コピ・ルアックという名の珠玉のコーヒー

  • 追加
  • コーヒー通であれば、コピ・ルアックの名を耳にしたことがあるかもしれませんが、どのように出来ているかご存知でない方も珍しくありません。今日はコピ・ルアックがどのようにしてできるかをお話したいと思います。

    コピ・ルアックの起源はインドネシアであり、「コピ」はコーヒーを指すインドネシア語、「ルアック」はマレージャコウネコの現地での呼び名であると言われています。

    すなわち、読んで字のごとく、コピ・ルアック(インドネシア語:Kopi Luwak)とは、ジャコウネコの糞から採られる未消化のコーヒー豆のことだったのです。

    インドネシアでは、ジャコウネコはもともとコーヒーの実を食べていたようで、その果肉は栄養源となるのですが、種子にあたるコーヒー豆は消化されずにそのまま排泄されるので、現地の農民はその糞を探して中からコーヒー豆を取り出し、きれいに洗浄してよく乾燥させた後、焙煎したところ、これが目から鱗が落ちるほど美味しいものであったということです。

    これには科学的なメカニズムがあって、ただコーヒーの実がジャコウネコの体内を通過したということだけではなく、ジャコウネコの腸内に存在する消化酵素の働きや腸内細菌による発酵の働きによって、コーヒーに独特の香味が加わっていたのです。

    なお、この腸内発酵により、カフェイン含有量は、通常のコーヒーに比べて、およそ半分に減ることも分かっているため、より優しい味わいと独特の風味が感じられるのではないかと言われています。

    コピ・ルアックは、産出量が少ないその希少性により、高額で取り引きをされていますが、その実態はネコの糞であったということは、知らなければよかったと思う方もいるかもしれません。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!