音楽はいつも心の支え

  • 追加
  • 人生で大切なものはたくさんありますが、今日は、音楽というものに触れていきたいと思います。

    私にとって、音楽は子供のころから支えとなっており、当時、テレビやラジオで視聴してきた音楽番組がきっかけで、音楽を聴くことが好きになりました。
    音楽番組やCD・ライブDVDなどさまざまですが、音楽は、すごく大切な存在になっています。

    様々なジャンルやアーティストがありますが、私が中学生の頃から最も熱くなれたものは「B’z」で、今でも活躍しているベテランアーティストです。
    当初はダンスロックですが、ハードロック、ポップなサウンド、心に残るバラードなど多彩な楽曲があり、いつの時代にも欠かせない存在です。

    また、高校生になってからは、ディスコミュージックを主体にしたダンスミュージックなどの聴くようになったり、洋楽を聴くことも増えてきました。
    ボン・ジョヴィやブライアン・アダムスなど、ロックサウンドにも魅力を感じ、ますます音楽が好きになりました。

    勉強中の合間や、何か作業をしたりするときに、必ずと言っていいほど音楽を聴き続けています。
    雨の日に気持ちが沈むときには、少し落ち着いた曲を聴いたり、コーヒータイムを寛ぎたいときはジャズやピアノ楽曲のものを選んだりして、その時の雰囲気に合わせて、聞く音楽を変えたりする楽しみもあります。
    元気がでる曲、作業でもモチベーションを高める曲、疲れたときは癒されるような静かな音楽、友達と一緒に聴くと楽しめる曲など、選ぶ楽しみもあります。

    ドライブや旅行で楽しみたいとき、最近では、会社の仕事でもFMラジオを聴く機会も増えて、音楽の大切さ、私にとって必要不可欠なものとなっており、これからも好きな音楽を聴き続けていきたい、そう思っています。

    目次に戻る⬆


    祖父母と協力して行う子育てについて

  • 追加
  •  現代日本は核家族はおろか単身世帯が当たり前になってきていますが、そんな状況だからこそ家族同士の結び付きはとても大事ですよね。たとえば最近よく耳にする「ラン活」は、小学校に入学する子どもや孫にランドセルのプレゼントをする活動全般を指しますが、こういった家族間でのコミュニケーションが大切なのはいうまでもないことでしょう。

     特に夫婦共働きが増加してきているため、夫婦の祖父母の子育てにおける存在感は強くなってきています。孫と一緒に出かける祖父母は街で普通によく見かけますし、夫婦が働いている間に子どもを預かるケースも少なくありません。今や子育ての一翼を担うのが祖父母であり、これからもそれは変わらないはずですよね。

     ただ、祖父母の子育て方針が夫婦と若干ズレていたり、元気過ぎるに孫に祖父母が体力的に消耗させられたりなど、祖父母の子育てに問題が皆無なわけではありません。もしも子育ての方針をめぐって祖父母と夫婦が険悪になってしまったら子どもは肩身が狭いですし、そうならないように気をつけないといけないです。

     家族間のコミュニケーションで大事なのは、誰が主体になっているかです。子育ての場合は、無論子どもが主体ですよね。このように考えていけば、潤滑な子育てができるのではないでしょうか?夫婦ともに仕事をしなければいけない世帯では、子育てをいかに乗り切るかが家族の向き合うべきテーマです。仕事に熱を入れることは大切ですが、子育てが疎かにならないよう祖父母とも協力しないといけないですよね。

    目次に戻る⬆


    地域情報の収集を始めてみてわかったこと

  • 追加
  •  最近、住んでいる地域の情報収集を積極的に行うようになりました。前はあまり関心がなかったのですが、人間関係の輪をもう少し広げてみたいと思ったからです。

     地域の情報をどう収集するか最初はわからなくて暗中模索だったのですが、それほど難しく考えることはありませんでした。なぜなら、地域の情報は紙媒体で自宅へ定期的に届けられていますし、それ以外にも街の掲示板等でこまめにお知らせされていたからです。

     今まであまり意識していなかったので気付いていなかったのですが、地域情報というのは案外身近で収集できます。ですから、少しでも意識すれば情報収集は難しくありません。

     地域情報の内容はさまざまで、クリーン活動、季節のお祭り、ウォーキングイベント、スポーツサークルの勧誘などがあります。今まではこれらの地域活動にあまり興味を持てなかったのですが、今は「どんなことがあるのかな」と興味津々です。そして、これらの地域情報を収集して何らかの体験をすることが、仕事のヒントになるような気がします。

     地域コミュニティを大事にすることで、老若男女を問わず人々の暮らしが見えてきます。意識しなければ取り立てて注目するようなことではないかもしれませんが、人々の暮らしを実感することはビジネスの基本的な土台の部分で重要なのではないでしょうか?会社で働き詰めになっていると顧客の考え方に疎くなってしまいがちですが、地域情報をしっかり収集してその輪の中に積極的に飛び込んでいきたいです。

    目次に戻る⬆


    「ありがとう」と言われるようになるために大切なこと

  • 追加
  • 最近、私自身、考えさせられることが一つあります。
    それは、周りから「ありがとう」と言われるようなことをしているかどうかについてです。

    「ありがとう」と言われるようになるためには、周りの人たちから、何かしてほしいこと、困ったときに手助けすることなど、要望に応じたことをするだけではなく、「こうすると相手が喜ぶだろう」と常に考えながら行動して、自分の見返りを考えないで行う気持ちが大切であると痛感しています。

    ビジネスにおいては、サービス面で、何を望んでいるのか、どうすればより良く改善できるのかなどを考え、提案しながら、双方ともに良い方向に動き出すことも大切です。

    例えば、商品の営業活動において、これを無料で添付すれば、より大切に製品をご使用頂ける・愛用してもらえることもあったり、これを繰り返すと、「この人に頼めば大丈夫」という信頼関係が芽生えることもあります。

    また、プライベートにおいても、ちょっとした気配りや、周囲の人たちを労い、高額なものでなくても、なにかプレゼントを用意するという気持ちも大切だし、家事の手伝いなども立派なことで、自分から進んで行う気持ちが大切であると、最近になって思うようになりました。

    私自身、「ありがとう」と言われることはあまり多くないと思いますが、皆さんは毎日の生活のなかで、「ありがとう」と言われる場面はいくつあるか、また、どうすれば言われるようになるのかを常に考えながら、ともに協力し合い、頑張っていきたいと考えています。

    目次に戻る⬆


    機械のように働かないために。

  • 追加
  • 「人の振り見て我が振り直せ」
    これは「他人の行動を目にしたとき、その人の良いところは真似をし悪いところは自分に置き換えて自身の行動を正していく」という意味として使います。
    もちろん、その人の悪いところを注意してもいいですが、余計な争いは生みたくありませんからね。
    さて、この言葉ですが、誰もが聞いたことがありますし、言われたこともあるでしょう。
    例えば、身だしなみ。
    心理学の有名な法則がありますね。
    視覚情報、つまり人は最初の見た目でその人を判断するそうです。
    正直、恐ろしいです。
    話し方やその内容も判断の基準らしいですね。
    本当かどうか、専門的なことはこの際置いておくとしても、心当たりありませんか。
    他人は自分の写し鏡と思うと背筋が伸びます。
    服装、表情、行動、言動、最後に内容。
    真面目に硬くなれとは言わないです。
    常識的なことですが、自分が嫌なことを人にしていませんか。
    逆に、されて嬉しいことをしていますか。
    今、楽しんでいますか。
    休憩時間は仕事のことを忘れていますか。
    きれいごとを言うつもりはありません。
    学生気分は捨てています。
    何年前とかは聞かないでください。
    当たり前ですが、お金を得るため、生活するために仕事をしています。
    しかし、無になって働けとはだれも言わないでしょう。
    それは、機械がやってくれます。
    機械のように同じ作業を繰り返していたとしても、無にはならないでください。
    生意気言いましたが、もう一度言います。
    「人の振り見て我が振り直せ」
    これをキーワードに今日は仕事をしたいと思います。
    手始めに、あとでトイレで自分の顔を見てきます。
    ありがとうございました。

    目次に戻る⬆


    上司よりも同僚、あるいは部下を大切に

  • 追加
  • 上司より同僚、あるいは部下。何のことだと思いますか? 仕事で大切にすべき相手のことです。

    もちろん、上司をないがしろにしていいというわけではありません。そんなことはそもそもできないのが会社という組織でしょう。だから、上司との関係は、だれだって気を遣いながら、何とかうまく舵取りしているはずなんです。

    問題は、同僚や部下との関係ですね。皆さん、上司の意向や虫の居所ばかり気にして、同僚や部下とのコミュニケーションがお粗末になってはいないでしょうか。

    タレントの勝俣州和さんは、デビュー当時、師匠である萩本欽一さんからこんなアドバイスをされたそうです。「仲良くするなら、業界のベテランプロデューサーとかじゃなくて、若手のディレクターやアシスタントディレクターのような連中と仲良くしろ」と。

    アドバイスから十数年経って、勝俣さんはそのアドバイスの意味を理解したそうです。師匠の命令どおり、若手のテレビマンと親しく付き合うことをしてきて、そのつながりがのちに、テレビタレントとしての勝俣さんに活躍の場を与えてくれたのでした。

    業界の重鎮に取り入れば、その場は都合がよいかもしれない。でも将来にわたって末永く活躍しようと思うなら、未来を担う若い人材の方に顔を向けて、そこでの人脈づくりに励めと、天才コメディアンの師匠は若き日の勝俣さんにアドバイスしたんですね。

    上司よりも同僚、部下。最初に申し上げた言葉の意味がおわかりいただけたのではないでしょうか。いま力のある者に好かれ、取り入ることも、時には必要でしょう。でも、結局人も仕事も、本質的に未来志向なんですね。未来に向かって、今、何をしておくべきかを考えるなら、同僚や部下とのコミュニケーションの大切さが身に染みてわかってくるのではないでしょうか。

    最後にもう一度言いますが、上司をないがしろにしてよいなどとは、決して申し上げておりません(笑)。お忘れなきよう。

    目次に戻る⬆


    固定概念について考える

  • 追加
  • 先日、ブラック企業で働いている後輩から相談を受けました。「毎日家の周りの商業施設や飲食店がすべて閉店したあとの時間にしか家に帰れず、2年間働いているが残業代が支払われたことが一度もなく、土日は定休日だということになっているが全員仕事をしていてお客さんからの電話もつながり、家にいようがお構いなしに電話がかかってきて、インフルエンザになったが会社に来いと怒鳴られた」という話を聞き、思わず「なんで辞めないの?」と聞くと、若い人にありがちな世の中に対する誤解のせいだということが分かりました。

    彼は新卒でその会社に入ったのですが、周りの人から言われた「同じ会社で3年働けない人はどこに行ってもダメだ」という言葉を信じ切っていました。もちろん、大手の優良企業に入社して早期退職をすれば経歴にキズもつくかもしれませんが、ブラック企業で3年勤められなかったことは何もおかしくないということは、社会に出てしばらくすれば自然にわかってくることだと思います。

    転職に限らず、「続けるのはいいこと、やめるのは悪いこと」と最初から決めつけた状態で話をする人は昔から多いですが、彼の話を聞いて、そういった固定概念を若い世代に伝え続けるのは決していいことではないなと感じました。彼が固定概念をそもそも知らなければ、とっくに新しい職場でいきいき働けていたと思います。

    時代が進んでいくのにあわせて、昔は常識だったことが少しずつ常識ではなくなるんだということを覚えておかないと、若い世代にいい世の中を作ってあげられないんだなと感じた出来事でした。

    目次に戻る⬆


    挨拶することで一日の気分も変わってくるし、防犯にもなります

  • 追加
  • 朝晩、家族やご近所さんへの挨拶はなんの躊躇もなく「おはようございます」「こんばんは」と言っていますよね。

    でも、自宅から少し離れた路上で面識のない通学中の子供に挨拶したことはありますか?
    私は、自ら挨拶したことはありません。下手に声を掛けたら不審者と思われてしまいます。

    昔と違って、今は防犯の為と言って親は子供に見ず知らずの大人に話しかけられたら「気をつけなさい」「ついて行っちゃだめよ」と教えていますよね。
    同じマンションの住人にも挨拶をしないという、なんとも寂しい世の中です。

    こんな世の中でも、ある地域では挨拶をしっかりとする子供達がいるそうです。
    そこは福岡県のとある地区で、子供達が大きな声で挨拶をしています。声を出して挨拶することでその日一日が変わってきますよね。

    昔はみんなそうでしたよね。挨拶して地域で子供達を観ていましたし、何かあったら助け合ったり、自治会の活動も活発でした。今は、隣の人がどんな人かも知らないという人が多いと思います。

    家の中にずっといて誰とも挨拶をせずに一日が終わるなんて人も多いと思います。

    挨拶は一日で始まり一日で終わるとも言いますが、普段から挨拶することで治安も変わってくるのではないでしょうか?お店でもそうですよね。店舗に入ると必ず「いらっしゃいませ」と声を掛けられます。あの声がけは、お客様に対しての挨拶もありますが、防犯いわゆる万引き防止もあるそうです。

    挨拶一つでその日の気分も変わったり、防犯にもなり地域の活性にもなるといろいろ良いことばかりです。

    ですから、今日も一日気持ちよく挨拶をして、効率良く仕事を始めましょう。

    目次に戻る⬆


    自分の常識は世間の常識ではないかもしれません

  • 追加
  • 食事の仕方など生活習慣の関して今まで自分が当たり前だと思っていた事が、実は自分や自分の家庭内と人様のそれとは全く違っていて驚いたという経験はありませんか? 

    友達同士の会話の中で、例えばある食べ物をウスターソースで食べるか、醤油で食べるかが話題になって「ウッソー!」なんて事が少なからずあったのではないでしょうか。私は新婚当時、練り物のてんぷらをソースか醤油かで妻と論争になった経験があります。

    会社内の仕事に関しても同様の食い違いは大小様々起こり得ます。
    仕事の運び方や作業の手順などについて同僚と微妙に違っていて問題になる事もありますし、考え方や心構えなど目に見る事の出来ない事柄に関してはさらに食い違いの可能性が高くなり、上司に叱責を受けた事のある方もおられるのではないでしょう。

    これが会社内と世間一般の社会の間になると、もっと大きな差が生じる事になります。
    その差が社会の許容範囲内に収まり、会社の個性や方針として受け入れられる間は良いのですが、それが一定以上に乖離した時、例えばユーザーニーズを捉え損なう事になって会社の業績に影を落とし、極限では社内理論のみで行われた会社活動が社会の倫理を外れ、法規を犯すものになるのです。

    私達は常に自己の思考や行動を顧みて、それが独りよがりなものでないかどうかを確認しながら、それぞれの立場に応じた仕事をしなければなりません。
    その為には周囲の人達や一般社会とのコミュニケーションを大切にし、何が本当に正しいのかを問い続ける必要があります。

    目次に戻る⬆


    有能な経営者のコミュニケーション方法は一味違う

  • 追加
  • 有能な経営者は、コミュニケーション1つとっても他の経営者とは違うといいます。

    例えば欲しい人材をヘッドハンティングする場合、どんなアピールをすれば会社に興味を持ってくれるのか、あの手この手を使って有能な経営者はアピールするそうです。もしも他の経営者と同じようなアピールをしていたら、その他大勢の中に埋もれてしまいますよね。しかし、そうではなくて個性的なアピールをすれば、引き抜きたい人材に強い印象を与えることができます。

    有能な経営者だと業界で有名な人が、もしも食事をともにする場にラフな格好で現れてきたらどうでしょうか?スーツでない姿には強烈なギャップがありますから「フランクな人だなあ」と思われることは間違いありませんよね。フリーランスで活動しているクリエイター相手だったら、スーツ姿は逆効果になりかねません。つまり、相手に合わせてアピール方法を変化させられる、それもまた有能な経営者の一面です。

    また、取引先におもてなしで接待するにしても、満足してもらえるようとことん尽くす経営者もいます。おもてなしするなら全力がモットー、そんな良い意味でなりふり構わない経営者も中にはいます。そうされたら接待されたほうは気分がとても良くなりますし、取引先として良好な関係を保っていこうと思いやすくなるのは言うまでもありません。

    有能な経営者はこんなふうにして独自性の強いアピール方法ができ、人に強い印象を残せる人です。私は経営者ではありませんが、人に印象を残せるようなサラリーマンになれるよう頑張っていこうと思います。

    目次に戻る⬆


    親しき仲にも礼儀ありで人と接する

  • 追加
  • 何でも言い合えるような人間関係はとても素敵ですし、そうなれたら人生はとても楽しくなるはずです。家族、親友、恋人などが代表的な例ですが、そこまで深い人間関係になることはそうあるものではありません。ですが、ここで疎かにしてはいけないのが礼儀です。

    親しき仲にも礼儀ありというのは本当で、これを守らないとどんなに仲が良くても関係が悪化してしまいかねません。以前、私は親友に何でもかんでもズバズバ言っていたら、それで親友を傷つけてしまったことがありました。その時は心の中で「親友だから何を言っても許される」という間違った考え方が私にあったのです。今思えばとても恥ずかしいのですが、そんなわけないですよね。

    その後過ちに気付いた私は親友に謝罪して事なきを得たのですが、もしも気付かなかったら私は大切な親友を失っていたかもしれません。確かに親友同士は腹を割って話せることに違いありませんが、だからといって言いたいことを何でも言って良いわけではないんですよね。これに早いうちに気付けて、本当に良かったです。

    もしも親しき仲にも礼儀ありが疎かになっていて、仕事でちょっと関係が深まった相手にうっかり失礼なことを言ってしまったら、上手くいく話もご破算になりかねません。そんな失態を演じるのは最悪ですし、礼を欠いているということ事態が社会人として恥ずべきことです。ですから、親しき仲にも礼儀ありを絶対忘れないようにし、良好な関係を築いていきたいです。

    目次に戻る⬆


    営業が楽しくなる方法

  • 追加
  • 得意先回りの営業やルートセールスなどでの営業は、自分の取り組み方次第で、楽しくなったり、苦しくなったりするものです。今日は私になりにやっている、楽しくなる営業の話をしてみます。

    事務所での仕事が無い日は得意先の営業に回ります。この時、正直行きたくない得意先もあります。逆に行きたい得意先もあります。今の私は行きたくなる得意先を増やそうと色々策を練っています。

    まず一つは共通の趣味の話です。相手様が忙しくしているときは話はあまりしませんが、そうではない時は話が盛り上がります。私の場合は釣りです。釣りの話になると時間があっという間に立ちます。日々話をするうちに、今度行ってみようか?となる時もあります。これがやがて成果に繋がります。ただし、相手の趣味に無理に合わせるような話はしません。いずれボロがでます。

    もう一つは相手の会社の女性との会話です。これは決して変な事を考えているのではありません。異性との会話は楽しいものです。この場合は成果には繋がりにくいですが、私にとってはとても楽しい時間です。知らぬ間にその会社の同僚になっているような錯覚に陥ります。

    また得意先に、話が面白く楽しい人がいると、必ず仲良くなります。すると訪問するたびに話しかけてくれます。これも楽しみになります。

    以上のような方法が私の楽しくなる営業です。しかし楽しいだけではいけません。会社に勤める社員としては成果が必要です。しかし、行きたくなる得意先は、知らぬ間に成果が上がっています。仕事が楽しくなると、成果が後からついてくるというのも私の信念です。

    目次に戻る⬆


    効果的な質問

  • 追加
  • 私は会話において大切なのは質問力だとおもいます。

    質問には大きく分けてオープンクエスチョンとクローズドクエスチョンの二種類があります。

    オープンクエスチョンとは5W1H、いつ、どこ、誰、なに、なぜ、どのようにで始まる質問のことです。

    オープン、つまり開かれた質問なので、答えが自由でさまざまな内容になります。

    例えば、相手から話を引き出すために有効な質問だと言われています。アイディアや自由な意見を引き出す場面ではオープンクエスチョンを使うべきだと思います。

    一方、クローズドクエスチョンはイエスまたはノーで答える質問のように答え方が制限された質問のことです。

    事実や意見、立場を明確にさせるために使うのに有効な質問だと言われています。

    しかし、どちらの質問も使い方を誤ると、コミュニケーションがうまく行かないこともあります。

    例えば、オープンクエスチョンは考えをまとめるのに時間がかかってしまうことがあり、お互いの関係性によっては相手への負担が大きい質問になります。

    ですから、初めて出会う人には、単純に答えることの出来るクローズドクエスチョンから始めた方が円滑なコミュニケーションがとれるかもしれません。

    また、クローズドクエスチョンも使い方を誤ると、詰問のようになり、相手に威圧的な印象を持たるかも知れません。

    この二種類の質問を有効に使い分けて、質問力を上げて相手の気持ちや考えを引き出せるようにしたいと思います。

    目次に戻る⬆


    多頭飼いすると犬も嫉妬する

  • 追加
  • 我が家には2匹のシーズーがいます。両方ともオスで親子です。父親3歳、子犬1歳です。子犬は小さい頃は、親犬の真似ばかりし、親犬に飛びかかっては、叱られるように吠えられていました。そんな子犬が成長し1歳をこえる辺りから嫉妬が始まりました。

    親犬を抱き上げたり、抱擁したりすると必ず子犬が寄って来て、自分にもやってくれと催促しだします。おやつも親犬に先に与えると催促するように寄って来ます。この辺は普通だと思いますが、親犬が室内でウンコをもよおした時、私が親犬だけ連れて外に出て帰って来た時に起こりました。

    子犬が出入り口で待ち構えていました。帰って来た親犬の方をじっと見つめています。そして親犬が室内に入ると、本気で吠えて怒り飛び掛かり噛みつき始めました。さすがに私が叱りましたが、同じことは再び起こりました。

    娘が親犬だけ車にのせてちょこっと外出した時です。室内の玄関で子犬はじっと伏せをして待っていました。やがて帰って来ると、親犬に向かって前回と同じように襲い掛かりました。私は完全に子犬が嫉妬していることがわかりました。それも飼い主には怒らず、親犬に怒っていました。このころから、親犬は子犬に対し我慢をするような光景を頻繁に見るようになりました。

    人間社会のいじめのようにも見えました。兄弟関係でもこのような事はありますが、兄弟に怒ることはあまりせず、一人ひねくれたりします。犬も人間も同じで、飼い主に一番に可愛がられたいと思うようです。人間社会の親によく見てもらいたい、先生によく見てもらいたい、上司や社長に良く見られたいなどの心境です。

    犬のこのような心理状態を見ると、理性の高い人間社会では、いかに人を平等に扱い、評価していくことが大事なのかがよくわかります。人間の場合は言いたくても言えない、怒りたくても怒れないなどの我慢をすることが多く、これが多くのストレスにつながります。やっぱりコミュニケーションは重要な事だと改めて感じました。

    目次に戻る⬆


    笑顔がもたらした嬉しい変化

  • 追加
  • 子供の非行に悩んだあるお母さんが、その悩みを友人に話したところ、友人が言うには、

    『あなた、いつも家で怒ったり、溜息ついてばかりじゃないの?まずは、笑顔で家族に朝の挨拶をしてみたら? そして、家族が学校や会社に出かける時には、笑顔でおくりだしてごらん。そして、溜息を深呼吸にかえてごらん』と。

    お母さんには、思い当たる事ばかりでした。そのころ、お母さんは、始めたばかりの仕事が忙しく、口癖が『早くしなさい』でした。毎日、クタクタになって仕事から帰って子供たちに「早く宿題をしなさい」「早くご飯を食べて早く寝なさい」そして、家族の目の前で、溜息ばかりついていました。

    友人の言葉にハッとしたお母さんは、次の日から早速、友人のアドバイスを実行し始めました。毎日ピリピリしていたお母さんは、笑顔であることを、いつの間にか忘れていました。そこで、意識して口角を上げたり、鏡を見て笑顔を作るようにしてみたところ、少しずつですが、自然な笑顔で挨拶できるようになってきたのです。

    お母さんの変化に家族で一番最初に気づいたのは、意外なことに、非行に走っていた子供でした。子供は、最初こそは、「母ちゃん、どうしたの?」と不思議そうにしていましたが、次第に、お母さんの挨拶に応えるようになってきました。家族のなかに笑顔が増えて、次第に、お母さんの溜息も減ってきました。
    お母さんにとって、嬉しい変化が、更に起こってきました。いつも笑顔でいるお母さんの仕事の成績がグングン上昇してきたのです。そして、責任ある仕事を任されるようになってきたのです。プロジェクトの中心にいるお母さんの周囲には、常に、笑顔が絶えない毎日です。ピリピリしていた会社の雰囲気も穏やかになってきました。また、子供の非行が原因でギクシャクしていたご近所の人間関係も、次第に、改善してきました。

    お母さんの笑顔が、周囲も笑顔にして、みんなに嬉しい変化をもたらしたお話です。

    ちなみに、例の非行に走っていた子供は、すっかり立ち直って、今では小さい会社の社長さんです。社長さんの周りにも常に笑顔が絶えないそうです。

    目次に戻る⬆


    人の入社や退職や異動に慣れてはいけない

  • 追加
  • 会社にとって日常茶飯事なのが、入社や退職や異動ですよね。これらがまったくない会社があるとすれば、それは人の動きの少ない会社です。それはそれで凄いことなのかもしれませんが、普通は入社や退職や異動が珍しくありません。

    私が気をつけなければいけないなと思っているのは、この入社や退職や異動について慣れてしまうことなんですよね。どれも普通になってしまって、日常生活の一部に思えてきてしまいがちです。中途採用を定期的に行っている時は、特にそうです。ただ、それではいけないと反省しています。

    たとえば、入社してくる人からすれば、どんな職場かわからないから大きな不安を抱えていることでしょう。にもかかわらずこちらがしっかり歓迎してあげなかったら「あまり期待されてないのかな」と不安をさらに増してしまうかもしれません。こちらとしては単なる日常生活の一部でも、入社してくる側からすれば一大事です。その気持ちをよく理解し、しっかり向き合ってコミュニケーションしていかないと、最初から感情的なギャップができてしまいます。それでは、お互い良い関係性にはなりにくいですよね。

    退職や異動にしてもそうで、あまりにあっさりとした態度をとられてしまったらさみしくなります。それが会社では日常的によくあることとはいえ、慣れてしまってはいけないのではないと思います。人とのつながりがなければ仕事はできないですし、入社や退社や異動に慣れることなくできる限り真摯に向き合っていきたいです。

    目次に戻る⬆


    聞き上手に徹することで会話を楽しく進める

  • 追加
  • 仕事において絶対に身につけておきたいのが人とのコミュニケーション力、特に会話の進め方です。会話の進め方が上手な人は、たとえなんて事のない話題でも楽しい雰囲気にできますよね。それは本当に素晴らしい能力で、私もぜひとも習得したいものです。では、上手い会話の進め方とは、いったい何なのでしょうか?考え方は人それぞれあって良いのですが、私の場合「聞き上手になること」だと思っています。

    会話を上手く進めようと思ったら、どうしてもイニシアチブを取りたくなりますよね。相手にしゃべらせるよりも、自分で何とかしようと変に頑張ってしまいます。しかし、それでは相手が聞くばかりで、残念ながら一方的になってしまいます。それでは相手がうんざりしてしまいますよね。ですが、思い切って聞き上手に徹すればどうでしょうか?相手は気分良くしゃべってくれますし、会話が自然と楽しくなるはずです。

    こちらももちろん意見や考えをしゃべりたくはなりますが、それをほどほどにして聞き上手な人になれば、会話がストップすることなく続いていきやすいです。そして、これは営業にも通用する考え方だと思います。

    営業はマシンガントークこそ正しいと思い込みがちですが、相手にむしろ話をさせてその内容に合わせた的確なセールストークを行えば、効率の良い営業がきっとできることでしょう。営業で相手の話を聞くなんて勇気がいることですが、悪くない方法だと思います。ですから、私も聞き上手になれるように心がけていきたいです。

    目次に戻る⬆


    同じ言葉も考え方で受け取るイメージが変わると感じたこと

  • 追加
  • イギリスのことわざに「A rolling stone gathers no moss」というものがあります。
    「転がる石には苔が生えぬ」という感じの文に和訳されているので目にしたことのある人も多いことわざではないでしょうか。

    解釈としては状況によっていろんなものがあると思います。
    一番多いのは「精力的に活動を続けることによっていつまでも能力が錆びつかない」。
    あるいは「勉強を続けることでいつでも最新の知識や情報を持っている」といった「ひとつの場所にとどまらないことの重要性」を解くタイプが多い印象です。

    ところがちょっと調べてみるとこのことわざのもともとの発祥地、イギリスでは全く正反対の意味だということを知りました。
    イギリスでの解釈は「職業や住まいを転々とする人は成功できない」という意味で使われるのだそうです。
    「活動を続けることによって錆びつかない」の解釈はアメリカで使われているのだとか。

    どういう過程で解釈が変わったのかはわかりません。
    でも同じ言葉なのに全く正反対の意味に説明されているのがなんとも面白いものです。
    もしイギリス人の友人がいて、何か目標に向かっている時に励ますつもりで「転がる石はっていうから」と言ったら「やめとけってことか」と聞かれるかもしれません。

    ことわざの例はきちんと説明すれば笑い話になるようなことです。
    でも日常生活の中にも「同じ言葉を言っても相手の解釈の違いで全く正反対の意味に理解されてしまう場合がある」というのはよくあることだと思います。

    落ち込んでいる人に「頑張って」と言ったら「自分は努力が足りないんだ」ともっと落ち込む人もいるかもしれません。
    逆に「そうだな、もっとできるよな」と元気になる人もいるでしょう。
    言葉の持つイメージは人それぞれ、いちいち気にしていたら本当は気軽に他人と話すことは難しいことなのかな、とも感じます。

    だからといって「誰とも話さない」というわけにもいかないのが人間です。
    他の人の言葉に対するイメージや考えを100%理解することはできません。
    でも少なくとも「乱暴な言葉使いをしない・やたらと略語を使わない」といった「丁寧に話す」ということなら心掛けることができます。

    完璧とはいかないまでも常に丁寧な話し手でありたいと考えています。

    目次に戻る⬆


    見守るだけで人は育つ

  • 追加
  • ある小学校の話です。各クラスごとに花壇があり、先生とともに種植えをしました。先生はその後何の指示も出しませんでした。児童たちが自分達で考えて、どうやって花壇の花を育てていくのか見守ることにしました。

    花壇は教室から見える位置にありました。次の日の朝、1人の児童が水やりに行きました。花壇は1人で水やりするのは大変だったので時間がかかってしまい疲れて帰ってきました。その次の日も同じ児童だけが水やりをしました。

    しかし、その次の日から水やりに行かなくなりました。1人でしていて嫌になったのでしょう。他の児童はその時間遊んでいるので、自分だけがしんどい思いをしているのがやりきれなかったのでしょう。ですが、花壇のことが気になり、窓から花壇ばかりを見ていました。そんな様子に別の児童が気づきました。そして、花壇のことを思い出して、水やりに行くようになりました。それを見た最初に水やりをした児童も嬉しくなり、また行くようになり、2人でいっしょにするようになりました。

    それに他の児童も気づき、何日かすると全員で水やりをするようになりました。その後、しばらくそのような状態が続きましたが、段々児童達も毎朝するのに飽きてしまい、また全員ですると花壇に水をやり過ぎていることが分かる様になりました。

    児童達は話し合いをし、順番で水やりをすることにしました。そうしている内に花を育てるには水やりだけでなく、雑草を抜いたり、肥料をあげる必要があることに気づき、さらに役割分担をしました。

    先生はこの間何もしませんでした。ただ教室から花壇にいる児童たちを見守るだけでした。花が咲いた時、児童達はとても喜んだそうです。

    人を信じて、指示を出さず、見守るだけの教育も時には大事であると思いました。

    目次に戻る⬆


    人間関係で悩んでいる時に思い出したいことわざ

  • 追加
  • 職場をはじめ人間関係で思い悩むのはよくあることですが、そんな時私はこう思うようにしています。それは「私と出会った人たちは出会うべくして出会ったのだ」ということです。

    世界中にたくさんの人がいる中で、縁あって私たちは出会うことができました。数学的にみて、これは凄い確率だと思うんですよね。本当に数えきれないぐらいの人の中からまるで選ばれるようにして出会ったわけですから、すべてが奇跡の出会い、運命の出会いといえるのではないでしょうか?

    そう考えた時、たとえ人間関係で思い悩んでいたとしても、それすら自身を成長させるために与えられた試練だと思えてきますよね。そして、出会えただけでもその出会いに感謝しなければいけないですし、それが家族や親友や恋人だったらなおのことそうでしょう。

    それを集約したことわざに「袖すり合うも他生の縁」というのがありますが、まさに世の中はそんな風にできているのかもしれません。そう思えたら、職場の同僚は本当に貴重な仲間ですし、顧客や取引先は言うまでもなく大切なお客様ですよね。その出会いを単なる普通の出会いだと片付けてしまうのではなく、1つ1つが自分の人生に大きな影響を与えるような存在なのだということを、仕事の上で忘れてはいけないと思います。

    人間関係で悩めば当然苦しくなりますし、逃げ出したくなることももちろんあります。ですが「袖すり合うも他生の縁」で出会いそのものを決して疎かにすることなく、人を大切にすることが大事だと私は思っています。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク