スポンサーリンク



「おはようございます」の挨拶は思っているより一番大事なこと

  • 追加
  •  みなさんは出社したときに「おはようございます」とちゃんと挨拶しているでしょうか?

     ちゃんと挨拶できていない人は、非常に損をしているかもしれません。
    「おはようございます」という言葉には、私たちが思っている以上に重要な意味合いが含まれています。これがちゃんと出来ているかどうかで1日の結果が違ってくると思います。この言葉は「こんにちは」や「こんばんは」という挨拶以上に重要です。そして、その意味合いを意識するだけでこれからの人生が変わってくることでしょう。

     では、なぜ「おはようございます」という挨拶が重要なのでしょうか?

     まず「こんにちは」や「こんばんは」という挨拶と比べてみましょう。他の言葉と違い「おはようございます」は丁寧語になっています。「こんにちは」や「こんばんは」は丁寧語にすることができません。

     芸能の世界では、仕事が始まるときには時間が深夜であっても「おはようございます」と挨拶します。この習慣は、歌舞伎の伝統が始まりといわれていますが、ある歌舞伎役者が先輩に対して「こんにちは」や「こんばんは」だと目上に対して配慮しているように聞こえないけれど、「おはよう」という挨拶だけは「ございます」と丁寧に言うことができる。そのうえ、朝というのは1日の始まりである。朝の挨拶である「おはようございます」という言葉は、「これから始まりますのでよろしくお願いします」という気持ちをこめながら挨拶できる。そんなお話があります。

     また、会社で働くときは、必ず相手がいます。それは上司であったり、同僚であったり……お互いが尊重しあわなければイイ仕事をするのは難しいものです。丁寧語で挨拶することは、相手を丁寧に扱う、つまり敬う意味が自然と含まれます。

     なので「おはようございます」と挨拶するときには、相手に聞こえるように元気よくしたほうが、挨拶の意味を最大限に引き出すことに繋がるのです。

     今までちゃんと「おはようございます」と挨拶できていなかった人は、騙されたと思ってちゃんと元気よく挨拶してみてください。自然とその日は気持ちよくスタートできたことに気がつくでしょう。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    大きな声で元気よく挨拶しましょう

  • 追加
  •  皆さんはようございます。このように、毎朝会社で出会った人々に、また会社の外で自分の関係する人々に
    会ったら、大きな声で元気よく挨拶をしましょう。そして、挨拶された方は大きな声でお返しをしましょう。

     挨拶は人間のお付き合いの基本です。大きな声で挨拶するという事は、挨拶する側の相手に対する気持ちと、
    その日の自分の意気込みを表すものと言えます。また、挨拶を受けて大きな声でお返しするという事は、挨拶
    された方への自分の気持ちと、その日の自分の意気込みを表すものではないかと思います。

     社会人になり会社勤めを始めると、学生時代と違って自らの判断で物事を進めなければいけない場面が相当
    出て来ます。自分の思い描いていた通りに進む場合もあれば、逆に意に反して中々うまく行かない場合等と
    いろいろな事が生じて、時には喜び、時には落ち込むという状況が多く発生している事とお察しいたします。

     そのような時に私はどうするか、私はとにかく大きな声で元気よく挨拶する事を心がけています。うまく
    行っている時ならいざ知らず、落ち込んでいる時はそんな気分にならないだろうとお思いになるかと思いま
    すが、それは考え方一つと言えます。落ち込んでいる時思い切って挨拶してみましょう。挨拶を返してもら
    えれば自分の気持ちが相手に伝わっている訳ですから、それだけでも気分が晴れるでしょう。

     また、もし自分と相性の良くない相手と出会った時、この時も大きな声で挨拶してみましょう。大きなあなた
    の思いが相手に伝わるはずです。逆に小さな声だと、その声の小ささをあなたの気持ちとして相手が受け止めて
    しまうでしょう。どうぞ皆さん、大きな声で元気よく挨拶しましょう。

    目次に戻る⬆

    スポンサーリンク




    毎日気持ちよく仕事をしましょう

  • 追加
  • 最近感じているのは社内で挨拶する人が少なくなってきていることです。
    守衛さんが入り口に立っいて朝の出勤時に必ず挨拶してくれますが、何も反応しないでそのまま行き過ぎてしまう人がいます。

    職場でも大きな挨拶でおはようと言えば気持ちよく返事ができるので、してみたらどうでしょうか?特に若手の人が挨拶できていないように思えるので聞いてみたところ、最初は挨拶していたけれど返事をかえしてくれないのでしなくなったという人もいます。

    挨拶は最初のコミュニケーションの場なので、おはようといわれたら一人一人面倒だとおもわずに挨拶していきましょう。みんながすれば必ずいい習慣となり、毎日さわやかな一日がスタートできると思います。

    それから最近メールが多いようにおもっています。そんなに席が離れていなくてもメールで要件を伝える人が多くなっていると思いませんか?自分も昔は面倒だったのでメールですませていましたが、時間がかったりうまく伝わらずに何回もやりとりしていることに気づきました。

    そこで少し離れた席にいる人のところでも直接押しかけて話すように心がけるようになりました。もちろん事前に電話をしてから行くことが大事ですが、少しの時間ぐらいなら迷惑になることはないです。相手の眼をみたり表情でメールの数倍の情報が得られるのでおすすめします。

    もちろん複数の人に情報を伝えたり、履歴を残したりすうることも大事せすが余計なメールを抱えていることはありませんか?一度ためしてみるとメールでなくても解決できることはいくらでもあります。昔はメールが無くても十分コミュニケーションが取れていたことを想い出してください。

    目次に戻る⬆


    「すみません」ではなく「ありがとう」

  • 追加
  • 時々、「すみません」を頻繁に使う人を見かけます。

    もちろん悪いことではありませんし、日常生活には欠かせない言葉の一つです。
    時には「すみません」の一言があったおかげで、大きなトラブルを回避できたということもあるでしょう。
    ただ、必要ではない場面での多用は、相手に不快感を与えかねませんし、何より自分自身のために良くないと思います。

    仕事をしていると、様々なシチュエーションに遭遇します。
    お願い事をする時もあるでしょう。
    例えば、自分が仕事を多く抱えていて困っている時や、分からないことがあって同僚に質問したい時などです。

    そんな時、まず「お忙しいところすみません」と言うことは、礼儀として正しいと言えます。
    ただ、お願いを受けてもらった後の「すみません」は、できれば、「ありがとうございます」にしたいものです。

    せっかく引き受けてくれたのですから、お礼の言葉を言うことを心掛けましょう。
    お礼を「すみません」にしてしまうと、自分としても悪いことをしてしまったという気持ちがどうしても残ってしまいます。
    依頼された側も、謝られるよりは、お礼の言葉を言われた方が気持ちが良いと思うのです。

    日本人は日常会話で「ありがとう=すみません」になっていることが多いような気がします。
    なかには、「すみません、すみません」と必要以上に連呼している人もいます。
    そこに感謝の気持ちは含まれているはずなので、それが悪いとは言いませんが、少しもったいないと思います。
    自分の心も、相手の心も、気持ち良いものにした方が、仕事もうまく回っていくはずです。

    今日から、いや、今からでも早速「ありがとう」を言う習慣をつけしましょう。

    目次に戻る⬆


    人間関係を良くするには「挨拶」から

  • 追加
  • 私は相手の人より先に挨拶をする事を心がけています。

    当然ですが目上の方には必ず私からするようにしています。
    目上の人に挨拶をする時はもし座っていたら立って相手の方に正視して行います。
    それから自分より若い人部下でも私の方から先に挨拶をするようにしています。
    朝は「おはようございます」日中は「ご苦労様です」とか「お疲れ様です」

    そして帰る時には「お先に失礼いたします」とても簡単な事ですが
    忙しかったり気分の悪いときなど時々しない時がありますがそんな時
    後からとても不快な気分になる事があります。

    時にはあの人挨拶をしないが私の事を嫌っているのではと思ったりして
    人間関係までギクシャクしてしまいます。
    私はそうならないように出来るだけこちらから挨拶をするように
    しています。

    挨拶をして相手からも気持ちよく挨拶が返ってくると
    その日一日とても気持ちよく付き合えます。
    逆に挨拶しても返ってこないとその日一日その人に会っても
    次の言葉が出なかったりその人を見かけたら避ける時があります。
    それではとても悲しくて良くないです。

    特に一緒に仕事をしている同僚でしたら良い仕事が出来ないと思います。
    私はこれからも人間関係を良くする為また良い仕事をする為にも
    私のほうから先に挨拶をするようにしたいと思います。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク