努力でなんとかなることもあります

  • 追加
  • 皆さんは何か人に教えてもらう時にどのような人に教えてもらいたいと思いますか。私は、自分がお金を出して教えてもらいたいと思う人はその道のプロから教えてもらいたいと思います。ここで言うその道のプロというのは、別にその道の大家でという人を指すわけではありません。その道で指導実績がある人を指して私はその道のプロということにします。

    ですから、自分の子供を学習塾に通わせるときは子供の自主性を重んじて学習塾を自由に選ばすこともいいかもしれませんが、まだ、子供がそのような目が育っていないのならば、親が子供の代わりにいい先生のいる学習塾に子供を通わせたほうがいいと私は考えます。

    最近の遺伝の研究では頭のよさというものは、身体の特徴や運動能力などと同じで遺伝するということが分かってきてます。つまり、賢い遺伝子を持った両親から生まれた子供は賢い遺伝子を持っている確立は高くなりますが、そうではない親の場合ですと、あまり賢くないということが分かりつつあるのです。

    しかし、ここで気を落としては元も子もありません。確かに賢い子供というのは短時間の学習で賢くない子供よりも多くのことを吸収できる力を持っています。しかし、そうではない子の場合は、同じ時間、同じ指導方法で学習した場合には、賢い子との差は広がることはあってもそれが狭まるということはありません。

    ですから、塾選びが肝心になってくるのです。ここですばらしい先生に出会うことができれば、今まで勉強してこなかった子供でさえ、勉強のやる気が出て、自分で勉強時間を確保し勉強をするようになるのです。

    それによって、膨大な努力によりますが、学校の勉強程度ならばあまり賢くない子供でも賢い子供を追い抜くことが可能になるのです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!