現代の結婚について

  • 追加
  • 様々な生活習慣が変わりつつある中、結婚と言う人生で一番大きいとも言えるイベントもその位置づけが変わりつつあります。

    私の家の団塊ジュニア世代であってもほとんどは仲人を立てて、親族や友人、職場の方々を結婚式場に招いて披露宴を行うと言うのが当たり前の時代でした。

    しかし、現代の若者はどうでしょうか。結婚式の形にこだわる方々がどれだけいるでしょうか。統計上では仲人を立てることなどほぼゼロに近いと言われています。

    私たちも出席するにあたってかなり仰々しい挙式披露宴と言う事は減ったのではないかと思います。

    もちろん、結婚式だけではなく様々なイベント、冠婚葬祭がシンプルに執り行われるようになって良い面や悪い面が出てきているのは確かです。

    しかしながら、時代を超えても変わらないのは冠婚葬祭に対する人々の思いではないでしょうか。例えばお悔やみ事であれば亡くなった方々に対してどのような思いを示すのか、どのような姿勢で接するのかが変わらなければいかに儀式そのものが、簡略化していても大きな問題ではないと思います。

    それと同じく、結婚式も同じでは無いでしょうか。主役はあくまでも結婚する2人であり、その2人が納得できる形式であれば何も問題は無いはずです。その2人を祝おうとする思いがあるのであれば逆に盛り上げてあげれば良いだけです。

    長い人生、最近では結婚も1度ではないことが当たり前になりつつあります。どのように2人が過ごしていくのか、ゆっくり見守ってあげることも重要でしょう。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!