会社にいて災害が発生した時の対策を事前に考えておく

  • 追加
  •  会社内での安全に対する意識を高めるなら、何かあった時の防災対策についてしっかりと把握しておくべきでしょう。

     災害は、いつ何時身に降りかかるかわかりませんよね。会社にいる時は大丈夫という根拠は何もなく、不運にも災害にみまわれるかもしれないのです。その現実から目をそらしてはいけないですし、万が一に備えた災害対策について把握する必要があります。

     まず覚えておきたいのは、避難経路についてです。会社内のフロアにおける自分の席から最短で安全に避難するルートはいったいどんなルートなのか、それをしっかり確認しておきましょう。また、災害が起こった時に自分の席に必ずいるとは限りませんので、その他のフロアや部屋から避難するルートももちろん確認しておいたほうが良いのはいうまでもありませんよね。

     また、会社から外に出られてそこから帰宅をするとなった時、地震の場合は災害時の帰宅支援マップについてあらかじめ調べておくのも大切です。いつも使っている電車が不通になってしまったらどうするのか、歩いてどれぐらいまで行けるのか、避難所や食料の支援スポットはあるのかどうかなどを調べておくだけでも、いざという時に役立つのは確かです。

     災害が起こってしまった時、誰でも最初はパニックになってしまうことでしょう。ですが、いつまでもパニックではいられません。避難経路や帰宅経路をしっかり把握しておくだけでも心構えにだいぶ余裕が生まれますし、会社にいた場合の災害対策について事前にしっかりと考えておく必要があるのは間違いないですよね。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク