ダイエットに良いランニングのタイミングはいつ

  • 追加
  • ダイエットのためにランニングをしている人は多くいらっしゃると思います。

    しかしダイエットのためのランニングに効果の高いタイミングというものがあります。
    せっかくランニングをするのであれば効率の良いタイミングを選んで効果を高めたいですよね。

    さてその一番良いタイミング、それは朝です。

    朝に身体を動かすことで脂肪燃焼だけではなく、体内時計もリセットされます。
    すると朝から活動的になりますので、結果として1日を通して脂肪燃焼が進みやすくなります。

    また、食事のタイミングも重要です。
    ダイエットを目的とするのであれば、ランニングの前に食事をすることをお勧めします。

    その理由はエネルギーが関係します。
    ランニングで脂肪が燃焼するのは走りはじめて20分ほどからです。
    しかし空腹状態で走ってもその20分を効果的に走れるほどのエネルギーが足りません。

    動くためには炭水化物も必要になりますので、炭水化物を抜くダイエットを実行している人も
    ランニング前には摂っても大丈夫です。
    むしろしっかり走る為にはほどほどに摂りましょう。

    私も食後のランニングを日課としていますが、あまり食べると走る時にお腹が痛くなってしまうのでそこそこに抑えるようにもなりました。
    食べすぎも抑えることができるので効果は二重にあります。

    これらのタイミングはあくまで一般的にといったことです。
    仕事をしていたら朝からランニングをするとうことはハードルが高いです。

    朝は軽く体操をする程度にしておいて、夕食後に走るなど生活に合わせてみるがよろしいでしょう。

    ベストなリズムを見つけて良いダイエットをしてください。

    目次に戻る⬆


    朝なかなか目が覚めない時にどうするか

  • 追加
  • 朝なんとか目覚ましの時間に起きてはみたものの、頭は全然目覚めていないということはありませんか。
    ちょっとでも油断をするとそのまま二度寝しそうになる自分と戦うのは大変でしょう。

    できることなら爽やかに目覚めて良い一日を過ごしたいですよね。
    そのためには寝る前の行動を改めて良い睡眠をとることです。

    ぐっすり寝て、良い目覚めを迎えるために私が勧めるのは空腹感を感じて起きることです。

    仕事で帰りが遅くなった時に、寝る前の時間にも関わらずにしっかりとご飯を食べてしまっていないでしょうか。
    確かに仕事で疲れてしまったらお腹も空いていますし、エネルギー補充のためにもお腹いっぱい食べたいところです。

    しかし寝る直前にお腹いっぱいにしてしましますとなかなか寝付けませんし、お腹も睡眠中も活動しているのであまり深く眠ることができなくなってしまいます。

    また、寝る前にお酒を飲む習慣もあまり良くはありません。アルコールの覚醒作用で夜中に目が醒めやすくなりますし、おつまみなど食べてしまうとそれもまたお腹の中で翌朝に残ってしまいます。

    それよりも少し空腹感があるなと思うくらいで寝た方が、夜中に胃も余計な活動をしないのでぐっすり眠ることが出来ます。
    それにより、朝になると程よい空腹感があるますので、身体も自然に目が覚めます。
    なかなか朝ご飯を食べられないという人も、空腹感があるのでしかっりと食べられるようになりますし一石二鳥です。

    朝食前に軽くコーヒーを飲むとさらに良いです。
    カフェインで目が覚めるだけではなく、脂肪の分解を促進する効果もあるのでダイエットにも繋がります。

    寝る前の食事を見直して目覚めの良い朝を迎えましょう。

    目次に戻る⬆


    地域によって違う食べ物の習慣

  • 追加
  • 地方に住んでいる私の県に、大手コンビニが次々進出しはじめたのは今から20年以上も前でした。当時はコンビニのじはしりで、私の知り合いもコンビニ経営に乗り出しました。そんな知り合いが2人いました。その当時聞いた言葉は、本部の設定した商品以外売ってはいけないという規約でした。長らく地方で食品販売に携わってきた人たちだけに、この味はここでは売れないとか、こっちの方が売れると言うのは身をもって知っていました。コンビニはそれなりの売り上げは会ったのですが、オーナーでありながら、全て本部にいいなりという事に嫌気がさし二人とも店を閉めました。

    今のコンビニはこんな反省があってからか、地元ならではの商品を販売しています。いいことだと思います。このように、細長い日本列島は、食に関しても地域差があります。先日私は旅行に行きました。酒飲みの県にいる私は居酒屋でも、ビールや酒を沢山飲み過ぎて、予算オーバーはいつもの事でした。

    そんな私が県外の居酒屋で驚いたのが、飲み放題食べ放題一人5000円でした。またPM5時までに入店すれば3000円で食べ放題飲み放題でした。私の感覚では、ビールや酒で3000円の元は軽く取れます。5000円でもいつも通り飲んで食べれば、軽く元は取れる感覚でした。そして始まると料理が次々運ばれます。こちらはガンガン食べてガンガン飲みます。招待してくれた人は、食べるばかりで、ほとんど飲んでいません。周囲を見ても食べている人ばかりです。これは食の習慣の違いです。食品関係の仕事上、食べ物はおいしいものばかりでしたが、コストはそんなにかかっていないと見ましたが、酒ばかり飲む私の地元ではこのような店は確実に潰れます。とにかく県民性でビールのジョッキなら皆5杯から10杯は飲みます、日本酒も数人なら軽く一升は飲みます。それで食べるのです。酒のコストは下げれないためです。

    今回の経験で私が感じたのは、食を販売、提供する仕事は、今のトレンドを取り入れつつも、地域の食の習慣をきっちり残すことの重要性です。これが地域密着だと思います。都会の食に右に倣えでだけでは、地方では難しいという事です。今回の旅では、私にとって得る物が多かったと思います。

    目次に戻る⬆


    減量の経験について

  • 追加
  • 私は最近ダイエットをして少しではありますがスリムになりました。もしかすると気付いている方もいるかもしれません。

    以前も何度かダイエットにチャレンジしましたが、うまくいくことはありませんでした。

    今まではただやみくもに食べる量を減らすことしかしていませんでしたが、ずっとは続かないので食べる量を戻すと体重も戻っていきました。

    今回は反省し、まずは、飲み会のときがありますのでそれは例外ですが、夜は炭水化物を食べないようにしました。

    夜食べたものはそのままエネルギーを身体に溜め込んでしまうため、朝と昼は食べる量はそのままでも夜は食べる量を少なくすることを心がけました。

    それから、脂肪を燃焼させるための筋肉が必要と考え、ジムに入会して無理のない程度に運動を行うようにしました。

    あまり運動は得意な方ではありませんが、分からないことはジムのスタッフの方に聞きながら筋トレやランニングをしました。

    食事と運動を組み合わせた結果、減量することができました。

    筋肉も多少ついてきたので、リバウンドしにくい身体になっていると思います。

    これからも継続的に続けていきたいです。

    ダイエットは、きちんと計画をして目標をもてば、成功すると感じました。

    仕事もダイエットと同じではないかと思います。今は初めての大きなプロジェクトを任されて分からないことばかりです。

    でも、計画をしっかり立てて、みなさんの力をお借りしながら、プロジェクトを成功させたいと思います。よろしくお願いします!

    目次に戻る⬆


    アメリカザリガニについて

  • 追加
  • 子供の頃、ザリガニ釣りをした経験のある方はいるでしょうか。
    日本各地で見られるザリガニは正式にはアメリカザリガニと言い、その名の通りアメリカが原産の外来種です。
    一方、日本の在来種であるニホンザリガニは東北地方と北海道にしか住んでおらず、お目にかかる機会は滅多にないでしょう。

    アメリカザリガニはウシガエルの餌として日本に持ち込まれました。しかし、それが逃げ出して繁殖し、全国に広がってしまったのです。
    外来種の扱いには細心の注意を払わなければなりませんね。

    さて、ザリガニは名前に「カニ」と付いていますが、見た目からもわかるとおり、カニではなくエビの仲間です。
    同じザリガニ下目に属するエビにはウミザリガニがいます。聞き慣れない名前だと思う方もいるかもしれませんが、ロブスターのことです。

    ロブスターは日本でも食用として知られていますね。
    一方アメリカザリガニはドブ川にいるイメージがあり、あまり食べたいという気持ちにはならないかもしれません。
    しかし、アメリカでは普通に食べられていますし、中華料理やフランス料理でも食材として使われています。

    アメリカザリガニは生態系に影響を及ぼすだけではなく、田んぼで稲を食い荒らすなどの農業被害をもたらす困った存在です。
    日本でも、駆除したものを食用にするなど、上手く利用できればいいと思います。

    ちなみに、アメリカザリガニには肺吸虫という寄生虫がいることがあります。
    私の話を聞いてアメリカザリガニを食べてみたいと思った方も、その点には注意して決して生食などはしないで下さい。

