しっかり食べて、健やかな業務を

  • 追加
  • みなさんは、朝に何を食べましたか。そして、昼ごはんは何を食べますか。誰と食べますか。

    小学生のようなことを言うなと思われるかもしれませんが、食事と業務というのは関係しています。

    ヨーロッパでは、ランチタイムミーティングをするところがあるそうです。そして、その時間はお互い食事を楽しみながら、交友を深めることが中心だそうです。

    業務のピリピリ感から一旦離れ、頭を切り替えるというのは素晴らしいアイデアではありませんか。
    それまでは会議で激論を交わしていたとしても、ランチタイムに穏やかに挨拶し合うことができれば、嫌な雰囲気を業務に持ち込まなくていいです。

    日本の企業は、あまり食事を大切にしていないのではないでしょうか。周りに気を遣いながら、最低限の栄養を摂取し、また業務に戻る、それでは気分はノッてくることがありません。

    私は、職場がピリピリしていればピリピリしているほど、食事の時間を大切にしています。もちろん、時間に制限はあり、ヨーロッパのように長い時間かけて食べることはできないこともあります。

    それでも、パソコン片目になにかを掻き込むようなことは、できるだけはしないようにしているのです。
    食事の時間は食事の時間として、業務から分離してとるというのは大切なモチベーション維持の方法なのです。

    さあ、みなさんは昼になにを召し上がるでしょうか。誰となにを召し上がるにせよ、次の時間からの業務を爽やかにはじめられるような時間を持ちたいものです。




    関連ネタ & スポンサーリンク