむ 子泣くらむ それその母も わを待つらむぞ」
    という作品でした。

    「不肖、わたくし、これにて、おいとまさせて頂きます。
    家で子供が泣いておりますし、おそらく妻も、首を長くして、わたくしの帰りを待っているでしょうから」
    というような意味だと解説した後、その若者は、

    「自分も作者と同じ境遇なので、お先に失礼します」
    と薄笑いをうかべながら言い放ち、さっさとその場を後にしたのだそうです。

    僕はこの歌は知りませんでしたが、同じ山上憶良が作った、
    「銀(しろがね)も金(くがね)も玉もなにせむに 勝れる宝 子に及(し)かめやも」
    という作品を覚えていました。

    簡単に言うと、我が子に勝る宝はなし、という内容です。

    そんな子煩悩な憶良は、ユーモラス、かつ毅然とした態度で、飲み会の席を早々に立ったのでしょうが、当時、周りの反応はどうだったのでしょうか?

    僕の友人は部下に対し、「プライベート重視にも程がある!」とかなり怒っていました。
    しかし僕は、その見事なまでの潔さに、微かな感動すら覚えていました。
    同時に、ちょっと考えさせられました。

    勿論、その新人くんの態度は褒められたものではありませんが、人それぞれ、いろんな事情があります。
    例えば、家族に病人がいたりすると、残業や、飲み会への参加が難しくなりますよね。
    そして、そういう状況は、職場でなかなか相談しづらいですよね。

    僕はこの部署にも、もしかしたらそういう問題で悩んでいる社員がいるのでないか、と心配になったのです。

    皆さん、どうでしょうか?
    もし、そういう状況の人がいるのなら、どうか勇気を出して、僕なり、他の同僚なりに相談して下さい。
    現在、何も問題がなくても、いつか同僚に助けを求めなければならない状況に陥る可能性がないとは限りません。

    『お互い様』という言葉があります。

    仲間の窮状を理解し、受け入れる余裕と、優しさを持ちたいものですね。
    勿論、助けられる側は、申し訳なく思う気持ちと、謙虚に感謝する気持ちを忘れてはいけません。

    互いに協力し合える、風通しの良い職場を一緒に作って行きましょう。
    それが、パフォーマンスの向上にもつながると、僕は信じています。

    目次に戻る⬆


    誰にでも伝わりやすい文章を書くために

  • 追加
  • 先日、新聞記事を見ていたところ、興味深い記事を見つけました。
    その記事には、日本語の、最近使われるようになった言葉の認識率が取り上げられていました。

    例えば、「告白する」という意味の「告る」、「電子レンジで温める」という意味の「チンする」、といった言葉が、年代別でどのくらいの認識率なのかというのが取り上げられていました。
    「告る」「チンする」という言葉は若者世代では100%の認識率でしたが、若者にとっては認識率が高くとも、高齢者の認識率が80%を切っている言葉もありました。
    先ほど挙げた「チンする」という言葉は認識率が80%でした。
    この結果に私はとても驚きました。

    若い世代が当たり前に使っている言葉で、高齢者の認識率が80%であっても、あとの20%は意味が分かっていないのです。
    この記事を読まないとこのことに気付くことができなかったと思います。

    自分自身のことを考えてみると、私は高齢者の方に親切な仕事ができているだろうかと思いました。
    現在、仕事でお客様だよりを作成することがあります。

    料理コーナーを設けることがありますが、今まで「チンする」という表現を使ったことがあると思います。
    他の言葉も、「全ての人に伝わる言葉」で書けていただろうかと自分自身に問いかけると自信を持って首を縦に振れません。

    誰にでも伝わりやすい言葉、分かりやすい言葉で文章が書けているか、もう一度原点に立って考えていこうと思いました。

    目次に戻る⬆


    10・10・10の法則について

  • 追加
  • 「10・10・10の法則」とは、帝国ホテルの元社長、藤居寛さんが語られた名言です。

    ホテルでは、ドアボーイがお客様をお迎えし、それぞれの持ち場のスタッフが連携を取りながら、お客様が心地よく過ごせるようなおもてなしをし、最後にまたドアボーイがお見送りをするという一連の流れがあります。
    この過程でどこか一つでもミスがあれば、他のところでどんなに素晴らしいサービスを提供しても、全てが台無しになってしまうのだ、ということを藤居さんは説いています。

    その中で、信用を築くには10年、かかる、しかし、信用を失うのはたった10秒、失った信頼を取り戻すには10年の月日が必要だと言っています。
    これが、「10・10・10の法則」です。

    これはサービス業だけではなく、どの職種でも当てはまる法則だと考えます。

    例えば、普段は真面目に仕事に取り組んでいるのに、1回遅刻してしまったら、信頼を取り戻すために何倍もの成果を出さなければなりません。
    また、気の緩みからミスをあげてしまうと、取引先からそっぽを向かれてしまい、改めて取引をしてもらうためにとても苦労することだってあるはずです。

    信頼を築くのは大変だけれども、壊すのは一瞬です。
    そして、一度壊れた信頼関係を取り戻すにはまた長い年月がかかります。

    そのため、いつでも、どのような仕事でも、最高のパフォーマンスをしようという気持ちで取り組むことが大切になると思います。
    そのことを肝に銘じて仕事に取り組んでいきたいと思います。

    目次に戻る⬆


    あながち馬鹿にできない話

  • 追加
  • 地震予知ってなかなか難しいらしいですね。

    地面に刺した地震観測アンテナが何度も微震を観測したからといって人が感じる大きさの地震が来るわけでもなく、ならばと宇宙を飛んでいる人工衛星で地球から発せられる電磁波を感知して警戒していたとしても、大きな地震がくるというわけでもない。

    最近ではSNSで、不思議な形の雲や長く繋がっている雲の画像が「地震雲」としてUPされることが増えている。
    たまたま一週間以内に地震が起これば「やっぱり」となるわけだが、騒がれたとしてもなかなか地震が起こらないものだ。
    それはそれで安心なのだが。
    ただ、地震予知にはならないとしても、警戒したり、備蓄の用意をしたりするキッカケにはなっているだろう。

    では、地震予知は無理なのか。
    有名どころの話では、動物や昆虫が一斉に移動していると地震が起こる、カラスがうるさく鳴いていると地震が起こるなどがある。
    実はこれはあながち馬鹿にできない話だと思う。

    うちにはコリドラスというナマズをコロっとさせたような熱帯魚とイモリがいる。
    コリドラスは10匹、イモリは2匹、それぞれ別の水槽で飼っている。

    普段は水槽の中で、お互いバラバラな位置でぼんやり過ごしているのだが、ある日コリドラスが水槽の中を一列にくっつくように綺麗に並んでいた。
    隣の水槽では、2匹のイモリが小さな壺を倒した置物の中に一緒に入り、体を寄せ合って顔だけ出していた。
    その珍しい光景に思わずシャッターを切った。

    翌日、東日本大震災が起こった。
    その後何度か大きな余震がしばらく続いたが、比較的大きな地震が起こる前日に、同じようにコリドラスやイモリ達は体を寄せ合い、並んでいる光景を目にした。
    もはや偶然ではないのではないかとさえ思えてくる。

    人間では到底感知できない「何か」を、この、小さな動物達は感知できているのかもしれない。

    目次に戻る⬆


    宇宙飛行士の宇宙での生活

  • 追加
  • 国際宇宙ステーションの中の宇宙飛行士がどのように生活しているか知っていますか?

    国際宇宙ステーションの中は、いわば無重力です。
    無重力だと人や物は重力がないのでプカプカ浮いてしまいます。
    実験をしたり、食事をするときに使う道具も、当然プカプカ浮いてしまいます。

    使いたい時にそこにない、さて、どうしたらよいでしょう?

    国際宇宙ステーションの中では、宇宙飛行士が使う道具や壁、服にはほとんどマジックテープが付けられており、使う道具をペタッとくっつけておきます。
    これで無くすことはありません。

    では、寝るとき、宇宙飛行士の身体はどうなるでしょうか?

    フワフワ国際宇宙ステーションの中を浮かんで漂うのでしょうか?実は、壁に付けられた寝袋の中に入り眠るのです。
    その姿はさながら「ミノムシ」のようです。
    これで安心して眠れるのです。

    では、トイレはどうでしょうか?

    道具や体でさえ浮いてしまう空間の中で、尿や便はどうなるのか…?
    当然浮いてしまいます。
    宇宙飛行士たちは地球にいる間、宇宙でのトイレの訓練に真剣に取り組まなければなりません。
    もし飛び散ってしまったら…大変なことになります。

    ではどのように用をたすのでしょう?

    尿はトイレに接続されたホースに、便はバキュームを使って吸い込みます。
    でないと四方八方に飛び散ってしまうからです。
    地球で行うトイレの訓練はかなり大変な上に、難しいミッションだそうです。

    では、トイレで集めた汚物はどう処理するのでしょうか?

    トイレに設置された容器の中に汚物を貯め、国際宇宙ステーションに物資を届けた補給船の中に、不要になった生活用品とともに汚物を詰め、大気圏に突入させて燃やすことで処理をします。

    目次に戻る⬆


    お奨めのスーパーフード

  • 追加
  • 数年前から、スーパーフードという言葉を頻繁に耳にするようになりましたよね。

    ダイエットやアンチエイジング、健康維持に効果があるという事で、世間の注目を集めています。

    その数は数十種類にも及びますが、皆さんは何か、試した事ありますか?
    かくいう私は根っからのミーハーでして、テレビで、芸能人やモデルが、これを食べて体型を維持している、とかいう話を聞くと、つい真似をしてみたくなってしまうので、既に十種類近く試しました。

    今日はそんな私が現在ハマっているスーパーフード、ベストスリーと、そのお奨めの食べ方を紹介したいと思います。

    第三位はタイガーナッツです。

    正直、まだ知名度は低いです。
    でも、これから絶対ブームが来ると思います。
    見た目や味はいかにもナッツっぽいのですが、実はカヤツリグサという植物の根っこ部分に出来る物で、野菜の仲間になるそうです。
    食物繊維が豊富で、血糖値の上昇も抑えてくれるという話です。

    ただ、カロリーがやや高めで、値段も結構するので、私は一日20粒を限度としています。
    噛み応えがあり、噛めば噛むほど甘味が増して、美味しいですよ。
    スナックの代わりにもなると思います。

    第二位はスーパーフードの先駆けとも言えるココナッツオイルです。

    私は最近、ご飯を炊く時いつも、一合につき小さじ二杯のココナッツオイルを入れるようにしています。
    糖の吸収を抑える効果があり、カロリーも半分になるそうなのです。

    最初は甘い匂いを感じますが、慣れると全然気にならなくなりますよ。
    炒め物に使ってもいいですね。
    デパートやスーパーで簡単に手に入るのも、魅力です。

    第一位はチアシードです。

    ココナッツオイルに比べると、売っている場所が少ないので、いつもネットで買っています。
    食物繊維と、老化を防ぐ抗酸化物質を多く含んでいるという事です。
    水分を含むとゼリー状になって膨らんで、満腹感が得られます。
    私はいつも夕食前に、ヨーグルトと一緒に頂いています。

    三個とか四個がセットになっているヨーグルト1パックに対し、大さじ一杯のチアシードを混ぜ、10分ほど置きます。
    食前に頂くと、確実に食べ過ぎを防いでくれますすよ。

    実際、私はこの三つのスーパーフードのおかげで、ほんのちょっとだけ痩せたんですけど、皆さん、気づいて下さっていましたでしょうか?
    体質によっては、お腹が下がる場合もあるそうなので、注意が必要ですが、良かったら試してみて下さいね。

    目次に戻る⬆


    子供の時を思い出して

  • 追加
  • いきなり私事で恐縮ですが、私には幼稚園になる息子がいます。

    この春に幼稚園に通い始めました。
    初日はもう幼稚園の前で大泣きをしまして。
    先生に抱きかかえられて連れていかれました。

    2日目も大泣きをしたんですが、鼻水を垂らして大声で叫びながら、でも、自分で歩いて幼稚園の中に入っていきました。

    3日目は目に涙をいっぱいに溜めながら、唇を噛んで我慢して、とぼとぼ歩いていきました。

    4日目にはもう元気に自分から先生のもとへかけていきました。

    子供ってすごいなぁって思うんですよ。
    自分の子供だからじゃないですよ。
    他の子もみんな1日1日めまぐるしく変わるし、驚異的なスピードで成長していくんですよ。

    このあいだまで靴も自分で履けなかったのに、もう今は自分で着替えまでできる。
    おはようも言えなかったのに、帰りに「さよならー」って先生に手を振っている。

    昨日できなかったことが、今日にはできる。
    今日できなかったことが、明日にはできる。

    すごいなぁっておもって見ていて気づいたんです。
    楽しそうだなぁって。

    毎日毎日身の回りのすべてのことに興味をもって、「あれなに?これなに?」とか、「どうして?なんで?」って何もかも知りたがる。
    友達がやっていること、先生がやっていること、全部「僕も、私も」ってやりたがる。
    知ることが、新しいことが楽しくてしょうがないんでしょうね。

    5月はちょうど5月病なんて言われるように、少し仕事が嫌になったり、気分が落ち込んだりすることも多い時期ですが、少し思い出してみようと思ったんです。
    子供たちを見て。

    毎日新しい何かを知ることができる。
    毎日少しずつ何かをできるようになる。
    毎日少しずつ前に進むことができる。
    そしてそれを楽しいと思うことができる。

    まぁ子供のようにはちゃめちゃに、というわけにはいきませんが、自分次第で少し目線を上に、日々を楽しくハッピーにはできるかなと。

    ルーチンになってしまったり、少しゴールを見失ってしまっていることがある人は少し、子供のような無邪気さをちょっと思い出してみてください。

    一緒に楽しく働きましょう。
    子供たちに負けないように。

    目次に戻る⬆


    花粉症についての話

  • 追加
  • 春といえばそろそろ花粉症が流行り出す時期ですよね。
    花粉といえばスギ花粉が一般的ですが、日頃の花粉症対策にはどんな事をしたら良いのでしょうか。

    まずは一般的にはマスクが基本だと思います。
    でもただマスクをしても効果は半減してしまいます。
    マスクはまずは自分の顔の大きさに合ったものを選ぶこと、そしてほっぺたや鼻筋に隙間を開けないようにマスクをフィットさせて付けるのが花粉を防ぐ正しい付け方です。

    そして外出した時には着ている服に花粉は付いています。
    なのだ、室内に入る前に上着やコートを脱いでほこりを払うように花粉を落としてから室内に入りましょう。
    それだけで外から花粉が入るのを防げます。

    そして花粉症は日頃の食事でも改善が期待できます。
    その中でオススメなのがヨーグルトです。

    ヨーグルトといえば整腸作用がありますが、腸がキレイになると体の免疫がアップできるので結果的に花粉症にも負けない抵抗力を身につける事が期待できます。
    花粉症が気になる方は毎日ヨーグルトを食べるのが良いようです。

    また花粉症についてこんな面白い実験があったそうです。
    花粉症と診断されている人を部屋に集めて、スギ花粉が飛散している画像をみせる実験をしました。

    すると部屋に実際にスギ花粉が無くてもくしゃみや鼻水が出てきたという実験結果が出たそうです。
    梅干しを見るだけで唾液が出てくるという理論と同じなんですね。

    なので私花粉症かも?と思ってる人ももしかしたらただの思い過ごしかもしれないので、気になる方は一回診察を受けてみると安心ですね。

    目次に戻る⬆


    北海道の面白い方言

  • 追加
  • 季節はいよいよ夏をむかえますよね。

    ジメジメして暑い夏、そんな時に涼しいところに行きたくなりますが北海道は行きたい観光地でも上位に食い込みます。
    そんな北海道には面白い方言がたくさんあるのをご存知ですか?

    有名なのが「なまら」ですよね、とても、すごいという意味があり「なまら美味しい!」などと使います。

    その他には「じょっぴん」という言葉もあります。
    なんだが分かりませんよね?これは「鍵」といういみで、外出時に「じょっぴんかっといて」と言うそうです。

    他には寒いということを「しばれる」と言います。
    「今日とっても気温低くてしばれるねー」なんて言うようです。

    北海道ではゴミを捨てるとは言わず「投げる」と言います。
    とある本州から北海道へ転勤したら人が、テレビをゴミに投げといてと言われて、本当にテレビを投げてしまったなんていうびっくりな話もあらます。
    その人は恐らく何度も「本当に投げてもいいんですか?」と確認したことでしょう。

    さらに北海道ではゴミ捨て場のことを、「ゴミステーション」と呼びます。
    ステーションってなんだかかっこいい響きですが、「今日はゴミの日だからゴミステーションにゴミ投げといて」と言われてもさっぱり意味不明ですよね。

    全国各地に色んな方言がありますが、もし皆さんが北海道に旅行したときや、北海道出身者の方とお話するときには、今日お話しした北海道便をぜひ使ってみてくださいね!きっとグッと親近感が湧いてきますよ!

    目次に戻る⬆


    夏の定番!そうめんと冷麦

  • 追加
  • 皆さん季節はもうすぐ夏ですよね。
    夏の食べ物と言ったらそうめん、冷麦なんかを思い浮かべる方もいらっしゃると思います。

    皆さんどちらも食べたことがあると思いますが、何と無く味は同じだと思ったことはありませんか?

    じつはそうめんも冷麦も材料は小麦粉、水、塩と同じものから出来ているのです!細かい製法などは異なる部分はありますが、材料が同じだと味も同じなのは納得できますよね。

    ではそうめんと冷麦が決定的に異なる点はどこだと思いますか?それはズバリ太さです。

    消費者庁ではそうめんは直径1.3ミリ未満のもの、冷麦は直径1.3ミリから1.7ミリ未満のものと定義しているのです。
    消費者庁の分類としてもそうめんと冷麦は細さでしか分類してないのですね。
    さらに付け加えると直径1.7ミリ以上のものをうどんと定義しているようです、同じ材料でも呼び名が細さだけで変わるのは面白いですよね。

    そうめん、冷麦は乾麺で茹でないと食べられませんが、夏の熱い時に汗だくだくで茹でるのは地獄ですよね。
    そんな時にとっても最近便利な商品も出ているようです。
    流水麺と言って、なんとゆでないでそのまま水にさらせば食べられる加工済みの麺が発売されているようです。

    そうめん、冷麦が茹でずに袋からザルに開けて水でゆすぐだけで後はめんつゆを用意するだけなので料理が苦手な人でも簡単に食べられますね。

    皆さん今日はそうめんと冷麦が食べたくなったのではないでしょうか、昼食にぜひいかがでしょうか?

    目次に戻る⬆


    UFOじゃ…ないんです!

  • 追加
  • テレビやYouTubeなどで見かける「夜の空を移動するUFO」、実はほとんどが「国際宇宙ステーション」、いわゆる「ISS」なんです。

    ヒュンヒュン移動したり、発光体が分散したりするものは正体はわかりませんが、一つの明るい星のような点が、一定方向に3分くらい移動してフッと消えたら、それは「国際宇宙ステーション」です。

    「国際宇宙ステーション」って何か知ってますか?

    「国際宇宙ステーション」とは、地上から400km離れた宇宙空間で、地球の周りを一周90分で回っています。

    この「国際宇宙ステーション」、実は肉眼で見ることができるのです!
    「国際宇宙ステーション」は、条件が合えば日の出前や日没の前後2時間に見ることができます。

    いつ見られるの? それはJAXAのホームページで10日先まで肉眼で見られる日時と方角の情報が掲載されているので、その時間に合わせてその方角を見れば、自分の目で見ることができるのです。

    何がすごいって、このJAXAのホームページで出されている目視できる日時が、秒単位で載っていて、しかもズレがないんです!
    実際電波時計見ながらその方角をベランダで見てたら、ピッタリその秒数に、載っていた方角から「国際宇宙ステーション」が空に現れたのです!

    肉眼で見える「国際宇宙ステーション」は、写真で見るような羽が何枚も付いている形ではなくて、星の中でもひときわ明るい「金星」波の明るさで、飛行機並みの速度で約3分間見ることができます。

    肉眼で見られることはあまり知られていないので、ほとんどの人が「UFO」と勘違いしてしまいます。

    まるでゆっくり流れる流れ星のような「国際宇宙ステーション」を、友達や家族と一緒に見たり、はたまたカップルで見ればロマンチックに、内緒でその時間に教えれば相手を驚かすこともできるかも!

    目次に戻る⬆


    筋肉痛の本当の原因

  • 追加
  • 皆さん運動は好きですか?好きでも嫌いでも一度は絶対に経験があるのが筋肉痛です。

    久しぶりに運動した時や普段運動しているけど、その時だけ過度に動いてしまった時に発症する嫌な痛みです。
    よくダイエット始めた人が、三日坊主になる原因がこの痛みであることもあるそうです。
    やる気満々で始めたが、痛くて痛くて運動控えていたらいつの間にかやらなくなっていたと。

    ではなんで筋肉痛が発症するかご存じですか?昔から言われているのは、運動したことで生み出される乳酸が原因だとのことでした。
    なので中には乳酸飲料を飲んだら筋肉痛を誘発するなんて信じている人も聞いたことがあります。

    実はこれ嘘です。
    運動科学分野では既に実証されているんです。
    確かに乳酸は運動したら分泌されます。

    それは確かにパフォーマンスを下げますから厄介ではあります。
    しかし、その乳酸は運動を終了してから数時間後には身体からなくなっているんです。
    多くの皆さんがかつて経験した部活動、運動部の人は経験済みと思いますが、必ず練習最後は軽くランニングしたり体操したりします。

    これの理由は、乳酸などの老廃物の蓄積量を早く下げるためなんです。
    事実運動生理学の実験でクールダウン有り無しで検証済みで、クールダウンありの方が乳酸値が早く下がることが立証されています。
    要するに乳酸は筋肉痛の原因ではないのです。

    では何が原因なのか、それは筋繊維が傷ついたことが原因なのです。
    運動をすると自然と筋肉を使います。
    その筋肉は筋繊維の束で構成されています。

    その繊維が普段慣れない負荷によって傷ついて炎症を起こすのです。
    これが筋肉痛の原因と言われています。
    筋肉痛を早く治すはっきりした方法は確立されていませんが、徐々に負荷をかけながら運動を始めれば筋肉痛を抑えることができます。

    目次に戻る⬆


    あなたの居住地は大丈夫ですか?

  • 追加
  • 昨今、地震が頻繁に発生しています。

    先月発生した熊本地震、5年前の東日本大地震と安心して暮らすことが難しくなってきています。
    日本は地震大国ですから、どこに行っても住んでも地震に遭遇し、被災する可能性はあります。

    そして先日ある内容の記事を読みました。
    それは地盤です。
    活断層が近くにないから我が家は安心と思っていませんか?それは間違いです。

    実は日本は大昔から居住地のために埋立を数多く行ってきたのです。
    しかしそれは大昔の話ですので、詳しい人は今はいませんが、その代わり、土地の名前に名残があるんです。

    例えば東京都、大地震が発生する可能性が高いと昨今言われていますが、東京都は元々沼地が多く、それを埋め立てて、人々が暮らしているんです。
    代表的な名前が池袋です。
    地名に池が入ってますのでかつて池が存在したことを意味します。

    おそらく居住地のために池を埋立てたんだと思いますが、もちろん埋立地ですから地盤はそこまで強くありません。
    その他にも沢や荻などが上がっています。
    駒沢や荻窪などがそれにあたります。

    それらの漢字が入る土地は、地盤が軟らかいので、地震の際に、建物が傾いたり、倒壊する危険性が増しますので要注意なのです。
    それらの土地には既に沢山の人がすんでいますから、該当する人に今すぐ引っ越せとは言えません。
    しかし耐震補強や防災グッズの準備など、大地震が発生しても最小限の被害で抑えられるような工夫が必要になります。

    目次に戻る⬆


    ビールの美味しい注ぎ方

  • 追加
  • みなさん飲み会などでは必ずビールを飲まれると思います。
    その際にビールの注ぎ方1つでだいぶ味が変わってくることをご存知でしたでしょうか。
    お店などで初めからグラスに注がれて出てくる場合は試せませんが、瓶ビールを注文した場合や、家で飲む際にぜひ今からお伝えする「三度注ぎ」という方法を試してみてください。

    まずはグラスを机の上に置き、ビールをグラスの底に叩きつけるようなにしてグラスの3分の1ほどまで注ぎます。
    この時当然泡が大量に発生しますので、この泡が半分ぐらいになるまで、およそ30秒ほど待ってください。

    少し時間がかかると思われるかもしれませんが、おいしいビールを飲むためにここはぐっと我慢です。
    次にビールを普通に注いでいくのですが、この時は泡がグラスのふちを少し上回るぐらいのところまで注ぎます。
    ここでも泡がおさまるまで少し待つ時間が必要ですがここまでくれば残りはもう僅か、おいしいビールは目の前です。

    最後にグラスから泡がこぼれ出ない程度にビールを注ぎ足します。
    これで「三度注ぎ」の完成です。

    三度注ぎで入れられたビールは苦味や雑味が少なく、非常に飲みやすいです。
    また、最初に大量の泡を発生させているので炭酸も少し抜けておりお腹にもたまりにくいです。

    注ぎ方を変えるだけで苦味や炭酸の程度も多少コントロールできますので、気になる方は私までお気軽にお尋ねください。
    みなさんも三度注ぎをマスターして飲みの場の注目を集めてみませんか?

    目次に戻る⬆


    健康は考え方から。

  • 追加
  • 最近、健康について思うのはその人の思考回路からきているのではないかと気付きました。

    脳科学者ではありませんが、考え方によってその人の体の状態が表に表れています。
    周りの人をみても、明るくてあまりクヨクヨしない人はみるからにはつらつとしています。
    逆にいつも悩み事や、不平不満をもっていて表にはだしませんが、健康状態がすこぶる悪いので
    この人は体が不健康というよりも、心が不健康なんだなとわかってしまいます。

    体が少し悪く手術や入院しても、心が健康な人たとえば明るく前向きな人は回復力も早かったりします。
    多少の風邪ぐらいでしたら、ほんとに気合で治したりする人もいます。
    こんな人まわりにいませんか。

    よく見回してみると家族の中にもいたりしますが、
    同じ環境で育ってしまっているので、家族は意外とわかりづらいかもしれません。
    思考回路が同じになってしまっているからです。

    いくら健康になりたいからといって、明るく、前向きに考えようと思っても
    困ったことに育った環境や教育により、考え方はそんなに急には変えられません。
    そして本人自体気付いていないのですから、ますます病気の不安に気持ちが向いてしまい益々不健康になるという悪循環に陥るわけです。

    思考回路を簡単に変えられるスイッチが人間についていていたらいいですね。
    健康を押したら、思考が健康に向くなんてすばらしい装置を発見したら、病気が未然に防げるかもしれません。
    健康について考えてみると、奥が深そうです。

    目次に戻る⬆


    健康で長生きのために心がけたいこと

  • 追加
  • みなさんご存知の通り日本は超高齢社会、医療の進歩や食生活の変化・少子化などの影響で平均寿命は年々伸びており2014年のデータで男性80.50歳 女性86.83歳です。

    健康寿命という言葉をご存知でしょうか

    [健康で自立する生活ができ、病気などで制限がない]

    ことを指し、2013年のデータで男性71.11歳 女性75.56歳です。

    長生きするなら家族や他者のお世話にならずに健康で生活し、ある日ぽっくりころっと亡くなる。所謂ピンピンコロリが理想だと誰しも思うのではないでしょうか。
    80歳目前の知人の母親も風邪などで体調を崩すと、「あんた達に迷惑かけないようにころっと逝きたい。」とよく口になさるそうです。

    では健康で長生きするにはどのようなことに心がけていたらよいのでしょうか?
    足腰が弱ると徐々に行動範囲が狭まり、ましてや骨折で一度臥床を余儀なくされると回復が困難になってそのまま寝たきりになったり、認知症のきっかけになったりもします。

    現在は交通手段が発達し歩く機会が減ってきています。
    余裕のある時に一駅分歩くとか自転車を早こぎする、マンションなら2階分は階段昇降するなど普段の生活場面で足腰を鍛える機会を作るのも手段のひとつです。

    食事は、[野菜を多め塩分控えめにバランスよく・3食規則正しく食べる]が王道でしょう。

    しかし学者の中には日に1食で十分という人もいますし、食べたい物を食べたい時に食べるのでよいと唱える人もいます。
    偏食やカロリーの摂り過ぎは、生活習慣病の要因になりかねないので注意したいですが、あまりに健康によい食品や食べ方に囚われると、かえってストレスになる気がします。
    高齢になると小食になり肉類は段々体が欲っさなくなると聞きますが、介護に携わっている知人の経験では、90代元気な高齢者は好物が肉類という方が多いそうです。朝からでも塩コショウをふった牛ステーキやしっかり味のついた焼き肉を召し上がるそうです。

    足腰を丈夫に保つこと・あまり細かく考えずおいしく食事する。が体の健康には大事なことかなと感じます。

    目次に戻る⬆


    花粉症

  • 追加
  • 毎年ですが、私は花粉症から風邪をひきます。
    もともと敏感な方なので、花粉症は毎年なりますが、毎年と言っていいほどそこから風邪をひきます。

    花粉症にかかったかな?っと気づくのは、朝起きたときに目が若干かゆく、顔全体も少しかゆく、次第に鼻がムズムズしてくしゃみが出た時です。
    あぁ花粉症が始まった。っと毎年思いますね。
    そこからだいたい3ヶ月ぐらいはずっと花粉症が続きます。

    それから咳が徐々に出てきますね。
    最初は花粉症なのに何で咳が出るんだろうと思ってましたが、病院に行くとその謎が解けました。
    花粉症になると、鼻水が出ますね。その鼻水には花粉症が少しまじってるわけで、鼻と喉は繋がってますよね。
    なので、その花粉が喉にいくわけです。

    そして喉から炎症を起こし咳が出るわけなんです。
    もともと気管も弱いので、まぁしょうがないですね。
    咳はそこから3ヶ月ぐらいは続きました。計半年です。

    一年の半分も花粉症と風邪で過ごすなんて。っと思いました。

    それからは、昨年ぐらいからですが、毎年花粉症の季節は市販の薬などを飲んでいることが多かったんですが、現在はきちんと病院に行って、体の元から花粉症を退治するようにしています。
    家族は私入れて4人なんですが、やはりみんな毎年決まって花粉症になります。遺伝なんでしょうかね。

    全く花粉症にならない方もおられますが、ほんと私からみたら不思議ですし、羨ましいです。
    まぁ花粉症とは一生の付き合いですね。

    目次に戻る⬆


    行動すること

  • 追加
  • おはようございます。
    入社10年目の〇〇でございます。

    入社して10年が過ぎ、日々の業務から多くのことを学び、私なりに変化をしてきていると実感しております。
    その中でも一つ本日、お話したいのはベルトの穴のことです。

    22歳でわが社に入社し、現在32歳。
    私のおなか周りは順調に成長し、ベルトの穴が2つ分ほどになりました。

    そこで、私、一念発起いたしまして、最近はやりのライザップ・・・とはいきませんが、地域のスポーツジムへ行ってみることにしました。
    本来であれば、トレーナーのつくようなジムに入会費、月会費を支払えば、通わざるを得ない状況になるというものですが、今回はまず行ってみたという私の行動力のほうを評価していただければと思います。

    さて、地域のジムと言いましても、様々な器具がおいてあり、そこで、2時間ほどバイクに乗ったり、ランニングマシーンで走ったりと、久しぶりの汗を流し、気持のよい時間を過ごしました。
    学生のころ以来、積極的なスポーツはしてきませんでしたので、体が動くか心配ではありましたが、汗をかくことがこれほどまでに気持のいいものだったとはと、改めて思いだし、回数券を購入して帰るほどでした。

    また、その施設には、トレーニング雑誌が多数置いてあり、バイクに乗りながら読んでいる利用者がおりましたので、せっかくなので、私も日ごろ読まないこの手の雑誌に目を通してみることにしました。

    その雑誌には、20代から30代へ体型が変化していくうえで、必要な栄養素が書かれておりました。
    この大きく成長したおなかを凹ますために必要な栄養は・・・と読み進めていくと・・・
    糖質の代謝を促すビタミンB2とあるではありませんか!

    食べる量を減らさずに、たくさん代謝してしまいたいと、私の中で名案が思いつきました!
    ビタミンB2は豆類に多く含まれるということで、帰りに納豆を買って帰ったのは言うまでもありません。
    さらに、糖質の代謝が促進されると、午前中の眠気が妨げられるというではありませんか!
    これで、私の午前中の業務のパフォーマンスも向上すること間違いなしです!

    健康が気になって、ジムへ行くという1歩を踏み出せたことで、多くの学びを得ることができました。
    今後も、業務内外に問わず、積極的な行動で、自身の成長につなげていきたいと考えております。

    目次に戻る⬆


    私の日々の取り組み

  • 追加
  • 皆さんは日々取り組んでいることはありますか?

    仕事が忙しい、時間がない、面倒だ、今更何をしていいのかわからない。
    など新しいことへ取り組むことはなかなかたやすい事ではありません。
    しかしすぐにできて、お金もかからずに道具も必要なく、今日から始められるものがあると言ったら皆さんどうしますか?

    私が今実践していることをひとつお話しします。
    私は今駅を降りて毎日会社まで歩いています。これを平日は毎日続けています。

    毎日続けることはたやすい事ではありませんが、健康であってこその人生ですし、仕事であります。健康でなければ何もでできません。
    また、大事な家族を守ることもできません。
    仕事においてもこつこつ毎日何かを続けることは、とても大事になってきます。
    自分自身何も継続してできていなかったらきっと、仕事においても大きなことはできないと思います。

    このような理由から私はどんな日でも毎日歩く事を実践しているのです。
    時には「今日はバスで行きたいな」と思うこともあります。
    しかし、継続は力なりを自分自身に言い聞かせてどんな時も続けようと思っています。
    最近では歩かないとなんだか調子が悪くなった気がします。

    それともうひとついいことは、歩いているとゆっくりと時間が流れていろいろなことを感じることができます。
    季節感であったり、人の流れであったり、またほんの数十分ですが歩きながら私はいろいろなことを考えることができるのでとても貴重な時間です。
    仕事の事、家族のこと、時には何も考えずにぼ~っとしていることもありますが。

    しかし、この貴重な時間で私はリフレッシュができまた、朝からとても気持ちの良い気持ちで会社へ向かうことができます。
    皆さんにもぜひおすすめしたいと思います。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク