朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

あおり運転の恐ろしさと対策

  朝礼ネタ2647  2021/01/01  814 PV 安全

ここ数年、自動車を運転する際に「あおり運転」という言葉をよく聞きます。

このあおり運転という行為は、後続の自動車の運転手による嫌がられという行為が目立ち、前方の自動車を理不尽に威嚇するという極めて危険な行為です。
この行動によって、あってはならない交通事故にまで発展し、仮に事故発生後に生存したとしても、運転に対する恐怖心を植え付けられてしまう、悲しい結果につながります。

このあおり運転による事故が増加し、その対策として、道路交通法における刑罰の強化や監視カメラによる違反者の特定など、治安も少しずつ良くなろうとしています。

しかし、私たち自身も、このあおり運転に対して立ち向かうことができます。
ここで大切なことは、「自分の身を自分で守る」という心構えです。

まず、自分自身が、あおり運転の脅しに屈しないで、交通ルールを守ることが最も大切です。
あおり運転は、ターゲットの精神状態を脅かすことがあります。
しかし、自分自身が交通ルールを守っていれば、何の落ち度もなく違反者とのトラブル発生時に論破できます。

違反者に立ち向かうため、ドライブレコーダーの装備も欠かせません。
証拠をつかんで、有利な状況を作り上げるのも大切です。

また、高速道路を運転時、もし、自分自身が追い越し車線を走行している場合、タイミングを計って走行車線に変更して回避するのも効果的な対策のひとつです。
あおり運転の違反者は、ただ急いで先に進みたいというパターンも含まれます。

自動車を運転するときに必ずつきまとう「事故」というリスクを軽減できるように、これからも安全運転に心がけていきましょう。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題