朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

コレステロールを下げるために我が家でしていること

  朝礼ネタ4895  2021/12/04  545 PV 食事健康

私が健診を受けている病院では、医師から血液検査の結果を当日説明されるため、毎年ビクビクしながら採血されています。
去年の健診の結果、「高脂血症」と言われてしまった私は、「やっぱりな」と思いました。

1パックに2切れ入っていることが多い、魚の切り身を家族の人数分買うより、1パックの肉のほうが安く、日常の食事は、どうしても肉を買ってしまいます。
おかずは、少量でも肉の旨味で満足感が得られる肉料理が多いです。
2ヵ月に1度ほどの魚料理は、値引きされた刺身か冷凍のアジフライか、かまぼこやちくわ、はんぺんなどの魚の加工品を購入し、食べています。
あるとき、「こんな生活ではいけない」と職場の健康診断で主人が栄養指導されたことがわかっていても、私は食事の見直しができませんでした。

しかし、このツケがアラフィフの私の体に何の予兆もなく脂質異常をもたらし、「高脂血症」と診断されてもどこにも痛みがなく、「まあいいや」と思っていました。
そんなころ、主人が定期的に診てもらっている腎臓の数値が徐々に悪くなり、なかなか正常値に戻らないコレステロールを下げる薬を服用し始めました。
若い頃主人は、魚卵系のウニやイクラなどをおつまみに、たくさんお酒を飲んでいました。
体重調整と投薬で回復した軽症でしたが、関節の痛みが身に染みたのか、たくさん野菜を食べ、お酒の量も減らすなど、食事に気を遣っていました。

食事に出されたもの以外余計に食べない主人でも、年齢のせいかコレステロールを下げる薬は服用し続けています。
主人の家族にコレステロール値が高い人はおらず、遺伝による家族性の異常ではなく、「食事や運動によって体重が減少すれば、改善される」と医師に言われました。
主人に対する医師のアドバイスを聞いた私も、食事や運動に気をつけました。
多かった外食をほぼなくしたうえ、偏った食事にならないように気をつけました。
豚肉一辺倒だったお肉は脂肪の少ない鶏肉に変えたうえ、カップラーメンやスナック菓子を止め、フルーツを食べました。
入浴前にするストレッチの運動は続けています。
3ヵ月に1度、定期的に大きな病院で主人が受けている血液と尿の検査の数値が安定し、近所の内科医院から薬がもらえる状態に改善しました。

「特に薬を飲むほどではない」とかかりつけの医師に言われていますが、体内に脂肪が多いことには変わりなく、血液がドロドロにならないように、私は2Lの水を飲んでいます。
好きではない黒酢につけた黒豆を、毎日大さじ2杯食べています。
コレステロールを下げる効果がある発酵食品のうち、擦った1片のニンニクとすりゴマを混ぜ合わせ、味噌汁に入れたり、ご飯にかけたりして食べています。
激しい運動ができない私は、血栓ができやすい脚の付け根を動かしています。

医師に「前回よりよくなった」と言われるように、健康な生活を送りたいものです。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題