朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

詰めが甘くならないおもてなしの極意

  朝礼ネタ4711  2021/08/01  620 PV ビジネス規則・ルールコミュニケーション

お客様あってのサービス業ですから、「おもてなし」は常にお客様にチェックされています。

詰めの甘さがあれば、それは私達には「クレーム」として厳しく返ってくるものになります。

お客様にお茶やお菓子を出して語らうだけでなく、最後にお見送りをするまでがおもてなしです。

みなさんは、ゲストが遊びに訪れたとして、お見送りはどこまでしていますか?

「出迎え三歩、見送り七歩」という言葉があります。

お客様をお迎えするときには三歩踏み出し、お見送りするときには七歩先まで一緒にということらしいです。

つまり、出迎えよりもお見送りを丁寧にせよ、という意味です。

一軒家に住んでいるのなら、相手が徒歩でも車でも、その姿が見えなくなるまで見送るのが基本です。

しかし、マンションの場合はこれまた難しく感じてしまいます。

友人関係なら、玄関先で見送るだけで差し支えることはないでしょうが、居住階のエレベーターの扉まで見送ってもよいでしょう。

私情を挟みますが、私も、幼なじみやプライベートで仲良くしている友人は玄関先で見送りますが、同期入社した同僚はちゃんとエレベーターの扉まで見送っています。

目上の方の場合は、階下までは見送りたいものですが、恐縮してしまうようで、そこまでしなくとも良いと上司から告げられたこともあります。

そんなときは、「郵便受けを見に行く」などの口実をつけて下までお見送りしています。

私たちは、見られているからこそ、最後まで手は抜かないことをプライベートでも意識すべきではないでしょうか。

それが結果的に、クレームを減らすことに繋がると私は信じています。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題