テレビドラマの視聴方法について

  • 追加
  • 皆さんおはようございます。最近テレビドラマをご覧になっていますか。

    女性陣はほとんどの方がいろいろなドラマをチェックされていることかと思います。私も毎クール少しずつドラマはチェックするようにしています。しかしながら残業やお付き合いでドラマを見れない日も結構あるのが実態です。もちろん毎週予約でレコーダーに録画はしていますが溜まっているドラマを見るのは意外に時間がかかるものです。

    だからこそ翌日仕事が休みの金曜日や土曜日の夜、家族とテレビが取り合いにならない時間を狙ってドラマを貯めて見ることにしています。ドラマのストーリーをしっかりチェックするためにも意外に移行したためてみることが良いなと感じることもあります。

    ほとんどのドラマが今は10回程度で最終回を迎えますので合計するとテレビCMを除けば5時間ほど時間が取れれば1つのドラマを全てチェックできることになります。もちろん家族と一緒にテレビをチェックするとなれば、なかなか時間合わせることが難しいので感動の共有と言う意味では時間を合わせてチェックした方が良いのですがなかなかそれは難しいものです。

    だからこそ、ドラマをチェックした後はその内容について家族で議論を交わす時間を取るのも良いでしょう。とは言えお父さん方と家族の皆さんでは見るドラマのタイプが違うのでなかなか会話を合わせることも難しいのではないでしょうか。ここはお父さんの家族サービスへの努力次第だといえます。

    目次に戻る⬆


    趣味の時間について

  • 追加
  • 私は趣味の時間を大切にしています。
    それは、自分自身のためでもあり、仕事のためでもあります。

    皆さんも一つは趣味をお持ちだろうと思います。スポーツであったり、芸術であったり、人によって様々あるでしょう。
    しかし、日常生活の大半はお仕事に費やしていますので、趣味の時間は仕事に比べれば少ないものになってしまうかと思います。

    しかし趣味は必要不可欠です。仕事だけでは息が詰まりますし、時に苦しくなるでしょう。そういった時に趣味の一つ二つで気分を転換することができます。
    趣味でリフレッシュして仕事に臨むと気持ちも明るくなり、よりよい仕事ができるのではないでしょうか。

    そんな趣味の時間は、仕事をする上でも非常に有用なものです。そこで私は、趣味の時間を確保することも大切ですが、わずかな時間でもできる、普段から実践できる趣味を新たに見つけることも大切なのかなと思いました。
    幸いにも私は昔から無類の読書好きですので、仕事後の時間を趣味の読書の時間にあてることができます。誰もいない部屋にこもって、自分の興味のある本を読むことに没頭できるのは、私にとって至福のひと時です。とても幸せです。

    こうして気持ちをリフレッシュさせ、さらに本を読むことで知識も深めることができ、一石二鳥なのかなと思います。

    これからも仕事のため、自分のために趣味を大切にしていきたいと思います。皆さんも、人それぞれの趣味を大切にして、楽しく仕事に臨めるように頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    イチゴ栽培の楽しみ方

  • 追加
  • 皆さんは園芸に関心はあるでしょうか?

    園芸は大きな庭など無くても、自宅のベランダなどで楽しむ事が可能です。季節折々の草花を植えて楽しむのも良し、ハーブなどを植えて料理のちょっとしたアクセントに使ったり、渋い所では盆栽に取り組む事で出来ます。

    そんな中で、私はイチゴ栽培に何年も取り組んでいます。ホームセンターで赤い実を付けた苗を見て、3株衝動買いしたのが始まりでした。何年も栽培し続けていると、実を沢山付けさせるにはどうすれば良いか、また甘いイチゴの実を成らせるにはどうすれば良いか等、毎年自分なりのターゲットを持って栽培していると、これが結構楽しくて今も栽培を続けています。

    イチゴが白い花を付けると綿棒で受粉を助けてやり、実が大きくなりだすとナメクジにやられない様注意します。こうして赤く熟した実は、甘くできた年にはそのまま頂き、甘みが少なく酸っぱいだけの時には、それをジャムに加工して頂きます。

    実の季節が終わると、1株から何本かのリードが伸び、その先に小さな新芽が出ます。この新芽の部分をリードを付けたまま小さな植木鉢に植えると、新芽の下に新たな根が生え、新たな苗を取る事が出来るのです。3週間ほどして根が着いた頃に、リードを切り落とせば完了です。

    こうして元の親株は捨て、小さな植木鉢に取った新たな苗の状態で越冬させ、春が訪れると、この新たな苗をプランターに植え直し、大きく育てるのです。これを繰り返す事で、イチゴの株は徐々に増やす事が可能で、最初3株であったものが、今では20数株に増えています。

    それほど手間も掛からず、実が成る事を楽しみにでき、園芸初心者にはイチゴ栽培はお勧めですネ。

    目次に戻る⬆


    7月からDlifeでERの再放送が始まります。

  • 追加
  • テレビの話題になりますが、、アメリカで爆発的な大ヒットとなったER(緊急救命室)が再放送されます。
    今回の再放送だけでなく、何十年も再放送されてきているERの魅力について考えてみました。

    ERは医療現場の大変さを物語っています。また、もろもろの医療シーンがかなりリアルに演出されています。実際にモデルとなった病院があります。救急病院を基に物語が進んでいきます。

    アメリカの銃の問題とか、黒人問題や社会問題をしっかり物語に入れてきています。
    救急医療の大変さとか、医療現場のリアルな問題が数多く取り上げられていました。

    人間関係においても、単なる恋愛とかではなく、一人一人の登場人物に光を当て、医師として・看護師として・一人の人間が、苦悩し、成長し、指導者になっていく様子などがリアルに演出されています。

    初めて見る方にはドキュメントドラマと勘違いする方もいらっしゃるかもしれません。
    医療に興味がなかった一般の方も、ERを見る事により、自分の脳梗塞の早期診断ができた方など、演出のリアルさが、見ている人に自然と医術の勉強となり、日常に活かせているのです。医療業務に携わるわたしも、医療の救急現場を知る事が出来たし、実際の仕事にも役に立つことも多かったです。

    本物を追及する人達による作品は人の心を打ち、沢山のスタッフの心を動かし、何年も何年も再放送されるほど素晴らしい作品になりました。

    私たちも組織人の一人として、本物を追及し、よりよい仕事に繋げていきたいものです。

    目次に戻る⬆


    快適に夏を過ごすツール

  • 追加
  • 皆さん、7月になりました。
    6月からのクールビズ試行に伴い、クーラー等がなくとも快適に過ごせるような服装等、それぞれ創意工夫を凝らしているかと思います。

    ところで、より快適に夏を過ごすために、「ハッカ油」を生活に取り入れてみることを提案したいと思います。

    ハッカ油(はっかゆ)とは、薄荷やミントの葉から抽出される油のことで、様々な場面に使える天然素材で、ドラッグストアなどで800円ほどで簡単に手に入れることができます。
    ハッカ油には防虫、防カビ作用があるだけでなく、夏にはお風呂の水や、シャンプー、ボディウォッシュに数滴加えるだけで爽快感がアップします。

    また、特に夏におすすめなのは「ハッカ水スプレー」です。
    制汗スプレー代わりにもなる上、冷感効果もあるので火照った体にシュッとふきかけるだけで、リフレッシュできます。

    作り方はとても簡単。

    1)スプレー容器に、消毒用エタノール10mlを入れ、その上からハッカ油20滴を入れる。
    2)容器のフタを締め、エタノールとハッカ油が混ざるようによく振る。
    3)容器のフタを開け、水90mlを加える。
    4)再度フタを締め、よく振る。

    以上で完成となります。

    ただ、ハッカ油に限らず、エッセンシャルオイル(精油)全般に言えることですが、直接、原液を皮膚に つけたり、手で触ってはいけません。濃縮されているので刺激が強すぎるので気を付けてください。

    また、天然素材100%とはいえ、アレルギー反応を起こすこともあるので気をつけたいものです。
    いずれにせよ、この夏、ハッカ油を使って快適な日々をお過ごしくださいね!

    目次に戻る⬆


    「千両みかん」という話に思うこと。

  • 追加
  • 7月に入り、暑い季節になりました。
    この時期になると「千両みかん」という落語を聞きたくなります。

    私の好きな5代目古今亭志ん生師匠が演じていたものです。今はネットでも聞くことができる時代になりました。

    話の筋はこうです。

    夏の暑い盛り、ある呉服屋の若だんなが急病で、「明日をも知れぬ命」になりました。
    医者の診断では、「これは心の病、願いが叶いさえすれば、きっと全快する」
    そこで父親は息子の悩みを聞き出そうとするが、なかなか聞き出せません。
    好きな女の子でもできたとか親には言いづらいことがあるのかもしれない、と息子が子供の時から仲良くしている番頭を使って聞き出させると、
    なんと悩みは「みかんが食べたい」

    現代のような、冷蔵庫がある時代ではなく、夏の盛りにみかんがあるわけがありません。
    しかし、息子可愛さで主人は番頭に無理難題を押し付けます。

    「もしみかんがないと言えば、息子は気落ちして死んでしまう。そうなったら、お奉行様に訴えて、お前は『主殺し』で磔だ。それが嫌なら…」
    いや、今のブラック企業がかわいらしく思えます。
    主人に脅され、番頭は大慌てで外に飛び出していった。
    あちこち探してみたものの、やはりみかんは見つからず、暑さで目が回り磔柱が目の前にチラチラ…。

    と、ようやく神田の青物商で、奇跡的に1個だけみかんが見つかります。値段はなんと1個1000両。
    今のお金に換算すると約1億円です。正気の沙汰ではありませんが、息子可愛さに主人はぽんと1000両出してそのみかんを買います。
    みかんを食べて、息を吹き返す息子。そして3ふさ残して、「これを両親とお祖母さんに」と番頭に手渡しました。

    渡された番頭は思います。「一ふさ百両。三つ合わせて三百両…。このままずっと働いたって、そんなお金は手に入らない。
    それならいっそ、このみかんを元手に…」とこの番頭、三ふさのみかんをを持ってそのまま失踪してしまうという何ともばかばかしいお話です。

    私が筋だけ話してもあまり面白くはないでしょうが、志ん生師匠のあの破天荒な語り口で聞くと、笑いが止まらないですよ。

    特殊な事情でたまたま莫大な値が付いてしまったみかんを、どこでも通じる資産と錯覚し、自分の未来を捨てて失踪してしまう番頭。
    これがみかんだから笑えますが、たとえば、仮想通貨のような投資の資産だったらどうでしょう?

    昔オランダではチューリップの球根に馬車1台の値がつくようなバブルがあり、崩壊と同時に数多くの人が破産しました。
    冷静に考えればおかしい話でも、渦中にいると判断ができなくなる、そんな戒めとして考えてもらえればいいかなと思います。

    それでは、今日も1日頑張りましょう。

    目次に戻る⬆


    家族で楽しむバーベキュー

  • 追加
  • 7月は梅雨明けと共に本格的な夏が始まります。
    子供達も夏休みとなり家の中もにぎやかになります。

    子供達が夏休みになると同時に我が家の楽しみが始まります。
    それは家族でバーベキューです。
    休日前の夕方に庭でやったり、休みの日に河原でやったりします。

    雨が降ったらできませんがそこは梅雨明けですからほとんど大丈夫です。
    日々の仕事のことを完全に忘れ、楽しいひと時が過ごせます。

    休日の前日、仕事が終わってから買出しに行きます。
    この買出しも楽しいです。
    肉、野菜を中心に、子供達や妻の食べる姿を想像しながら食材を探します。

    バーベキューセットを組み立て、炭をおこし、焼き始めます。
    たくましいお父さんの見せ所です。
    言葉ではなく、行動で子供達に暗黙の教育をしているのです。

    さてこんな楽しいバーベキューが終わるとまた仕事の一週間が始まります。
    でも今度のバーベキューのことを考えると仕事に力が入ります。
    家族バーベキューが目的で、そのために仕事を頑張っているとでもいいましょうか、目的あってこその仕事です。
    つまり、今度こうしようとか、次はこうしようとか常に期待感を持ち、未来志向の考え方が人間をネガティブにせずポジティブにすると思います。

    私は季節ごとに、仕事、家庭、趣味など色々な目的を持っています。
    この目的にたどり着く為に仕事の目標を定めています。
    このことが仕事に対して常に前向きになれると思っています。

    皆さんも何か目的や期待をもって仕事に励んでみてはどうでしょう。

    目次に戻る⬆


    アロマテラピー

  • 追加
  • みなさんは、仕事やプライベートなどでストレスを抱えたとき、どのようにストレスを解消していますか?

    スポーツ、飲酒、お風呂、ショッピングなど、いろいろなストレス解消法があると思います。でも、スポーツをするには着替えたり、場所を移動したりしなければいけないでしょうし、飲酒やショッピングにはお金が掛かります。その中でお風呂は比較的手軽ではありますが、さすがに仕事中にお風呂に入ることは出来ませんよね?(外回りの営業の方で、ちょっと銭湯、なんて方もいるかもしれませんが・・・)

    そこで、手軽なストレス解消として皆さんにおすすめしたいのが私の趣味、アロマテラピーです。アロマテラピーは、植物の香りや様々な働きの力をかりて、心や身体のトラブルを解消し、健康増進や美容に役立てていこうとする自然療法の一つで、ストレスを和らげる手段として注目されています。

    アロマテラピーというと、おそらく「香りを嗅いで良い気分になる」程度のものだろう、皆さん考えられているかもしれません。しかしヨーロッパなどでは古くから伝統医学、民間療法の一つとして知られ、フランスでは第一次大戦時、戦場での治療にティーツリーやラベンダーなどの精油が治療に使われていたことなどもあり、現代でもフランスで「アロマテラピスト」を名乗ることが出来るのは医師のみだと言われています。薬の代わりに使われてしまうほど、アロマテラピーの世界はとてもとても深いのです。

    では、どんな効果があるかというと、精油の種類は300以上あると言われ、その一本いっぽんがそれぞれ異なる薬効を持つため、こうだと一言で言うことはできませんが、おすすめの精油といえば、間違いなく「ラベンダー」です。

    正確にいうとラベンダーだけで数種類あるため「ラベンダー・アングスティフォリア=真正ラベンダー」という精油をおすすめします。これは、赤ちゃんにも使える安全な精油で、アトピー性皮膚炎に効果があると言われていたり、火傷にも使えるなどお肌に良い精油とされていますが、香りがもたらすリラックス効果も抜群と言われています。

    オイルのボトルは小さいので、デスクの引き出しなどに入れておいて、ちょっと疲れているな、イライラしているな、と感じた時、ティッシュに数滴たらして香りを嗅ぐだけで、ふっと気持ちが落ち着くのを感じるはずです。また、無臭のハンドクリームなどに混ぜて使えば、リラックスする上に、お肌もスベスベになるという嬉しい効果も。

    最近少しストレスを感じ気味だなと思ったら、ぜひアロマテラピーを試してみてください。

    目次に戻る⬆


    私の趣味は映画鑑賞です。

  • 追加
  • 私は映画を観るのが好きで、洋画、邦画、それにジャンルを問わず週末には映画館へ足を運ぶほか、DVDをレンタルして自宅で映画鑑賞を楽しんだりもしています。

    国内外に数多くの著名な映画俳優さんがいますが、その中でも私が最も好きな俳優さんは、今は亡き高倉健さんです。「幸せの黄色いハンカチ」「八甲田山」など数多くの名作に主演されていて、私にとってはまさにスターともいえる存在です。

    その名だたる主演作品の中でも私が最も思い出に残っている作品は、中学生の頃に友達と一緒に初めて映画館に行って観た映画で、森村誠一氏原作の「野生の証明」です。当時流行った角川映画の1つでテレビコマーシャルなどでも大々的に宣伝されていましたから、映画を観ていなくてもタイトルだけは知っている、という人も多いのではないでしょうか。

    豪華キャスティングでスピーディなストーリー展開、それにアクションシーンも多くて、健さんの骨太さ、優しさ、男らしさなどが前面に表れている魅力見ごたえ十分の作品です。

    しかし私がこの作品を観るために劇場に足を運んだのは、健さんが主演していたから観に行ったという訳ではなくて、あこがれの薬師丸ひろ子さんのデビュー作ということで、それが楽しみで観に行ったというものでした。その二人が、実の親子ではないけれども親子という設定で暮らしている場面が映画の中であります。

    そしてふと気が付くと私も現在高校生の娘がいるのですが、なかなか健さんのようなカッコいい父親にはなれないなあ、と思ったりしている今日この頃です。

    目次に戻る⬆


    読書について

  • 追加
  • 最近、空き時間等を利用して読書をする様に心がけております。
    小説や啓発本など色々と読んでいる中で、最近読んだ本についてご紹介させて頂きます。

    皆様は心理学などにご興味がありますでしょうか。
    入門書や読みやすい本等も出ており、「心理学」といっても敷居が下がって非常に読みやすくなっております。
    当初は私も心理学なんて読んでも変わらないかなと思いつつも、軽い気持ちで読み始めたのですが、思った以上に面白く読みやすいものでした。

    特に印象深かった一説をご紹介致します。アドラーの心理学入門という本の一説です。
    私はダイエットや勉強等のつらい事は中々継続する事ができないことが多く、「したいのに出来ない」と考えておりました。

    しかし、本の中には「出来ない」のではなく、「したくない」から「しない」のだと書かれておりました。
    自分の決定に感情との矛盾はなく、全ての決定は自分が望んで選択しているという考え方です。

    当たり前の様な事に感じるかもしれませんが、「できない」と考えるより「したくない」と自分で拒否していると考えた方が行動の選択に責任を持つことができます。
    人や環境のせいにしないという事はあたり前に大切な事ですが、読書を通して再確認する事により、
    改めて考える時間を持つことが出来たと感じております。

    読書は少しの空き時間や、移動中などにお手軽に読む事ができます。
    最近では、携帯電話やネットニュースが盛んになり、読書する人口は減っているといわれております。

    そんな時代だからこそ、本を読み知識を身につける事で様々な切り口の考え方や知識を磨いていきたいと考えております。
    皆様もおすすめの本等御座いましたら、是非教えて下さい。以上です。

    目次に戻る⬆


    普通だけど、趣味は読書

  • 追加
  • 私の趣味は読書です。小学生の頃からすでに趣味は読書でした。

    でも、趣味は読書って人は多いですよね。
    無趣味もなんだから、趣味は読書、という人もいるし、どのくらいの読書量なら堂々と言えるのか分からないけど、私は「そこそこ」程度かと思います。

    私は中学受験をするために、小学校高学年はほぼ毎日塾通いの日々でしたが、塾の休み時間にも推理小説など自分の好きな本を読んで過ごしていました。
    もっと受験に役立ちそうな、夏目漱石などの本を読んでいたら、もっと国語の成績が上がっていたのかもしれませんが、残念なことに私が一番好きだったのは江戸川乱歩の少年探偵団シリーズでした。

    中学受験での面接は集団面接だったのですが、その面接で「最近読んだ本は何ですか?」と聞かれました。
    読書好きな私なら、何かいい答えを返せたとお思いですよね。でも緊張していた私は、最近小学校の国語の教科書に出ていた小説の名前を挙げました。
    すると、「なぜ、その本を読もうと思ったのですか?」と聞かれました。

    子どもって正直ですよね。うまい嘘も思いつかず、「学校の教科書に出ていました。」と答えました。
    先生たちの笑い声を聞いて、落ちたなと思いました。

    その中学が私の大好きな母校となりました。
    中学高校では、勉強が忙しくてあまり読書ばかりしていた記憶はありません。

    しかし、大学に入学してから、暇な時間が結構あったので、色々な本屋へ出かけては3~4時間立ち読みすることもしょっちゅうでした。
    アルバイト代はほとんど本代に消え、それでも足りなくて、お金のない時は立ち読みで全部読むという日々でした。

    今でも読書は私の趣味です。読書量は減ってはいるけれど、少しでも読書することは私の小さな幸せでもあります。

    目次に戻る⬆


    手作り?と聞かれない服作り

  • 追加
  • 私の趣味は、洋裁です。ミシンで自分の服や小物を作ったりします。

    もともと手先は器用な方で、小学生の時は手芸部に所属し、中学では休み時間に刺繍をするような子どもでした。
    ミシンは中学校の授業で初めて使ったと記憶しています。
    最初はパジャマ、次にジャンパースカートを作りましたが、厳しい先生に縫い目や仕上がりを褒められてうれしかったです。

    家でミシンをやるようになったのは、大学生の最後の年。きっかけは忘れたけれど、デニムのスカートを作りました。
    大学にも着ていけるレベルのもので、誰にも手作りと思われなかったのも気分が良かったです。
    「手作り?」と聞かれることは、実はうれしくないんです。だって、いかにも手作りしたようなものですねって言われているようなものですから。

    そう、なんだかダサいイメージがあるんですよね。手作りの服。

    それは、売っている型紙が悪いせいだと思います。なんだか野暮ったい、ダボッとした、よく言えばナチュラルと言えなくもないけど、という感じの型紙ばかり。
    おそらく、体にフィットするような洋服が仕上がる型紙だと、サイズが合わないとクレームがつく可能性があるからなのでしょう。
    万人向けの型紙を作ろうと思うと、やはり誰でも着ることのできるダボッとした服になってしまうのでしょうね。

    洋裁を習っていれば、型紙の補正をして、よりよいデザインにできるのかもしれません。あるいは型紙を自分で作ることもできますね。

    私の場合は趣味の範囲なので、数ある型紙の中から少しでも自分の体形に合う服のできる型紙を探して、「手作り?」と聞かれないような服を作れればいいなと思います。

    目次に戻る⬆


    ドラマ大好き

  • 追加
  • 私の趣味は、ドラマ鑑賞です。国内ドラマ専門で、海外のドラマはあまり興味がありません。
    というより、国内のドラマだけで時間が足りないくらいです。

    1クール3か月の中で、毎週7つはドラマを見ています。1日1つというわけではなく、1日に3つ、最低でも3時間というハードなスケジュールの日もあります。

    とてもじゃないけど平日にそんなに時間は取れないので、基本は全部録画してからの視聴になります。
    リアルタイムで見ることはまれで、毎日だいたい1~3日前のドラマを2本ほど見たりしています。見ない日もあります。

    どういうドラマが好きかというと、20代の頃は中高生や大学生が主人公の学園ドラマみたいなのが好きでしたが、最近は年齢が上がってそのノリについていけないのか当時の気持ちを忘れてしまったのか、あまり見なくなりました。
    やはり、主人公に感情移入しながら見たいと思うのか、自分と同じ年代の出演者の多いドラマを見ることが最近は多くなってきました。

    内容は、恋愛ものよりもサスペンス、警察、病院ものなんか大好きです。
    恋愛ものなら、不倫。それなら絶対見ます。自分は不倫はしません。その分、ドラマの中で感情移入して満足するのです。
    警察、病院ものなら、1クールに必ず合計4つはやるので、その中から2つくらい好きなのを選んで見ます。
    何でも好きなわけじゃないです。やっぱり出演者が大事です。

    よく、ジャニーズが主演だと、ネットなどでたたかれることがありますよね。
    私はジャニーズファンではないけれど、ドラマの内容とジャニーズの出演者が合っていれば、別に嫌うこともないんじゃないかなと思います。

    一番大事なのは、ドラマの内容に感情移入して、現実逃避できるかどうか。それが私のドラマ選びの需要なポイントです。

    目次に戻る⬆


    私の趣味

  • 追加
  • 私の趣味は旅行です。国内、海外それぞれの良さがありどちらも大好きです。

    旅行が趣味の理由は気分がリフレッシュできることです。毎日、代わり映えのない毎日の繰り返しで悩むこともたくさんあります。そんな時は現実を少し忘れて旅行に行きます。綺麗な景色、美味しい食べ物、自分を知る人がいない街、そこにいるだけで悩んでいた事がちっぽけに感じてしまうのです。

    お手頃に行くなら国内旅行です。友度を誘って1泊でも充分楽しめます。1泊なら予定を合わせやすく簡単に行くことができます。また費用もそれほど掛からないので少し節約したご褒美に行っています。

    頑張ってお金を貯めて海外旅行にも行きます。回数は多く行けませんがボーナスなどを貯めて最高のリフレッシュとして行きます。

    海外旅行は言葉や文化が違うで国内旅行にはない新鮮さやワクワク感が味わえます。私は日本語以外話せないので、楽しむためにツアーを組んで参加しています。ツアーに参加すると現地ならではのイベントをまとめて楽しめるので気に入っています。今まで韓国、香港、グアム、フランス、スペインに行きました。どの国もそれぞれの文化を楽しめ忘れられない思い出がたくさんできました。

    また、旅行には現地の人との出会いもあります。学ぶこと、今の自分に重ねて自分自身を振り返ることができるので好きです。自分を見つめ直すきっかけになります。
    これからも旅行を楽しみながら、自分磨きをしていきたいです。

    目次に戻る⬆


    趣味を持つ事の大切さ

  • 追加
  • 皆さん、趣味はお持ちですか?

    ゴルフ、写真などが趣味の方もいらっしゃるかもしれませんが、なかなかこれと言って「趣味」と言える物が無い方も多いのではないでしょうか。

    なぜ趣味は大事なのだと思いますか?私は、「自分が楽しめる趣味」を持つ事で、自分の心がリラックスできる時間を確保できるからだと考えています。
    趣味をしている時間は、おそらく仕事やその他の事を忘れて、ただただ「楽しい」と感じているはずです。人間は、そのようにただ「楽しい」と感じる時間で自分の心をリラックスさせています。

    そういう時間が無いと、いつまでも気が張り詰めたままで、いつか心が疲れてしまいます。
    実際、楽しい事をしている時は時間を忘れてしまいますよね。それは疲れを感じていないからです。小さい子なんかわかりやすいですね。

    ですから、趣味は必ずしも一つに決める必要は無いし、長く続ける必要も無いと思います。
    よく「趣味は何ですか?」という質問に対し、「趣味と言える程ではないから・・・」と言い淀んでしまう方がいらっしゃいます。
    でも、趣味はそんな固く構える必要は無いのです。

    高校生の頃からずっと写真にハマっています、という方もいらっしゃるかもしれません。ここ数年は釣りばかりしています、という方もいらっしゃるかもしれません。
    でも、今月からガンプラ作りに熱中しているというのも趣味ですし、毎週末友達と飲みに行くのも趣味です。掃除が好きなら掃除が趣味でも良いのです。

    何でも良いのです。とにかく何か一つ、自分が楽しめる趣味を持つようにして、心をリラックスできるような時間を作るようにしましょう。

    目次に戻る⬆


    テニス漬けの人生です

  • 追加
  • わたしの趣味はテニスです。中学生・高校生時代から部活でソフトテニスに熱中し、インターハイを目指して練習に励んでいました。

    その後大学で公式テニスサークルに入り、社会人になった現在も毎週休日には公式テニスをしています。地域の社会人テニスサークルに入っており、地元の河川敷にあるテニスコートで夢中でボールを追いかけています。見てお分かりの通り、1年中日に焼けて真っ黒なのはそのせいです。

    また、家族も全員テニス経験者というテニス一家なので、時々両親・姉妹とも練習をしたり、姉の実業団の練習に参加させてもらったりもしています。なので、毎週土日はテニス三昧です。時には1泊2日で県外の大会へ行ったりもします。

    個人戦も好きですが、やはり団体戦が1番好きです。試合前に全員で整列挨拶するときの空気感や、自分の試合に勝敗がかかっているときの緊張感はたまりません。仲間の応援をしたり、他の人の試合を見て研究するのも楽しみです。試合後は帰り道に温泉へ行き、皆で疲れを癒したり、試合の反省を話し合ったりしながら団結力を深めています。

    わたしが所属している社会人テニスサークルは、現在部員募集中です。年齢やレベル、男女問わず募集しているので、テニスに興味がある方がいれば、ぜひお声かけください。一緒に爽やかな汗を流しましょう。

    また、対戦相手も募集中なので、もし他チームに所属されている方がいれば、ぜひ試合申し込みお待ちしております。

    目次に戻る⬆


    趣味から考えたリフレッシュ方法

  • 追加
  • 仕事で行き詰まったり、アイデアが浮かばなかったり、色々とストレスを感じることはありませんか。
    そんな時、趣味を堪能してリフレッシュする人も多いと思います。

    でも平日の月曜日や火曜日に趣味に没頭し堪能する時間が取れる人ってそんなに多くはないはずです。
    そこで私が実行している趣味の延長上でできるストレス解消法を話したいと思います

    早速ですが、私の趣味は釣りと山歩きです。

    釣りをするには海に行かなけばならないので平日には到底、実行はむずかしい。
    しかし、山歩きは街と山の違いはあれど歩くという共通項があります。
    でもそれだけでは山歩きと同じ効果は得られません。どうすれば同じ効果が得られるかを考えてみました。

    山の魅力の一つに環境や心境の変化で景色や風景の映り方や感じ方が全く異なり、同じ景色がないということがあります。
    このような違いが感動や刺激を生みストレス解消に効果を発揮するのではないかと思いました。
    ではどうやって都会の街で刺激を見つけるかというと答えは簡単、注意深く観察して歩くことで解決できました。

    電車の中から見た風景と歩いて見た風景が違っていたり、少し路地に入ってみると昔ながらの商店街が隠れていたり、さらに臭いも感じることもあります。
    何気なく見ていた風景も五感を研ぎ澄ませ、歩くことで山歩きと同じ効果を見つけられたことで気分転換やリフレッシュが容易に出来るようになりました。

    また、美味しそうなラーメン店、焼き鳥屋さん、安い八百屋なども詳しくなるという副産物も。
    もう一つ大事なことをいい忘れていましたが、程よい運動が出来て、ビールが美味しくなります。

    皆さんも時間がある時など試してみてはいかがでしょうか。
    きっと小さなことでも何か発見出来たら、刺激となって凝り固まった思考がほぐされるはずです。

    目次に戻る⬆


    旅行の魅力

  • 追加
  • 私の趣味は旅行をすることです。私はまだ行ったことのない地に足を運ぶと胸が高鳴ります。

    今回は旅行の魅力を4つ説明いたします。

    第一の魅力は計画を立てることです。交通手段、どこへ行くか、宿泊先などを自分考えてどのような旅行になるかを分析していくのが楽しいのです。計画によっては予期せぬトラブルが発生することがあり、それを乗り越えていくのも楽しみの一つです。

    第二の魅力電車やバスに乗っているときに窓から背景を眺めることです。目の前に広がる輝く海、広大な大地にそびえ立つ山、素晴らしい絶景を見ていると心が癒されます。絶景をカメラで撮影してプリントして自宅でコレクションとして飾っていくのも楽しみの一つです。日本の自然の雄大さを実感することができ、それに加えてこの自然をいつまでも守っていきたいと思いました。

    第三の魅力は人々との交流です。駅で迷っているときに分かりやすく案内してくれる駅員、宿泊先の旅館で丁寧に接待してくれる従業員、心が温まります。人々の心の温かさに触れることができますよ。

    第四の魅力は美味しいものを食べることです。そこでしか食べることができない食べ物いわゆるご当地グルメに出会うことも楽しみの一つです。その地の人が育てた野菜や家畜をその地の人が調理する料理は絶品です。私は野菜や家畜、それらを育てた人に調理した人に感謝の気持ちで一杯です。食べ物に対する感謝を改めて実感することができました。

    旅行をすると今までに出会ったことのない人や経験に出会うことができます。皆さんも一度は旅行をしてみてはいかがでしょうか?

    目次に戻る⬆


    大人から楽器を習い始め、交友の幅が広がりました

  • 追加
  • おはようございます。本日は私の趣味についてお話します。

    私は大人になってから弦楽器のチェロをを習い始めました。
    元々クラシックに興味があり弾いてみたかったのですが大人から始めることに不安があり、躊躇していました。
    でも仕事も落ち着いてきたし、近くにレッスンをしてくれる先生が住んでいることを知り思い切って始めました。

    大人になると体も頭も固くなってしまい、最初は指でまともに弦を押さえることすらできません。
    また音程も酷くて自分の出した音ながら聴けたものではありませんでした。
    弦楽器は音程を取るのがとても難しいのです。

    レッスンは基礎的なことばかりでなかなか上達した感じがつかめませんでした。
    子供から習っている人はとても上手でうらやましいと思ったものです。
    先生からは一日10分でいいから楽器を練習しなさいと言われました。

    それでもチェロの音色はとても好きだったので毎日少しづつ練習しました。
    数年後のある日、気が付くと音程が取れて自分の出した音が聴けるようになっていました。
    手指には筋肉が付き押さえらえなかった弦が抑えられるようになっていました。

    大人から始めてスタートが遅くても、毎日少しづつ練習していれば目には見えずとも上達できるものなのです。
    楽器を弾くのは指先のよい運動になり知能向上にも役立つという研究もあるそうです。
    最近は初心者も受け入れてくれるアマチュアオーケストラに参加して世代や業種の異なる人との出会いもありました。

    私はまだ仕事が忙しく、あまり練習時間が取れないのが悩みですが、生涯の趣味として続けていこうと考えております。
    皆さまも大人からでもあきらめずに、何か楽器を始めてみてはいかがでしょうか。
    趣味を通じた新しい交友の幅が広がりますよ。

    目次に戻る⬆


    私の趣味について

  • 追加
  • 私の趣味は読書です。といってもビジネス書や新書などは苦手で小説が多いんですけど、読書を趣味にしていて良かったと思うことが2つあります。

    1つめは語彙が豊富になることです。

    やはりたくさんの本を読んでいるとその分たくさんの言葉が覚えられますし、わからない言葉にぶつかったときにはすぐ調べて、理解できたときは「こんな言葉があるのか」と知識を深めることができます。

    私は、語彙が豊富ということは他者とのコミュニケーションにおいても重要だと考えています。言葉を多く知っていれば相手に合わせて様々な表現を使い自分の考えていることを伝えることができますが、知っている言葉が少ないと伝わるものも伝わらなくなって、誤解を生むこともあるかと思います。個人のコミュニケーション能力というのは、その人の人柄や話し方が第一だと思いますが、より多くの言葉を知っていて損はないはずです。

    2つめは客観的に物事を見れることです。

    様々な登場人物の視点から疑似体験をするので、それこそ様々な考え方・行動のパターンがあります。自分に似ていたり、全然違っていたり。小さいころから読書が好きだったので、自分の考えることが絶対ではなく、人それぞれの考えがあってみんな行動しているんだなぁと割と早くから思っていた気がします。

    そんなわけで、私は自分の考えに固執することなく、多角的にものごとを見れるようになりました。読書は知識を深めることもできるし、色々な考え方や行動にも柔軟に対応できるようになります。この趣味はずっと続けていきたいです。

    目次に戻る⬆


    関連ネタ & スポンサーリンク