    目次に戻る⬆


    できる人は、1日1食を実践

  • 追加
  • みなさんは、1日1食って聞くとどのようなイメージをお持ちになりますか。

    おなかが空いて、元気がでない。とか栄養失調になってしまう。とかマイナスなイメージをお持ちになるかもしれません。
    私も「船瀬俊介さんの、できる男は超小食」という本を読むまでは、そのような気持ちをもっていました。

    実は、世の中で、活躍している人で1日1食の人が結構いるんですよ。
    例えば、タモリさん。いいともで活躍している時も、タモリさんが休んだのは、ゴルフによるけがによるもので、体調不良によるものは1回もなかったそうです。
    ビジネス界では、ジャパネットの元社長のたかたさんや、星野リゾートの社長も1日1食だそうです。星野さんは、1日1食でないと、発想が重くなるとすら言っています。

    なぜ、活躍する人たちが、1日1食を選ぶのか。
    理由はいろいろありますが、代表的なものを3つご紹介させていただきます。

    1つは、食事を少なくすることで、消化に使用する体力を使わずにすむということです。
    みなさんの中にも、忙しくて昼ご飯を抜いた経験があると思いますが、意外に食べない方が眠くならず疲れなかったというのがまさにこれです。

    2つめは、短眠になるということです。消化に体力を使わないので、体力の回復が早くなるためです。

    3つめは、腸が休まることで、健康管理に役立つということです。腸は第二の脳と言われている非常に重要な部分であるので、腸をしっかり休ませることは、風邪予防など健康につながっていくということになります。

    1日3食食べなければ、健康を維持できないと、私たちは子供のころから家庭科の授業などで学習してきましたけれども、必ずしもそれが正しいとは言い切れないという時代が来ているように思います。

    1日1食のすべて正しいとは思いませんが、昔から当たり前であると思われたことに、疑問をもつことは間違いではないよう思いましたのでお話しさせていただきました。

    目次に戻る⬆


    伝統の和菓子屋がチャレンジしていることから学ぶ

  • 追加
  •  私は和菓子が好きで、街中の和菓子屋にフラッと立ち寄ったりします。和菓子の世界は非常に奥深くて伝統があり、創業何十年という名店も少なくありません。そんな創業何十年の名店には「代々変わらず味を受け継いでいるのだろう」というイメージがありますよね。確かにそんな名店は数知れずありますが、今でも繁盛している和菓子屋はそれだけではないと気付きました。それは、新商品を開発することなんですよね。

     何十年と受け継がれてきたお店の看板メニューはもちろん残しつつ、新商品も同時に開発していくのが和菓子屋として生き残っていくための経営方針の1つです。いくら名店の味だとしても、そればかりではお客が飽きてしまいますよね。しかし、今までになかった新商品を開発して販売すればどうでしょうか?それだけでお客からは興味を持たれますので「とりあえず買ってみようか」という気持ちになるはずです。

     また、その新商品の開発が斬新で、地元の名産とコラボしたり、一見和菓子とは合わないような組み合わせにチャレンジしてみたりなど、既存の枠にとらわれない商品開発をしている和菓子屋は想像以上に多いですよ。これは実際に商品を販売する和菓子屋からすれば、間違いなく冒険ですよね。失敗するリスクはもちろんあるでしょう。しかし、そうして新しいことにチャレンジしていく姿勢は、同じビジネスマンとして尊敬に値します。ですので、私も新しいことへのチャレンジ精神を失うことなく、仕事を頑張っていきたいです。

    目次に戻る⬆


    海外の食べ物をアレンジする

  • 追加
  • 日本人は昔から、海外から入ってきた食べ物をアレンジして独自の食文化を生み出してきました。
    あんパンもその一つです。

    日本に初めてパンが入ってきたのは安土桃山時代のことですが、本格的に日本人がパンを食べるようになったのは明治時代になってからです。
    一方餡が日本に伝来したのは飛鳥時代のことだと言われており、鎌倉時代に小豆を使った餡が作られるようになりました。
    なお、かつての餡は塩味のものが主流であり、現在親しまれているような砂糖を使った甘い餡が普及するようになったのは安土桃山時代以降のようです。

    パンと餡が出会ったのは明治7年のことです。製パン会社として知られる木村屋の創業者、木村安兵衛とその息子である英三郎によってあんパンは考案されました。
    明治8年4月4日、山岡鉄舟がこのあんパンを明治天皇に献上しました。これを記念して、4月4日は「あんパンの日」と呼ばれるようになったのです。

    なお、国外の食べ物を自分たち流にアレンジするのは日本に限ったことではありません。
    アメリカで食べられている巻き寿司、カリフォルニアロールやフィラデルフィアロールなどが有名でしょう。

    海外でアレンジされた日本料理は、我々日本人にとってはおかしな物として感じられることもあるかもしれません。
    しかし、これまで述べてきたように、海外の食べ物をアレンジしているのは日本人だって同じなのです。
    他国の食文化をバカにしたりせず、お互いに尊重することが大切だと思います。

    目次に戻る⬆


    ダイエットと健康状態の関係

  • 追加
  • 私は定期健康診断を受けるといつも言われることがあります。それはダイエットです。自分ではメタボという感じはありませんが、健診後の面談ではいつも保健師さんに、腹囲の大きさと慎重に対する体重の割合を言われます。そして決まってカロリーの高いものを控えるだとか、塩分、糖分なども言われます。しかし私はそれを全く実践していません。

    かつて私の従弟が、食事ダイエットをしながら、毎日サイクリングで長距離を走っていました。私にこれくらい痩せた、凄いだろうといって体を見せていました。私もやれば出来るもんだと思っていましたが、その数か月後ガンが見つかりました。62歳でした。その後従弟は帰らぬ人となりましたが、彼がダイエットをしていなかったら、急な体重減をおかしいと思い、病院を受診していたら早期発見で完治していたかもしれませんでした。彼がダイエットをしていたために、ガンのためだとは思わずダイエット効果だと思ったのでした。そして痛みが出始めて病院に行ったのでした。痩せはじめて5か月目で、既に末期状態でした。

    過去に仕事関係の知り合いの人が、急に痩せだして診療したらガンが見つかり、幸い早期発見で完治しています。私には従弟の言葉が心に残っています。こんなことになるんだったらダイエットで食事制限などせずに、もっと食べたいものを食べておきべきだったと。抗がん剤を使用した後は食欲がなくなり、何を食べても美味しくないと言っていました。

    このような経緯があり、私はダイエットはしません。食べたいものを食べます。体の不調を体重で感じ取るためです。体重が増加または横ばいしている時は健康だと思っています。急に体重が減ったら病院に行きます。自分だけの身勝手な健康管理法だと思われてしまいますが、これが私の健康法です。

    目次に戻る⬆


    コンビニの食事で簡単に疲労回復を

  • 追加
  • 疲れたときは睡眠をとろうとする人も多いでしょう。
    ですが睡眠をとるには、どうしても時間がとられてしまいますね。
    そんなときは食事で疲れをとってみてはどうでしょうか。

    ではここで、仕事をしていてもランチの時間に、簡単にとれる食事をご紹介したいと思います。

    実は最近では、コンビニで売られているものでも、きちんと栄養をとれるものが増えています。
    とはいえコンビニの食事でちゃんと栄養がとれるのか、と疑問に思う人もいるでしょう。

    しかし最近では昔に比べて、コンビニの食事もかなり改善されています。
    そのためそんなに不安がる必要はないんですよ。

    ではコンビニで買うものは、どんなものが良いのでしょうか。
    一例を挙げると、おにぎりと野菜ジュース、それにヨーグルトを加えたものが良いとされています。

    とはいえ、どんなおにぎりでも良いというわけではありません。
    おにぎりであれば、梅干しや鮭といった具材が疲労回復には効果的と言われています。
    そして野菜ジュースやヨーグルトは、糖分が少ない物を選ぶようにします。
    野菜ジュースは野菜汁が100%のものにし、ヨーグルトは低脂肪や無脂肪のものを選びましょう。

    よく考えてみると、おにぎり、野菜ジュース、ヨーグルトの組み合わせは、栄養バランスもとれていますね。
    おにぎりで炭水化物を、野菜ジュースでビタミンを、ヨーグルトでタンパク質を摂取していますからね。

    このようにコンビニの食事も、選び方次第で栄養バランスがとれた良い食事がとれます。
    体が疲れたとき、どんなものを食べるかで迷ったら、コンビニで手軽に買ってきてみるのも良いと思いますよ。

    目次に戻る⬆


    何故出社前に外でコーヒーを買うのか

  • 追加
  • 外でコーヒーを買えば安くても100円、スタバ等を利用すれば300円以上かかってしまいます。

    更には出勤途中という落ち着かない状況でせっかくのコーヒーを楽しむ余裕はあるのかとも思ってしまいます。

    どうせコーヒーを飲むなら職場にある自分のデスクで始業前に自分で淹れてのんびり飲む方がいいと思います。

    しかし友人にこれを話すとこう返されました。

    「朝の忙しい時間だからこそ外でコーヒーを買って気分をリラックスさせるんだよ」

    確かにコーヒーに含まれるカフェインは気分をリラックスさせる効果がありますが、それでコーヒーを美味しく飲めるのでしょうか。

    慌ただしいなかで飲むのではなく、落ち着いた状況でのんびり飲む方がリラックス出来ると思いますし、コーヒーの香りや味をより堪能出来ると思います。

    実際にイライラしながら食事をすると味覚が鈍くなると聞いたことがあります。

    更にはよく噛まないで食べるので身体にも良くないとされております。

    通勤時は人とぶつかって嫌な思いをする、電車のドアが自分の目の前で閉まる、といった些細な出来事でイライラが生まれます。

    そのイライラを解消する為にコーヒーを飲むのは少し違うのではないかと思います。

    食材を最大限に楽しむ方法とは、食材をいただく側が本当にその食事を楽しみにしていることが大前提であると思います。

    もちろん出社時にコーヒーを飲むのが本当に楽しみで仕方がないというのであれば別ですが、流れ作業のようにコーヒーを流し込んでいるのだとしたら、たまには職場で落ち着いて飲むのはどうですか?

    目次に戻る⬆


    健やかな体づくりのために水を飲む

  • 追加
  • 健康のために水を飲んでいるという人も多いと思います。
    しかしなぜ水を飲むのが良いのでしょうか。

    まず、水を飲むと胃腸が動きますね。
    つまり内臓が動くということなので、代謝が働くということにも繋がります。
    体が熱を発生させて体を温められますし、僅かずつではありますが、脂肪燃焼にも効果があると考えられています。

    また、水を飲むことで腸内が綺麗になります。
    水が腸内にこびりついた老廃物を流すため、体内に老廃物を溜め込むことが少なくなります。
    もしも腸内に老廃物が溜まったままですと、腸が老廃物を吸収し、体内に老廃物を流してしまいます。
    そうなると体内が汚くなることが想像に難くありませんね。

    もちろん、ただ水を飲めば良いというわけではありません。
    1日に飲んで良い量は、1.5リットルから2リットル程度とも言われています。
    水を飲みすぎると、逆にお腹を壊してしまうこともあるので、飲みすぎには注意しましょう。

    それと、飲む水には余計なものが入っていてはいけません。
    たとえばジュースだと砂糖が入っているため、水の代わりにジュースを飲みすぎると、砂糖も大量に摂取してしまうことになります。
    糖分の過剰摂取は病気の原因にもなりますから、ジュースはほどほどにしましょう。

    とはいえ、医学の常識もときには変わることがあります。
    もしかすると何十年か経ったら、水を飲むことについても、また新たな発見があるかもしれませんね。
    今はひとまず、過剰に水を飲みすぎないようにして、適度に水を飲んでいこうと思います。

    目次に戻る⬆


    繁盛店の味を販売する量販店の取り組みについて

  • 追加
  • 飽食の時代となり、世の中には美味しいものが溢れています。特に大型量販店では、日本以外にも世界中の食材が並んでいます。そんな中、繁盛店の商品を製品化する動きが活発な時期がありました。

    一番いい例はラーメンです。行列が出来て評判のラーメン店の味を自社の量販店で販売しようと奔走しました。店で食べる味を家庭でも味わえるという、量販店の新しい戦略です。ラーメン以外にも色々な製品が販売されました。さぞかし売れただろうと思っていたら、実際はあまり売れていないことがわかりました。

    理由は明白です。こだわりの味というのは個性があります。辛い甘い、濃厚などと、どちらかというと万人受けする味付けではありません。つまり繁盛店の味は、その味が好きな固定客で持っています。多くて一日100食とか200食とかの世界です。逆に大型量販店は毎日3000人以上の様々な客が買い物に訪れます。量販店では万人受けする味じゃないと大量には売れません。まして繁盛店の商品は価格も高く、ためしに買ってみようと言う商品ではないし、実際にその店のファンの人は、量販店で買って自分で作るとは思えません。必ず店に食べに行くでしょう。

    このような理由で、繁盛店の商品を発売しても、売り上げは伸びず、その後廃盤になって行きました。今では各量販店も繁盛店の商品の取り組みは、万人受けする味のものしか販売していません。

    この事例は、良い発想だと思って実行したことが失敗したことにより、やり続けることはせず止めてしまったものです。良い発想を思いつき、達成するまでやり続けることは重要ですが、逆にやめる勇気も重要だという事を認識させられました。しかしながらやってみないとわからいことなので、何もしないよりは行動することが重要だということで、私は迷った時は前に進むことにしています。

    目次に戻る⬆


    日本の食文化

  • 追加
  • 和食って日本を象徴する一つの文化だと思います。

    主に野菜、魚を中心とした料理ですね。肉は近年でこそ当たり前になっていますが、明治以前はあまり食べられてはいなかったと思います。
    魚や野菜の食べ方は世界に誇れるものがあると思います。調理の技術もさることながら、ムダを出さないということは胸を張りたいですね。
    魚の頭や骨(アラ)、野菜の切れ端など上手く使う素晴らしい文化だと思います。

    スーパーやコンビニ、飲食店などでは商売上の理由から、こういった文化とは逆行している気がします。

    商売だから仕方ないとも思いますが、少しやり方はないかと考えてしまいます。例えば、大根やカブの葉っぱは漬物として出してはどうなんでしょうか?
    人参の皮もよく洗って炒め物や漬物には十分使えます。魚のアラはお吸い物にしたり煮付けにしたりと、とても美味しく頂けます。
    商売でやっている以上、口をはさむことではないかもしれませんが。

    しかし、みなさんのご家庭では少し考えることはできないでしょうか?

    寝る時間を削ってやりましょうという訳でも、肉より野菜や魚を食べましょうということではありません。
    何かと忙しい家庭が多いのは仕方がないことだとは思います。その合間を縫って、できることはないのかと考えてみてはいかがでしょうか?
    曲がったキュウリ、虫が食ったトウモロコシやキャベツ・・・。キュウリは曲がっている方が正常ですし、虫が食った野菜は「虫も食わない野菜」より美味しいですよ。

    何でもいいんですが、ちょっと試してみませんか?

    目次に戻る⬆


    料理をおいしくする方法

  • 追加
  • 昨日読んでた本にこんな言葉がありました。
    「楽しい顔で食べれば、皿一つでも宴会だ。」スペインの詩人である プルデンティウスさんという方が残した言葉だそうです。
    お酒や食事が好きな方ならこの言葉に共感してくれるのではないでしょうか。私も食事は好きですが、学生のころの同級生と同窓会などをした時の居酒屋の料理は、仲良くない方と食べる高級店の料理よりもはるかにおいしく感じます。
    大事なのは「何を食べるのか」ではなく「どうやって食べるか」なのだとつくづく実感します。

    これは仕事においても同じではないでしょうか?
    「何をやるのか」ではなく「どういう気持ちでその仕事に挑むのか」この事が仕事の楽しさ・やりがいといったものを決める要素になるのではないかと思います。
    嫌だ・面白くないと思ってやるのではなく、楽しい・やりがいがあると感じれる仕事のほうが成果も上がるのではないでしょうか?

    仕事は楽しくない時もあるし、しんどいときも多いです。
    ただ、それをネガティブにとらえず、単純な繰り返し作業をどうやったら楽しめるか、この雑務をやると誰が喜んでくれるのかなどを考えながら、少しでもポジティブな気持ちで取り組むことで、単純な料理が宴会になるように仕事も楽しくなり、乗り越えれるのではないかと思います。

    一方で、料理を一番おいしくする調味料は空腹だと思います。楽しい宴会料理をよりおいしく楽しめるよう空腹になるまで今日も一日頑張っていきましょう。

    目次に戻る⬆


    朝食で食べた方がよいもの

  • 追加
  • 朝食と言うと、和食が体に良いという人もいると思います。
    私も生活環境上、朝は和食を食べることの方が多かったです。
    一人暮らしの方は、パンやシリアルなど洋食を食べるという人もいるかもしません。

    では朝食には何を食べるのが体に良いのでしょうか。
    本当に和食が体に良いのかというと、そうとも言い切れないようです。
    和食は、野菜や魚が中心なので朝に食べるにはヘルシーでとても良いのですが、欠点を言えば塩分が高いことです。

    ご飯にあう漬物も食べすぎは良くありませんし、豆腐や納豆にもお醤油をかけるので、調味料の使い方によっては塩分過多になりやすい場合もあります。
    私もつい醤油をかけすぎてしまうなんてこともあるので気を付けなければならないと思っています。

    また、逆に洋食でも体に良い食品はたくさんあります。
    パンは確かに高カロリーですし、朝から血糖値をいきなりあげてしまうのであまり理想的とは言えませんが、
    卵には質の良いタンパク質が含まれているため朝食にはとても良いそうです。

    和食でも卵焼きなどのメニューに卵がありますが、洋食でも共通して卵を取り入れるのがお勧めです。
    また、洋食の朝食であればナッツ類や果物やヨーグルトなども体に良いとされています。
    特にバナナは甘みもあるものの、栄養価も高く集中力をアップさせてくれる効果があるので、洋食派であればパンの代わりにバナナを
    食べるのも良さそうです。

    和食・洋食ともにメリットデメリットがありますので、それぞれの良さを上手に取り入れながら健康的な朝食にしたいものです。
    1日の始まり、脳に栄養がいかないと仕事にも響いてしまいますので、自分に合った朝食を摂って毎日健康的に過ごしていきたいと思っています。

    目次に戻る⬆


    太らない飲み会の方法

  • 追加
  • 年齢を重ねてもスマートな体系をビジネスマンとして維持したいものですが、飲み会が続くと体が重たくなったりズボンがきつくなってくるものです。

    そんな人は飲み会の時にある工夫をするだけで、飲み会が続いても太りにくい体を手に入れる事が出来ます。

    ポイントは3つあります。

    一つ目はコース料理は後半半分残すという事です。
    コース料理は前半はサラダや刺身と言って比較的ヘルシーな献立が多いですが、後半に差し掛かるとお肉料理やパスタやご飯ものなど高カロリーなものが出てきます。
    そこでヘルシーな献立が続くコース前半は全部食べて、こってりボリューム感のある後半のメニューを残すだけでかなりカロリー削減になります。

    二つ目はお酒を飲んだら水かお茶を飲むという事です。
    お酒はエンプティカロリーと言う別名があり、栄養が取れない割にカロリーは高いと言われているのです。
    しかもお酒を飲んでいるうちに酔いが回るとどんどんお酒の量が増えてきます。

    そこでお酒を1杯飲むごとにほぼカロリーがない水かお茶を1杯頼むという工程を踏むことで、自然とお酒の量が減らせるのでカロリーダウンになります。
    1杯ごとに飲み物を変えるのが面倒という人は、チェイサー代わりに水かお茶を手元に置いてちょこちょこ飲むようにすると良いでしょう。
    実際試してみるとお酒の進む量が減り、二日酔い防止にもつながります。

    三つ目はだらだら飲み会に残らずたまにはスパッと帰る事です。
    酔いが回るとついつい楽しくなって何件もはしごする人もいますが、飲み会続きの時はたまには1次会でスパッと切り上げると良いでしょう。

    このように3つのポイントを抑えるだけで飲み会で太るという事を避ける事に繋がります。
    スリムな体だと仕事もサクサク出来ますよ。
    心当たりがある人はぜひ実践してみてください。

    目次に戻る⬆


    物事を抽象化する事

  • 追加
  • 人間が出来て、他の動物に出来ないことの一つに物事を抽象化し、様々な事象を関連付けて考えられることがあげられます。

    最近、食べ物を意識することを毎日実感、実践することと、それ以外に体や心のバランスに良い習慣があるのかにとても興味がわいています。そのことを抽象化すると様々な生き物や社会問題と自分の体とが関連している時に気づきます。

    植物の中には自然環境が比較的厳しい年の方が実をより多くつける種があることが分かっています。栄養が豊富にある時は体に蓄え、厳しい年には、世代間を超え、仮に自分が死を迎えても種の保存を未来に託す仕組みをもっているわけです。

    懐石料理の始まりは、仏道を極めようとしている修行者が空腹を紛らわすために懐に石を入れて、しのいだところに起源があります。

    熱帯のマレーシアで出会ったイスラム教を信仰する友人は、毎年約一か月日中、食事はおろか水分もとってはいけない断食を行っています。その友人は世界で飢えている人の気持ちを感じるためだと熱心に語っていました。

    敬虔なキリスト教信仰者にはベジタリアンが多いです。

    世界の多様な宗教に自分の普段の食事を省みることが信仰の一部に取り入れられているのは、それが経験則として宗教的道徳心を育む一助を担うからと感じます。

    収入の少ない世帯の人間が肥満になる率が高いことが統計的に有意であることが実証されています。これは社会からの圧力をその人が感じ、暴飲暴食という選択を選んだ結果が体に現れている可能性があります。

    貧困である自分自身を受け入れられず、安い食材の暴飲暴食を選択し、思考停止に陥り、ますます自分の思考が現実の自分とかい離してしまうかもしれません。そのような環境により精神的な症状に悩んでいる人も少なくないはずです。

    自分らしい気持ちの良い生活を送るための食というのは足るを知るであり、本質的にお金のかかるものではありません。

    その日の食べ物にもままならない開発途上国の絶対的貧困を抱え栄養失調に苦しむ人間がいる社会と、先進国の貧困層で暴飲暴食を選択し精神的に苦しむ人間がいる社会は繋がる地球的規模の人間社会の大きな課題です。

    自分の食べるものを意識することを抽象化すると、今あげた様々な事象がすべて同じ問題で起こっていることに気づきます。
    物事を抽象化することはこのように頭を整理するには最適なツールとなります。

    目次に戻る⬆


    断食の精神と肉体への効果

  • 追加
  • 人間社会に関わる時のストレスを覆い隠そうとする暴飲暴食は、中高生の頃から獲得してきた悪習慣です。暴飲暴食の後は思考停止と罪悪感が待っているのに中々やめられずに時間が経ってしまいました。

    自分からあふれ出る底力がほしいなと考えることがこの頃多くなりました。それには、私が今まで蓄積してきた科学的知見だけでは足りないような気がしました。力が自分の底からあふれ出る実感を体感したいのです。その実感が実践に繋がり、習慣になるのです。

    そこで、ふと暴飲暴食の逆の断食を試みてみようと考えました。1日断食をし、空腹を感じ始めました。そうすると、特に嗅覚と味覚などの五感が研ぎ澄まされる実感が確かにありました。

    そして、思考というかグルグル堂々巡りの袋小路をさまよっていた頭の使い方が変わっていきました。

    具体的に言うと、その日、夕方に散歩してみると、皮膚や足の裏の触角と鼻の嗅覚の感覚が研ぎ澄まされ、行動している一つ一つを自分で選択している実感がありました。自分で自分を生きている実感がするのです。

    語学習得している時でも、五感が研ぎ澄まされると聴覚と視覚の集中力が増し、習得効率が上がった実感がありました。

    また、大好きな料理をしていても、味覚、嗅覚、触角、視覚及び聴覚が研ぎ澄まされ、今まで以上に新しい組み合わせの料理に挑戦し、新しい料理の技術を習得することにも意欲が出てきます。失敗も笑える余裕が生まれます。

    また一番実感したのは、寝る前、胃の中に出来るだけ食べ物が入っていないと、寝ているときに、脳や体が休まり、目覚めがいいことです。胃で消化するために使われていたエネルギーが、脳や体を休め疲労を回復し、再び動き出すための準備の方に使われているんだなと感じました。

    食べる量や時間に気を留めることや断食などは、現代的倦怠感な精神を持ち合わせ生きている現代人の中には実践してみると目に見えて劇的に生活に変化が訪れる人がいると思います。少なくとも私はそれらを考え実行することによって、長年、暴飲暴食への逃避による思考停止の選択をすることが、ピタリと止みました。

    自分の体と心を思うように動かし人生のオーナーシップ(主導権)の握る気持ちを、体や心が欲しているのだと思います。
    渇望は人間の行動変容に大いに関わってくるのだなと実感しました。

    この気づきが今日皆さんと共有できてうれしく思います。
    ご清聴ありがとうございました。

    目次に戻る⬆


    健康維持と松茸ダイエット

  • 追加
  • 最近は健康志向が高くなっており、社員に会社負担で健康診断を受けさせる様な企業も増えてきていると聞きます。

    みんなが健康で仕事もプライベートも過ごせることは喜ばしい事ですが、体重やコレステロール、尿酸値などの数値が少しでも高いと、その事を会社から指摘をされ、改善する様にと指示され、それ自体がストレスとなっているような人も多いのではないでしょうか。

    その中でも、一番厄介なのは体重を減らせという指摘です。

    体重なんて、ちょっとやそこらの努力では、落ちてくれません。

    そんな悩みを解決してくれるのが舞茸ダイエットです。

    このダイエット方法は、いたって簡単です。

    1日に50グラム前後の舞茸を食べるだけです。

    ただし、若干の注意点があります。

    舞茸を高温で調理しないことです。

    高温とは、200度程度の熱とのことですから、天ぷらや、油で長時間炒めるのはNGです。

    舞茸には、ゴボウの数倍の食物繊維が含まれていると言います。

    また、善玉コレステロールを増やす役割などもあると聞いています。

    そして何よりも低カロリーでお腹に溜まります。

    こんな事から、食事の前に舞茸や残り物の野菜などでスープを作って飲んでみると、他の食事の量も自然と減りますし、通便も良くなります。

    現在、様々なダイエット方法が広まっていますが、制限される事が多すぎて、実用的ではありません。

    この舞茸ダイエットは、舞茸を食べるだけですから、そんなに負担がかからずに継続することができます。

    健康維持をして、仕事を頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク