資産運用の問題

  • 追加
  • 資産運用というのは私たち大人の永遠のテーマの一つなのかもしれません。なぜならば、私たちは常に元気で一生働きつ続けることができるかどうかわからないので、自分が引退した後、年金だけでは少々不安になるので、引退する前にそれ相応のお金を自分で作る必要があるからです。

    しかし、引退するまでにどのくらいのお金を自分で作らなければならないのかは人によって違うのでしょうが、一般的にとりあえず2000万円くらいはあった方がいいと言われているようです。2000万円という大金をどのように作ったらいいのかと多くの人はこの金額を言われると戸惑ってしまうかもしれません。

    しかし、これには一つの回答が用意されているようなのです。その解答とはアメリカ株のETFに投資し続ければそのくらいの金額は新入社員として会社に入社してから定年まで毎月3万円程度の積み立てを行ったとしても貯まるようなのです。

    しかし、多くの人たちはこの事実を知りませんし、この事実を知っているからといってその事実を知っている人さえもすべての人がアメリカ株のETFに毎月積み立てを行うことがありません。つまり、本当に老後問題について真剣に考え、どうにかしたいと思った人の中から、自分がその方法が正しいと確信を持てた人しかアメリカ株のETFの積み立てを行わないのです。

    もっと言えば、この方法は今までは有効な投資方法でしたが、この方法がこれからも通用し続けるという保証はそこにはありません。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!