法則ネタ  75 件

真似ぶ(まねぶ)という言葉をしっていますか?

  • 追加
  • 真似ぶと聞いて、まねをする事かな?と思った人はある意味で正解です。 真似ぶは学ぶの語源とも言われ、学ぶの古語であり、実際古文書に学ぶという意味で使われている様です。 考えてみれば学校で勉強する事柄は全て過去から伝えられて…

    続きをみる




    猿は何故天下人になれたのでしょうか。

  • 追加
  • あなたが思い描く戦国の武将とはどんなイメージですか?  身の丈六尺(約180cm)の大男、鎧兜を身にまとった恐ろし気な面貌、槍や刀を振りかざしながら軍馬で疾走する姿などでしょうか。 貧相で背丈も低く、顔はまるで猿の様に皺…

    続きをみる




    世界中の人々が数字に踊らされる話

  • 追加
  • 2016年6月6日のように666が3つ並ぶ日はキリスト教徒社会においては「悪魔の日」と言われています。西側諸国において666が忌み嫌われる数字なのは、新約聖書のヨハネの黙示録に由来しています。キリスト教徒の多くが666の…

    続きをみる




    「そ・わ・か」の法則

  • 追加
  • 「そわかの法則」を皆さんご存知ですか?この法則は日本の著者、小林正観さんの有名な法則です。神様というのはどうやらこの「そわか」という言葉が 大好きらしいのです。「そわか」の法則を実践する事で人生が好転し、自分自身を変える…

    続きをみる




    パーキンソンの法則

  • 追加
  • 皆さんは、次のような法則をご存知ですか? 1つ目は、仕事の量は、完成のために与えられた時間をすべて満たすまで膨張する。 2つ目は、支出の額は、収入の額に達するまで膨張する。 これは、イギリスの歴史学者・政治学者であるシリ…

    続きをみる




    人は忘れる生き物

  • 追加
  • 新しいことを習った時、どんなにその場ですぐ理解することができても、次の日になっても気づいたら忘れていたり、一ヶ月後にはそもそも何を習ったかすら忘れていたり…そんな事態に陥ったことが、人生で誰しも一度はあるので…

    続きをみる




    ワンランク上の体験をする、自分への投資方法

  • 追加
  • 国内や海外出張の際、出張手当が出る会社は多いです。 出張先では、経費で出せるもの以外でも、外食などで以外とお金がかかるからですね。 ある会社の出張手当てが1日5000円だそうです。 ホテルや飲食代を安く済ませば、1回の出…

    続きをみる




    毎週1日はチャレンジデーを作って脳を活性化

  • 追加
  • 社会人の大抵の人は、同じような1週間を過ごしていると思います。 月曜はミーティング、火曜は顧客対応、水曜は仕事帰りに趣味の習い事などといった具合にやることが決まっていることが多いのです。 たまに例外はあっても、毎週毎週同…

    続きをみる




    マクドとバナナ 関西人はインターナショナル?!

  • 追加
  • おなじみのハンバーガーチェーン店であるマクドナルドの呼び方は、地域によってさまざまあるかとは思いますが、最も意見の別れるところが、「マック」なのか「マクド」なのかという二択に落ち着くのではないでしょうか。 実際、関東方面…

    続きをみる




    疑問点発掘能力を磨こう。

  • 追加
  • 昭和の名刑事といわれる平塚八兵衛は、終戦直後の帝銀事件や吉展ちゃん誘拐事件、三億円事件など昭和を代表する大事件の捜査に係わってきた、警視庁の名物刑事です。 捜査を行っていく上での彼の信条は、「疑問をそのままに放置するな」…

    続きをみる




    90%のムダな仕事が大事

  • 追加
  • ある経済学者の説によると、企業の利益の90%は、全事業のうち10%によるものなのだそうです。 利益のほとんどは10%の事業がたたき出していて、残り90%の事業はそんなにもうかっていないか、損失を出しているということです。…

    続きをみる




    「信士」より「居士」が良い

  • 追加
  • 父の13回忌が終わりました。 父が亡くなった時の事を思い出します。 長男である兄がお寺に戒名をいただきに行きました。戒名の申請用紙に必要事項を書き込み、提出しました。いただいた戒名は「○○○○信士」でした。 ちなみに、父…

    続きをみる




    失敗の前には油断がある

  • 追加
  • ドイツの諺に「傲慢は転落の前に来る」という物が有ります。 驕り傲慢になると、その後に失敗や滅びが待っているという事を言っている諺です。 日本で似た使われ方をする諺の例を挙げると「驕る平家は久しからず」が近いでしょうか。 …

    続きをみる




    芽が出るまでにかかる期間

  • 追加
  • 何事も芽が出るまでには一定の期間が必要といわれています。 例えば、勉強の分野においては、ある科目を勉強し始めてから3か月後に成績がグンと伸びるようです。 一夜漬けの知識は、すぐに忘れてしまいがちですが、3か月という期間を…

    続きをみる




    『隣の芝生は青く見える』ということわざ

  • 追加
  • 昔から『隣の芝生は青く見える』といいます。他人も持っているものや、他人のすることが良く見えるという内容ですが、由来を調べると面白い事がわかりました。実際に芝生を自宅の庭などに敷き詰めると、剥げた部分や、草の色の悪い箇所、…

    続きをみる




    既成概念に囚われないことが大事

  • 追加
  • 一時期話題になったことがありますが、三角形をしたこたつをご存知でしょうか。 皆さんがイメージするこたつや机の形は、四角だと思います。もちろん、私も四角です。 これは今までの家族体系、両親と子供2人の4人家族を想定している…

    続きをみる




    仕事のモチベーション

  • 追加
  • よくモチベーションが下がるとか上がるなどと言います。正式な意味は動機や動機づけなどです。つまり仕事に対する積極性ややる気、自発性などによく使われます。 多くの企業では会議やミーティングがあります。その中で、モチベーション…

    続きをみる




    たかが仕事、されど仕事。

  • 追加
  • 私達、人間の身体は色々な原子からできています。 例えば炭素、水素、酸素などを始めとする原子が集まって人間の身体が形造られています。 これはこの宇宙全ての物質において例外なくそうなのですが、これら原子の誕生は約138億年前…

    続きをみる




    風の吹かない時に凧を揚げる価値

  • 追加
  • 世界企業トヨタを含むトヨタグループの創始者・豊田佐吉は、慶応3年(1867年)遠江国敷知郡山口村(現在の静岡県湖西市山口)で生まれました。 佐吉は機織機(はたおりき)の改良や発明に大きく貢献し、名古屋で織機製造会社や紡織…

    続きをみる




    数字の説得力を仕事で上手に活用したい

  • 追加
  • 仕事において主張したいことに説得力を持たせたい時は、具体的な数字を出すのが効果的です。 たとえば「1週間でたくさん売れました」というと何だかとても曖昧な表現になってしまいますが「1週間で1000個売れました」というと具体…

    続きをみる




    アリから学ぶ働き方

  • 追加
  • アリには、働きアリの法則と呼ばれる良く知られた法則があります。 働きアリの中では、実際に働いているアリは8割で、残り2割のアリは仕事をせずにサボっているという現象です。 面白いことに、働いているアリだけを残すと、そのうち…

    続きをみる




    運勢をどう信じて業務に活かすか

  • 追加
  • 巷に溢れる占い情報といわれるものに対して、皆さまはどのようにお考えでしょうか。 私は、何十年と占いを気にしながら生きてきた人間です。とはいえ、多額のお金を使ってしまったということはないのですが、運勢についての本やサイトを…

    続きをみる




    何故あの人は運が良いのか

  • 追加
  • 大体の人が共通して思い描く運が良い人とは、お金持ちであること、美男美女に生まれたこと、好きなことをして生きていること、ではないだろうか。 どれも努力だけではどうにもならない要素ばかり、つまり運が大きく絡むことばかりだ。 …

    続きをみる




    運動から学ぶクリエイティブな仕事をするためのコツ

  • 追加
  • 運動を行った時、使っていない筋肉ほどすぐに筋肉痛を起こしてしまうものです。 ただでさえ仕事がデスクワークで運動とは縁遠い生活を送っているわけですから、使っている筋肉よりも使っていない筋肉のほうが多いのでしょうね。それはお…

    続きをみる




    西暦と元号について

  • 追加
  • 西暦と元号の違いについて説明させていただきたいと思います。 まず、西暦ですが、言わずとしれた世界共通の年を表すための指標であり、これはイエス・キリストが生まれる前と生まれたあとで、B.CとA.Dといった表示がされることは…

    続きをみる




    出会いの大切さを考えてみました。

  • 追加
  • 世界の人口は推定ですが、74億7400万を超えています。 日本人口は1億3000万人に足らず。そして例えば東京都では1400万人を少々切るのですが、あなたの住む市や町にはどれぐらいの人がいますか?  これ程沢山の人間が、…

    続きをみる




    時間の使い方、パーキンソンの法則

  • 追加
  • パーキンソンの法則というのを皆さんはご存知でしょうか。 イギリスの歴史学、政治学者であるシリル・ノースコート・パーキンソンが提唱した法則で、役人の数は仕事量とは無関係に増え続けるというものです。 簡単に言えば、人は与えら…

    続きをみる




    忙しい時ほど一度立ち止まってみよう

  • 追加
  • 先日、私はある失敗をやらかしてしまいました。 その日、私は営業で得意先回りをしていました。その日の予定は三軒あり、二件目で時間がかかって三軒目の約束時間に遅れそうになりました。駅までタクシーを飛ばそうと考えながら得意先の…

    続きをみる




    お笑い芸人に見るパワーバランスの大切さ

  • 追加
  • お笑い芸人、千原ジュニアさんがテレビで語っていた、有名なパワーバランスのお話があります。 ジュニアさんいわく「永きに渡って売れている芸人は、コンビのパワーバランスが良い」ということです。 例えば、ダウンタウン、ウッチャン…

    続きをみる




    ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • ハインリッヒの法則とは、損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が見出した労働災害における経験則の一つです。 1件の大きな事故・災害が起こる背景には、29件の大事に至らない事故・災害があり、さらに3…

    続きをみる




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク