規則・ルールネタ Topics

スポンサーリンク



子供の携帯電話の所持について

  • 追加
  • 1)導入
    初めて携帯電話を持ったのはいくつのときですか?
    全米では80パーセント以上の子供が15歳になる前に、40パーセント以上が12歳までに自分自身の携帯電話を手にするそうです。
    これは適切といえるでしょうか?

    2)自論
    私は18歳以下の子供の携帯電話利用を禁ずるべきだと考えます。
    今からその理由を3つあげます。

    3)メインポイント
    1つ目の理由は、携帯電話の使用が学業に悪影響だという点です。テキサスとルイジアナの2つの大学の行った調査によると、生徒の携帯電話の持ち込みを禁じた中学と高校では、最大で6パーセント成績が上がったそうです。学校だけでなく、家での使用も禁ずるべきです。

    なぜなら、2つ目の理由として、子供たちの不眠症があげられるからです。サットンホール大学のピーター・ポロ博士の調査では、61パーセントの子供が寝床へついたあとも携帯をいじり、睡眠不足から学業に影響がでていると話しています。

    3つ目の理由は、サイバーブリング、つまり、携帯電話などネット上で行われるいじめです。悪口、グループはずし、なりすまし、など、やり方は様々です。サイバーブリングは、周りのおとなや先生に気づかれにくいということもあり、増加の一途をたどっています。中には、自殺するケースもあり、深刻な社会問題といえます。いじめには、リベンジポルノも含まれます。ティーンエイジの子供たちが、恋人同士となり、関係がこじれたときに起こることもありますが、さらには、出会い系サイトへの安易なアクセスが、リベンジポルノの被害を拡大しています。

    4)まとめと結論
    このような理由から、私は酒やたばこと同じように、携帯電話の使用開始にも年齢制限を設けるべきだと考えます。18歳という年齢は、高校卒業する時期ということで設定しました。ただし、子供が自分で携帯電話を買いに行くのではなく、親が与えるわけですから、この問題を真摯に受け止め、考えるのは、実は親の務めだと言えます。

    もしも今、自分のお子さんに携帯電話を購入しようと考えていらっしゃる方がいたら、この小さな電子機器がいかにお子さんの人生を変えてしまうかということを思い出してください。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    ルールを守って快適な社会生活を送る

  • 追加
  • 5月3日って何の日だろう?とふと思ったのですが、「憲法記念日」だったのを思い出しました。
    今、憲法改正にまつわる話が話題になっていますが、個人的にはやはり平和でありたいという願いから、憲法9条はそのまま残してもらいたいなと思っています。

    そして、実はこの日は「ゴミの日」でもあるんです。
    5と3でゴミということらしいです。

    憲法は国のルールですが、ゴミに関するルールもたくさんありますよね。
    ゴミの分別はもちろん、ゴミの出し方など、しっかりとルールを守ってゴミを出すということはとても大事なことだと思います。

    市区町村によってもルールは違うようですが、リサイクルできるものはきちんと分別することで有効活用できますし、マナーのないゴミの出し方をすると近所に迷惑がかかってしまいます。
    猫やカラスの被害もよく見かけるので、ゴミを出す時には、曜日や出し方のルールをしっかり確認しなくてはいけないといつも思っています。

    正直なところ、時々ルールって面倒だなと感じることもあります。
    どこへ行ってもルールだらけだからです。
    職場内にもルールはありますし、もしルールがなくてもマナーというものがあります。

    あまりに厳しすぎるルールを作ってしまうとストレスがかかってしまいますが、それでもある程度のルールはやはり必要だと感じます。
    交通ルールを誰も守っていなかったら事故ばかり起きてしまいますし、会社で定めたルールを守らなければ大きな損失を出してしまうこともあるでしょう。

    憲法となるととてもテーマが大きくなってしまいますが、ゴミ出しや会社でのルールなら日頃個人で対応できる範囲です。
    みんなで快適な生活を送るためには、最低限のルールを守ることが大事なことだと思っています。

    一社会人として、これからもルールやマナーを意識した生活をしていきたいです。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    ルールブック

  • 追加
  • サッカーのルールブックは非常に薄いそうです。
    野球のルールブックなどは非常に分厚くてありとあらゆるプレーに対してルールを定めているそうです。

    では何故サッカーのルールブックは薄いのでしょうか?

    それはサッカーが紳士のスポーツだからだそうです。

    ルールを事細かく決めなくとも「紳士らしくあれ」だけでおのずとルールは決まるのです。
    またルールブックにないプレーは審判が紳士の行為か紳士らしくない行為かで反則かどうかを決める訳です。

    会社や部署でもそうありたいと思います。

    細かなルールや規則を決めずとも紳士的かどうか、自分の仕事ぶりは紳士として相応しいかどうか。
    常に自分が紳士であるかどうかを頭に置き仕事に励みたいと思います。

    また上司が部下を評価する時も部下は紳士的な振舞いをしているかどうかで評価する。
    取引先に対しても紳士的な取引をする。

    ライバル会社との競争も紳士的かどうかを常に考えて競う。
    分厚い就業規則やルールブックがなくとも紳士的かどうかを自分で自分を評価する。
    そうすることで社内が部署が規律のある紳士的集団となり業績もアップすると思います。

    分厚いルールブックが必要な会社や部署と薄いルールブック十分な会社や部署、
    どちらで勤めたいでしょうか?

    私は薄いルールブックで十分な会社や部署で勤めたいと思います。社員の自主性に任されながらも
    社員一人一人が紳士的に仕事をこなす。
    素晴らしい会社、部署だと思います。
    皆さんもそんな会社や部署で働きませんか。

    目次に戻る⬆


    ペットについて考えてみましょう

  • 追加
  • こうして朝礼を行った後に皆で会社前の掃除をします。

    タバコのポイ捨てなどは掃除も簡単ですが、困るのは犬の糞です。
    毎日掃除しますが、犬の糞を見ない日は珍しいぐらいです。

    恐らく朝の犬の散歩に連れ出した飼い主が後始末をしていないのが原因でしょう。
    最低限のマナーも守れない人にペットを飼う資格はありません。

    糞以外にも問題をよく聞きます。

    例えばペット飼育が可能なマンションでも、ペットの扱い方には制限があります。
    一例が「敷地内では犬には歩かせない」ということです。
    糞と同様にこれらのマナーを守らない人がたくさんいるのが残念です。
    飼い主としてきちんと犬のしつけをすることが求められます。

    この中でペットを飼っている人はどれぐらいいるでしょう?最近のペットブームは何か異常な物があります。
    聞くところによると流通段階で死んでしまうペットは莫大な数に上るそうです。

    我々の手元に来るペットの陰にはたくさんのペットの命があるのです。
    そんな話を聴くと胸が痛みます。

    ペットショップなどでは人懐こい、可愛いペットから先に売れていきます。
    見栄えの悪いペットは売れ残ります。
    売れ残ったペットはその後どうなるのでしょうか?

    会社の同僚の女性の飼い猫が死んだそうです。
    賢くて長年一緒にいた猫だったそうです。

    会社で仕事中で電話で死んだことの連絡が入り大泣きしていました。
    長年飼っていると情が移ります。

    生物である限り仕方ないことです。
    しかしそういった悲しいことがあっても過剰になると逆効果です。
    我々人間はペットによって癒しを求めているのです。

    ペットを飼うことで他人に迷惑をかけたりすることなどもってのほかです。
    皆さんもペットについてもう一度考えてみて下さい。

    目次に戻る⬆


    知らないを知る

  • 追加
  • 車を運転していると常々感じる事があります。

    交通ルールを知らないという事は危険である事は言うまでも有りませんがある意味最強なのではないか、音楽を聞きながら自転車に乗る事はとんでもなく恐ろしいはずなのに、それに気づかない若者はある意味肝っ玉が据わっていて逆に羨ましい気がしてしまう。
    もちろんルールはルールですから自分の為にも他人の為にも守るべき事だと思います。
    突然飛び出てくる自転車に驚いてバカヤロウと一人毒づいた経験は誰にでもあるだろうし、無くなればいいのにと本気で思います。

    しかし、車を運転して初めてその恐ろしさが分かるのだと言う事を忘れてしまっているのは自分です。
    自分だって免許を取りに行ったその時まで車の死角なんて考えた事も無かったですし、ミラーがあるのだからスレスレ横にいるのは気がついてるはずと勝手に安心していた時はあったのです。

    自分が知っているのだから相手も知ってるはず。
    勝手な解釈は車の運転に限らず、日常で気が付かず様々な形で危険なひずみを生み出します。

    恋愛・仕事・親子関係・すれ違うだけの見ず知らずの人、どんな時も全ての事に気を配ることは難しい事かもしれませんが、少しの余裕と「ちょっと待てよ」と違う目線を持つ努力で出てくる答えが変わるという事を知っておいて頂ければと思います。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク