あなたは、自身気付かずに誰かの邪魔をしていませんか?

  • 追加
  • 車に乗っていてしばしば感じる事があります。
    前の車が右左折の際、十分に右または左に寄ってくれない為に、直進したいこちらが通過する事が出来ないという経験がありませんか。
    道幅に余裕があるので、もう少し、もう何十センチか寄せてくれたらスムーズに行き過ぎる事が可能なのに、とイライラを感じる事が少なからず私はあります。

    勿論、狭い道でどうしようもない時には、当たり前の事、通過出来る様になるまで何の精神的苦痛もなく待ちます。
    寄せ幅があるにも拘わらず道の中央近くに車を停車させる人は、他人の迷惑には無頓着なのでしょうか。おそらく全く周囲の状況に気を配っておらず、自分の行動が周囲の流れにどう影響するのかを考えていないのだと思います。

    この様な事柄は、他にも、道幅いっぱいに横に並んで歩く集団や、歩道を塞ぐようにして信号待ちをしている自転車など、いたる所で散見出来ます。
    そして、この様な状況は社内の仕事上でも当てはまる事があるのではないでしょうか。

    只々目の前の自分の仕事をこなす事に集中する余り、周囲の状況に目が行き届かなくて、誰かの業務を何かしら邪魔している事はないでしょうか。
    ほんの少し、一瞬で良いから回りに目を配ってみたら、もっとスムーズに全体の仕事が流れるようになるかもしれません。

    多少は面倒臭い事でしょう。しかし、要はそれは習慣の問題です。そんな気配りが身に付いていれば、たいした苦痛も無く自然とその気配りを出来る様になる筈です。
    目配り気配りは練習が必要です。皆でそれが出来る様になればきっと良い職場になると思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!