質の良い睡眠を取るために

  • 追加
  • 朝はいつも眠たいものです。
    できれば気のすむまで寝ていたいと思ってしまいます。

    会社に行く前も、始業のときだって、正直なところ眠たいです。
    仕事を始めてからやっと頭のエンジンが掛かってくる私のような人は、決して少なくないと思います。

    ときどきある、しっかりと気持ち良く寝た次の日の朝は、なんだか頭がすっきり冴えていたりします。
    午前中からシャキッとしていれば、仕事の生産性もあがるというものです。
    残業が少なくなったりすれば、プライベートな時間を充実して過ごせたりするでしょう。
    ゆっくり寝る時間も確保できて、また次の日もシャキッと仕事に臨めるのが理想的です。

    実際には、質の高い睡眠を得るためには幾つかのコツがあります。

    最近、私が意識しているのは、寝る前のスマホやパソコンをやめることです。
    良く言われるように、液晶ディスプレイのライトは、視覚を刺激してしまい、脳が興奮状態になってしまいます。
    横になってだらだらと見るFacebookやYouTubeは夜更かしの元凶そのものでもあります。

    それから、寝る前にコップ一杯の牛乳を飲むと、眠りが深くなる効果があるそうです。

    私自身は、随分と昔からこの習慣はやっていて、寝る前のおまじないみたいなものになっています。
    他にもお風呂に入ってから30分くらいしたら寝るようにしています。
    そのタイミングが一番体温が上がっており、リラックスしているそうです。

    寝不足や夜更かしがもたらすマイナスの効果は、みなさんが身にしみてわかっていると思います。
    人それぞれ、効果のあるものないもの派あるでしょう。
    いろいろ紹介しましたが、要はやることをやたら、余裕をもって早めに寝ましょうということです。

    夜の睡眠が日中の活動不可欠だからこそ、しっかりと良い睡眠を取って一日の生産性を高めていきたいものです。




    関連ネタ & スポンサーリンク