当初アンパンマンはアンパンを配る普通のおっさんだった

  • 追加
  • やなせたかしさん原作のアンパンマンは、今なお日本中の子どもたちに支持されており、アニメーションキャラクターとして絶大な人気を誇っています。

    そんなアンパンマンですが、漫画として始まったときには、ただのおっさんだったことはマニアの間では有名な話です。

    初代アンパンマンの風貌は、現在のアンパンマンとは全く違っていて、コスチュームを身にまとった人間の姿をしていました。

    また、今のアンパンマンが自分の顔であるアンパンを振る舞うのとは違い、おっさんアンパンマンは、貧困や戦火によって傷ついた子どもたちのために、普通にアンパンを配っていたのでした。

    ところが、ダサいとか、小汚いだとかヒーローらしからぬ容姿に対して、子どもたちから苦言を呈されただけでなく、非難されてしまったことにより、変貌を遂げることとなるのです。

    そして、今では私たちの間でも、おなじみとなっている顔がアンパンで出来ているアンパンマンが生まれてきました。

    ジャムおじさんによって焼き上げるアンパンで出来た顔を持つアンパンマンは、自分の顔を提供することで市民を助け、また、顔が汚れることによって力を発揮することができなくなるといった設定も、今のアンパンマンになってから出来たものでした。

    今では誰もが知る人気のヒーローとなったアンパンマンですが、もしも、初代のまま、ただの人間のおっさんが演じていれば、今ほど長きに渡って人気を維持することもできなかったでしょうし、これほどまでに魅力的なキャラクターとしての地位を築くをことはなかったと思います。

    機転を利かせることで脈々と息づいていく物事が少なくないということを、このアンパンマンの話から学ぶべきではないかと思いました。




    関連ネタ & スポンサーリンク