草履取りと下足番の話

  • 追加
  • 草履取りの逸話といえば、織田信長に仕えていた豊臣秀吉の話はかなり有名で知らない人はほぼいないでしょう。また似たような名言として阪急グループの創業者であった小林一三さんの名言があるのをご存知でしょうか。

    その名言とは「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」という言葉がそうです。果たして小林一三さんが豊臣秀吉の草履取りの逸話を引用したような言葉を述べたのかどうかはわかりませんが、ほぼ同じことを言っているのは間違いありません。

    この言葉は、私たちに二つの大きな心得を 教えてくれていると思われます。

    一つはいつどんな状況であっても、全力を尽くして努力することが必要であるということです。草履取りや下足番というような仕事は、いわば最底辺の仕事であるという意味で使われている可能性が高いです。そのような仕事であっても、腐らずに努力をするということが、後々には自分のためにもなるということを示唆しています。

    もう一つはモチベーションを維持していくということの大切さです。人間は飽きやすいものです。その上で最底辺の仕事であるということであれば、モチベーションを維持することは簡単ではないことは容易に察することができます。しかし、どのような仕事であっても、誰かから見られているという意識を持って取り組んでいれば、モチベーションを維持することはできるのではないでしょうか。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!