法則ネタ  78 件

忙しい時ほど一度立ち止まってみよう

  • 追加
  • 先日、私はある失敗をやらかしてしまいました。 その日、私は営業で得意先回りをしていました。その日の予定は三軒あり、二件目で時間がかかって三軒目の約束時間に遅れそうになりました。駅までタクシーを飛ばそうと考えながら得意先の…

    続きをみる




    お笑い芸人に見るパワーバランスの大切さ

  • 追加
  • お笑い芸人、千原ジュニアさんがテレビで語っていた、有名なパワーバランスのお話があります。 ジュニアさんいわく「永きに渡って売れている芸人は、コンビのパワーバランスが良い」ということです。 例えば、ダウンタウン、ウッチャン…

    続きをみる




    ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • ハインリッヒの法則とは、損害保険会社に勤めていたハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ氏が見出した労働災害における経験則の一つです。 1件の大きな事故・災害が起こる背景には、29件の大事に至らない事故・災害があり、さらに3…

    続きをみる




    自分の本気が相手の気持ちを動かします

  • 追加
  • 先日、某放送局の大河ドラマのメーキング特集を興味深く見ました。 主役の若手俳優とドラマ中で中心となる脇役の有名なベテラン俳優との撮影中の遣り取りを中心に、演技に関する心構えや役作りなどに関して、実際に放映された場面を絡め…

    続きをみる




    引き寄せの法則について

  • 追加
  • 引き寄せの法則という言葉は、幾度となく目にしたことがあるという人がほとんどではないでしょうか。 本屋に行けば、スピリチュアル関連のコーナーには必ず引き寄せの法則の本が置いてあります。 また、インターネット上でも、スピリチ…

    続きをみる




    簡単にできる体重管理について

  • 追加
  • 仕事をするにおいて健康は欠かせません。しかし中には「健康の為に時間を割くと仕事に影響する」と思っている方もいるかもしれません。今日は、仕事が出来るマインドと健康になるマインドが同じという話をします。 仕事が間に合いそうに…

    続きをみる




    童話「うさぎとカメ」の本当の意味

  • 追加
  • 「うさぎとカメ」という有名な童話があります。 足の遅いカメが一生懸命コツコツと走ったことで、足の速いうさぎに勝つことができたお話です。 このお話は、カメの努力が美談となっていますが、本当の意味はもっと深い所にあります。 …

    続きをみる




    足元を見るようで恐縮ですが

  • 追加
  • 靴の話しをしたいと思います。皆さんは自分の靴の扱いに、どれくらい気を使っているでしょうか。 さて、人の頭の中の状態や、心の中の状態は、無意識に外に表れるといいます。例えば、普段使っている机の上が整理整頓されているかや、余…

    続きをみる




    モノを大切にする人の2つのパターン

  • 追加
  • モノを大切にする人としない人がいます。大切にしない人とは、使ったらそのままで、元の場所に返さないとか手入れをしないとかで、結果、壊れたり無くなったりして、長持ちしないことをさす場合が多いと思います。 しかしモノを大切にす…

    続きをみる




    マーケットには必ず「空き地」がある

  • 追加
  • 「空き地理論」という、ちょっとおもしろい名前のマーケティング理論をご存知でしょうか。 国内市場はすでに飽和状態なのだから、モノを売るには海外に活路を求めなければ、という話はよく聞きますし、ビジネスマンにとっては今や当然の…

    続きをみる




    72の法則と自己啓発

  • 追加
  • みなさんは「72の法則」をご存知ですか? これは資産形成や借金などで、元本が2倍になる利率や年数が簡単に求められる計算方法です。 例えば、元本100万円を年利12%で借金をした場合、返さないでおくと6年で200万円になっ…

    続きをみる




    メモをとることの5つの利点

  • 追加
  • 皆さんは、メモをとる習慣というのがどれくらい身に付いているでしょうか。いま朝礼をしているこの瞬間に、メモ用紙とペンをさっと取り出せる人がどれくらいいるでしょうか。 これから、私の考える「メモをとることの5つの利点」につい…

    続きをみる




    うまくいかない、そんな時は、これをやるに限ります

  • 追加
  • 例えば、仕事でつまらない失敗をしてしまったとき。例えば、家族と些細なことで口喧嘩になったとき。例えば、恋人とちょっとした擦れ違いで気まずい思いが募ったとき。 誰にでもうまくいかないときはあると思いますが、そんなときに状況…

    続きをみる




    仕事で周りが見えていない時はチェンジ・チェアを意識

  • 追加
  • 仕事で周りが見えなくなっている時は、どうしても自分本位で考えてしまいがちです。自分がどう動いたら良いのか、自分に何を求められているのかばかりを考えてしまい、相手のことをあまり考えられなくなってしまいます。私もそういう時が…

    続きをみる




    働きアリの法則

  • 追加
  • 働きアリの法則と言うものをご存知でしょうか? これは別名2:6:2の法則とも言われているもので、 働きアリの2割が8割の食料を集める 本当に働くアリは8割で2割はサボっている よく働くアリと普通のアリとサボっているアリの…

    続きをみる




    本当に大切なものは2割しかない

  • 追加
  • パレートの法則とは、イタリアの経済学者であるヴィルフレド・パレートさんが発見した法則です。 これは、上位の2割が全体の8割を占有しているという法則で、多くの事象においてこの法則はあてはまると言われています。 つまり、限ら…

    続きをみる




    アンカリング効果の罠

  • 追加
  • 人というのは無意識に、無関係の物事を結び付けてしまうことがあります。 たとえば男女を5人ずつ集めて、男性には「10」と紙に書いてもらい、女性には「5000」と紙に書いてもらうとしましょう。 ここで、全員に1つのりんごを見…

    続きをみる




    心理学の法則で親近感アップ

  • 追加
  • 心理学は皆さんご存知の心理テストのようなものから、物体の見え方まで幅広い事象を扱う学問であり、その中には先人たちが発見した人間関係の構築、維持に有用な法則が存在します。 今回は祖の中でも特に営業の皆様にお勧めしたい法則を…

    続きをみる




    ヒヤリハットで危険の芽を摘み取ろう

  • 追加
  • 我々製造業で、生産、品質、安全この3項目はつきものですが、大事な順ってわかりますか? そう、安全第一、品質第二、生産第三、ですよね。 でも、実のところ、皆さん生産第一でやってませんか? だって、これまで生産優先でさんざん…

    続きをみる




    働きアリは働かないか?

  • 追加
  • 働きアリはあまり働いていないのだそうです。動物行動学の研究者がアリの巣を長く観察を続けるなかで気づいたことですが、アリの集団のなかにはどうみてもただウロウロするだけで、何の役にも立っていないアリがおり、統計を取ると、全体…

    続きをみる




    ハインリッヒの法則

  • 追加
  • ハインリッヒの法則とは、安全に関する有名な法則で、「ヒヤリハットの法則」といわれることもあります。 みなさんも仕事をしていて「この作業は危険だな」「あれは危ないところだった」「もうちょっと安全にうまくやる方法はないか」な…

    続きをみる




    「困難は分割せよ」を改めて考える

  • 追加
  • 「困難は分割せよ」。 このことばはあまりにも有名なので、みなさんも聞いたことがあると思います。 ビル・ゲイツをはじめとした多くの人がこの言葉を引用していますから。 この言葉はフランスの哲学者・数学者であるルネ・デカルトが…

    続きをみる




    文章の第一印象

  • 追加
  • よく第一印象は、メラビアンの法則により5秒弱の見た目で決まってしまうと言われ、会った瞬間に身だしなみや仕草などが見られていると言われています。 しかし、実際には会う前に印象はかなり決まってしまう事が多くあります。 それは…

    続きをみる




    時間は平等、体感は自分次第

  • 追加
  • 皆さんは「ジャネの法則」をご存じでしょうか? 「ジャネの法則」とは、フランスの哲学者ポール・ジャネが発案した「時間の心理的長さは年齢に反比例する」という心理法則であり、 よく先輩や上司が言う「歳を取れば1年なんてあっとい…

    続きをみる




    262の法則

  • 追加
  • 2,6,2の法則を聞いたことがありますか? 結構有名な法則なのでご存知の方が多いかもしれません。 人が集団になると、そのうちの2割の人が優秀で生産性が高く、6割の人は優秀でもなく、不出来でもなく凡庸で、残りの2割が不出来…

    続きをみる




    近年の少子高齢化について

  • 追加
  • ビジネスの中でよく使われる2-6-2の法則。組織は上位2割と中間層6割下位の2割で構成されており、どのような人員構成をしても必ずこの後世になるように終息していきます。 たとえば、よくエサを集めている働きアリですが実際には…

    続きをみる




    2-6-2の法則

  • 追加
  • ビジネスの中でよく使われる2-6-2の法則。組織は上位2割と中間層6割下位の2割で構成されており、どのような人員構成をしても必ずこの後世になるように終息していきます。 たとえば、よくエサを集めている働きアリですが実際には…

    続きをみる




    メラビアンの法則

  • 追加
  • メラビアンの法則とは、人と人とのコミュニケーションにおいて、どこから得た情報で人は印象を決めたり、行動をとったりするか、というものです。 その結果は、話の内容など、言語の情報が7%。耳から得る情報、口調や話し方などが38…

    続きをみる




    2:8そばと10割そば

  • 追加
  • 美味しいおそば屋さんほど、うちは2:8です。 うちは10割ですとそば粉とつなぎの配合割合を謳っています。 2:8そばは、その中でもつなぎが2割、そば粉が8割というものになります。 2割のつなぎがそば粉のつなぎを良くし、喉…

    続きをみる




    ハインリッヒの法則について

  • 追加
  • 「ハインリッヒの法則」とは、アメリカの「ハーバート・ウィリアム・ハインリッヒ」がある工場で発生した労働災害(約5,000件)を統計学的に調べ、導き出した法則です。 1件の重大事故の背景には、29件の軽微な事故があり、その…

    続きをみる




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク