便利なものに頼りすぎてはいけない

  • 追加
  • スマホやタブレットが普及して、最近では電車の中やカフェの中でも、ずっとディスプレイを見ている人が多いように思います。

    FacebookやTwitterを見ていたり、LINEをしていたりすることも多いでしょう。
    はたまた、ニュースを見たり、仕事に関連する作業をしたりしている人もいると思います。
    最近ではタブレットで書類を作ったりすることもできるようになりました。

    家や職場といった物理的な場所に捉われず、出先でもいろいろなことができるようになりました。
    単なる時間潰しではなく、使い方によっては移動や通勤時間を有効に使うことができます。
    時間はどの人にも平等に一日24時間なので、生産性の向上は時間の節約にも繋がります。

    しかし、通勤時間が自宅や職場の延長線上になるのも、一概に良いとは言えません。
    自分や他人の個人情報であったり、シンクライアントの端末ならば、社外秘の情報などが人目に触れる機会が増えることになります。
    新しいものに対して、セキュリティー事故や情報漏えいのリスクがあることを、きちんと意識しなければなりません。

    それ以外にも、そうした端末に頼ってばかりいると、自分で考えたりアイデアを出す努力を怠ってしまいます。
    実際、最近では漢字はわかるけれども、いざ自分で書くとなると書けないような文字も多くなった気がします。
    「もっと便利に」、「もっと早く」と開発された端末でも、それに思考を奪われてしまっては、それ以上の発展がなくなってしまいます。

    「いつでも、どこでも」というのは確かに便利ですが、そうしたものに私たちが頼り切ってしまってもいけません。
    もしかしたら、電車の中で見ているタブレットのその前には、上司が立っていたり、お客さんがいらっしゃることに気が付かないかもしれません。

    自分の目で見て、自分の頭で考えることも大切なんだということを忘れてはいけないと思います。

    目次に戻る⬆


    ビジネスマンの情報収集の仕方について

  • 追加
  • ビジネスマンの情報収集の仕方について、ここ数年非常に多様化が進んでいると思います。

    一昔前は日本経済新聞8日に寿司を毎朝チェックする、さらには業界新聞をチェックすることでビジネスマンとしては十分な情報を得ることができました。

    しかし、最近はビジネスに関する情報も発信ビジネスに関する情報も発信源やリアルタイム性も高まり、個人に合わせた情報収集が可能になっています。

    また、新聞やテレビだけではなくインターネットを使った情報配信でスマートフォンやタブレット端末で自らに合わせた情報を収集することができるようになっています。

    さまざまな情報が個人に対して降り注ぐ時代になりましたが、逆に多すぎる情報をいかに自分に取り入れてそれをアウトプットとして利用するかと言うところはなかなか難しいと言えるのではないでしょうか。

    私自身も朝のニュースをチェックし日本経済新聞のチェック、さらにはキュレーションサイトから情報を収集するだけでも情報過多になってしまいます。

    降り注ぐ大量の情報をいかに自分自身に取り込み、商談やビジネスに活かすかというところは個人の能力によります。情報に対して受け身になるのではなく、自分なりの情報処理の方法を確立し、アウトプットに結びつけることをぜひとも考えていくべきだと考えます。

    これからもビジネスマンにとって
    情報が過多になるような状況は変わらないので非常に重要なビジネスマンのスキルになるのではないでしょうか。

    目次に戻る⬆


    組織における「21世紀型スキル」

  • 追加
  • 「21世紀型スキル」という言葉を聞いたことがあると思います。

    どんなものなのかをざっと説明しますと、世界の教育関係者が立ち上げた国際団体ATC21sが提唱する概念で、批判的思考力、問題解決能力、コミュニケーション能力、コラボレーション能力、情報リテラシーなど、次世代を担う人材が身につけるべきスキルです。世界の国々も、知識重視の伝統的な教育から、この21世紀型スキルを伸ばせる教育への転換に取り組んでいるのです。

    日本でも20年前から「生きる力」という教育の目標を掲げて来ていました。知力、精神力、体力の三つがバランスよく取れた人材の育成です。そう考えますと、日本ではすでに21世紀型スキルの目指す方向に舵を切っていたということです。21世紀型スキルが生きる力と大きく違うのは、テクノロジーを活用して、協調的な対話ができるようになることを求めている点です。

    この概念は、教育の場だけではなく、我々の組織でも求められている人間像だと思います。
    仕事さえできればいい、愛想だけ良ければいい、ただ動き回っていればいい、というのでは、バランスの取れた仕事はできません。与えられた仕事を誠実にこなし、誰とでも協調でき、健康に働くといった、「生きる力」のある人間として、仕事には取り組んでいかなくてはなりません。

    さらに、パソコンやウエブといったテクノロジーを積極的に仕事に取り入れながら、国際的にも発言力を強めていく努力を一人一人がすることで、組織そのものが大きく進化できるのではないでしょうか。

    人生は一生学びの場であると考え、私も21世紀型スキルを身につけていきたいと思っています。

    目次に戻る⬆


    今後の自動車産業について思うこと

  • 追加
  • 今後の自動車産業について思うことをご紹介したいと思います。

    皆さんもよくご存知の通り日本の製造業の基幹を担うのは自動車産業であることは、疑う余地のないところです。

    しかし、近い将来を見ても自動車産業については世界で新たな動きが出る事は間違いありません。一昔前の上エコカーを早くするかと言うだけではない選択肢が出てきているからです。

    1番大きな要素として取り上げられるのは人工知能、いわゆるAIの進化でしょうか。あらゆる業界で影響を与えつつありますが、特に自動車におきましては、自動運転というところが大きなトピックになります。

    これまでは自動車の運転と言えばすべては人間が担うと言う位置づけでした。ところがこれからの近い未来は自動車そのものが人工知能もして安全な運転を担うと言う役割も果たす可能性が大きくなっています。

    日本でも東京オリンピックには自動運転が実現するような可能性まで出てきています。そして最も大きな違いと言うのは、この自動車の自動運転に関しては自動車産業だけではなくIT業界や電気業界を含め、さまざまな業界ががイニシアチブを握ろうと、開発を進めている点になります。

    もちろん、自動車産業だけで自動運転が実現する事は難しいと思います。だからこそ日本の産業担う自動車メーカーにとっては、これからも世界でイニシアチブを握るような開発を続け、日本社会に恩恵をもたらすような存在であってほしいと願っています。

    目次に戻る⬆


    枯れた技術の水平思考

  • 追加
  • 「枯れた技術の水平思考」という言葉をご存知でしょうか。

    これは、任天堂でゲームボーイ等のヒット商品を開発した故横井軍平氏の言葉で、「既に大量に出回っている物や技術を使って新しいものを作る」という方法です。
    横井氏はこの言葉を実践し、計算機の液晶を応用したゲームウォッチ等の商品を開発してヒットさせました。

    大量に出回っている物や技術であればコストが安くなる、というのがこの方法の利点ですが、それほど単純な意味だけではないと私は思います。

    今の私たちの身の回りには情報があふれており、テレビ、新聞、雑誌、インターネット等それこそ無数のルートから次から次へ情報が送り込まれています。
    その中にはあたかも目新しい方法や考え方として紹介されている者もあるでしょうが、果たしてそうやって新しい方法を使うことだけが正解なのでしょうか。

    私はちょっとだけ違うと思います。
    何故なら、新しい方法を次々と試すことも大事でしょうが、それよりも一つの方法をじっくり試すことも大事だと考えるからです。

    どんな方法にも長所と短所があり、それがすぐに見えるとは限りません。
    最初は面倒だと思ったことでも、1週間、1ヶ月と続けることでそれまで見えてこなかった長所と短所が見えてくることもあり得ます。
    その上でその方法に問題があるのであれば、微調整をしたり、方法そのものを変えてしまえばいいのです。

    以上の私の話をまとめると、「温故知新」と「継続は力なり」という言葉に言い換えることもできると思います。
    私はすぐにでもイノベーションを起こせるような人材ではないかもしれませんが、コツコツと少しずつでも改善と工夫を積み重ねて日々励んでいきたいと思います。

    目次に戻る⬆


    社会人はSNSの利用頻度を高めるべき

  • 追加
  • 業務連絡をSNS上で行う会社が増えてきている今日このごろ、情報流出や公私混同などを危惧して利用を禁じているところがあります。

    健全な経営を目指しているように見えますが、取引先からの評判が悪くなる原因になるかもしれません。
    たとえば、SNSの利用を頑なに拒み続ける社風は流行に敏感という印象を持たれます。
    秒刻みで興味深い情報が公開されていくツールを利用しない会社は、頭が固く時代遅れの製品を作りかねないというわけです。

    社会人がSNSの利用を制限されていると、もう一つ困ることがあります。

    今どき学生からシニア世代まで愛用者が多くいるので、利用すらままならないということは長時間労働が常態化しているのではないかと勘ぐられてしまうのです。とりわけ所属先の名称を公開しているアカウントがあるけれども更新頻度が低すぎるなら、忙しすぎる毎日を送っていると思われ始めるのは時間の問題です。積極的に更新していれば、公私ともに充実していると感じるので安心して仕事を任せられると思います。

    今一度SNSが普及している理由を考えてみると、情報伝達の速さに秀でているのです。

    たとえば、学生のサークル活動にはSNSが欠かせない存在になっています。急を要する連絡事項があれば、SNSの良さを活かした伝達が行えるからです。社会人なら、一分一秒を争う事態は年間にいくつも発生します。社内で使うアカウントは、作っておくに越したことはありません。

    目次に戻る⬆


    子供の携帯電話の所持について

  • 追加
  • 1)導入
    初めて携帯電話を持ったのはいくつのときですか?
    全米では80パーセント以上の子供が15歳になる前に、40パーセント以上が12歳までに自分自身の携帯電話を手にするそうです。
    これは適切といえるでしょうか?

    2)自論
    私は18歳以下の子供の携帯電話利用を禁ずるべきだと考えます。
    今からその理由を3つあげます。

    3)メインポイント
    1つ目の理由は、携帯電話の使用が学業に悪影響だという点です。テキサスとルイジアナの2つの大学の行った調査によると、生徒の携帯電話の持ち込みを禁じた中学と高校では、最大で6パーセント成績が上がったそうです。学校だけでなく、家での使用も禁ずるべきです。

    なぜなら、2つ目の理由として、子供たちの不眠症があげられるからです。サットンホール大学のピーター・ポロ博士の調査では、61パーセントの子供が寝床へついたあとも携帯をいじり、睡眠不足から学業に影響がでていると話しています。

    3つ目の理由は、サイバーブリング、つまり、携帯電話などネット上で行われるいじめです。悪口、グループはずし、なりすまし、など、やり方は様々です。サイバーブリングは、周りのおとなや先生に気づかれにくいということもあり、増加の一途をたどっています。中には、自殺するケースもあり、深刻な社会問題といえます。いじめには、リベンジポルノも含まれます。ティーンエイジの子供たちが、恋人同士となり、関係がこじれたときに起こることもありますが、さらには、出会い系サイトへの安易なアクセスが、リベンジポルノの被害を拡大しています。

    4)まとめと結論
    このような理由から、私は酒やたばこと同じように、携帯電話の使用開始にも年齢制限を設けるべきだと考えます。18歳という年齢は、高校卒業する時期ということで設定しました。ただし、子供が自分で携帯電話を買いに行くのではなく、親が与えるわけですから、この問題を真摯に受け止め、考えるのは、実は親の務めだと言えます。

    もしも今、自分のお子さんに携帯電話を購入しようと考えていらっしゃる方がいたら、この小さな電子機器がいかにお子さんの人生を変えてしまうかということを思い出してください。

    目次に戻る⬆


    スマホに変えました

  • 追加
  • 最近、ようやく携帯電話をガラケーからスマートホンに変えました。
    ですが、初めてのタッチパネルに四苦八苦。
    思うように画面がスライドしてくれないのです。

    思えば、銀行のATMでも画面操作が苦手なもので、体質的にタッチパネルに合う合わないとった要素でもあるんじゃないかと思って調べてみたのですが、面白いことがわかりました。

    まず、銀行のATMとスマートホンでは、根本的にタッチパネルの種類が違うのだそうです。
    ATMは、画面の端から赤外線が出ていて、その光の遮られ方で指の位置を特定しているんだそうです。
    つまり、指がかさかさしていようが関係なし。

    終業後、スーツを着たままATMに行くことが多いので、どうやら指と同時に長袖が画面についているのが原因のようでした。
    今後はATMの前で、まずは腕まくりをしようと思います。
    次に今、奮闘しているスマートホンですが、こちらは微弱な電流で認識しているらしいです。

    普通の手袋をすると駄目で、専用の手袋なら反応するのはそのためだそうですね。
    つまり素手で反応しないのは、私の場合、加齢による乾燥のためということです。

    専用のタッチペンの購入も検討していたのですが、指先に「ハーッ」と息を吹きかけて湿らせると良いと知り、試してみるとかなり改善がみられました。
    同じ悩みをお持ちの同世代の皆さんがいらしたら、参考になればと思います。

    目次に戻る⬆


    現代の生き方についての話

  • 追加
  • 最近はあまり明るいニュースを聞きません。
    殺人事件、ストーカー、公務員のわいせつ行為など、悲しい、またはあきれる話題ばかりです。
    その背景には、インターネットの発達があります。

    この発達とは、二つの意味があります。
    一つ目は、科学の発展による検索範囲の増加です。
    今までは調べることができなかったことなども、簡単に調べることができます。

    二つ目は、使用年齢の発達です。
    今の時代は、小学生の低学年がインターネットを当たり前のように使っています。
    外で遊んで、怒られながらたくさんの体験をしていくことで子供は成長するものです。
    しかし、パソコンやスマホの前にはりついて、知らなくていいことまで知る子供が増えています。
    これらを嘆いていても仕方ありません。

    まずは、これが今の時代の在り方などだと受け入れることが大事です。
    そしてそのあと、良い方向に導くように考え行動することが大事なのです。

    例えば、スマホは子供には早いから禁止する。これはこれでありですが、解決にはなりません。
    スマホは子供だけで使うには早いから、正しい使い方を教えて一緒に使う。こうではないでしょうか。
    正しい答えなんてありません。しかし、正しくあろうと考えることは大事です。

    こんな時代だからこそ、必死に考え続けることが大事なのではないでしょうか。
    な方向転換は、仕事にも日常生活にも生かせると思いますので、ぜひ実行してみてください。

    目次に戻る⬆


    経験に基づく天気予報

  • 追加
  • 6月1日は気象記念日です。
    なぜ6月1日が気象記念日なのかご存知ですか?

    明治8年の6月1日に、東京気象台が東京の赤坂に設置されたのを記念して定められた記念日だそうです。
    この東京気象台が設置されたことで、東京での気象と地震の観測が開始されました。

    明治8年ですから、もちろんコンピュータも無ければ気象衛星も無い時代です。
    観測データの管理や、地震の震度はどうやって測っていたんでしょうね?
    観測データが蓄積されているからこそ、気象予報や地震予知ができるのですから、先人の努力に感謝しなくていけませんね。

    この10年くらいで天気予報が、すごく進歩していると思いませんか?
    私がよく使っているのが雨雲レーダです。
    「もうすぐ強い雨が降りそうだから、今日は寄り道しないで帰ろう」とか、「あと1時間くらいで雨が上がりそうだから、もう少し飲んでから帰ろう」とか判断できますよね。

    ひと昔前までは「西の空に真っ黒な雲があるから、もうすぐ雨が降るぞ」とか「生ぬるい風が吹いてきたから、夕立になるかも」と、五感を頼りに数時間先の天気を予測していましたものね。
    言い換えれば、「個人的気象データの蓄積から導き出した天気予報」といえるかもしれません。
    面白いことに、便利に利用している雨雲レーダの予報よりも、自分の経験に基づく天気予報の方が当たったりします。

    楽しく飲んでいる時に、わざわざ外に出て五感を使った天気予報をする気にはなりませんが、コンピュータの予報ばかりに頼らずに、経験に基づく天気予報の感度は鈍らせないようにしたいと思っています。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク