トンネル内を掃除してくれる、素晴らしいアイデア商品「風ほうき」

  • 追加
  • よく通る高速道路に必ずあるトンネルは、埃や自動車の排気ガスで汚れるにもかかわらず、掃除をしている姿を見たことがありません。
    通常、特殊な清掃車や清掃員の手によって行われるトンネル掃除は、膨大な労力とコストがかかってしまいます。

    トンネル内の汚れた壁面は、照度が落ち運転手にとって危険なため、定期的に掃除を行う必要があります。 そんなトンネル掃除に、清掃車や清掃員を使わず、何の変哲もない60cmの布でできたヒモが勝手に掃除をしてくれる最新の方法に変化を遂げています。

    自動車がトンネル内を走ると発生する風を利用し、揺れたヒモが壁面をきれいにしてくれます。 
    電力や燃料を一切使わず、自然エネルギーの風圧だけで掃除をしてくれるエコなヒモは「風ほうき」と言い、環境に優しい商品です。
    風を受けると360度回転し、摩擦で壁面の汚れを落とす「風ほうき」は、1本あたり直径1,200mmの円を描き、約1㎡の掃除をすることができます。
    「風ほうき」で掃除された壁面には、いくつもの円形の掃除した痕跡があります。
    「風ほうき」が届かず、汚れたままの部分があっても、全体の80%~90%が掃除され、トンネル内の明るさを維持することができるため、問題ありません。

    風の力で継続的に作用する「風ほうき」は、24時間、365日働き続け、5年以上取り替える必要はありません。 また、想像以上に汚れ落ちが抜群なうえ、従来の清掃車と比べ、大幅にコストを削減することができます。 さらに、住宅やビルの壁面、窓ガラスの掃除にも応用することができます。
    高速道路を走るとき、素晴らしいアイデア商品の「風ほうき」を探してみたくなりました。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!