雷霆万鈞(ライテイバンキン)という言葉に出会いました。

  • 追加
  • 先日、本を読んでいて恐ろしく難解な言葉と出会いました。
    それはライテイバンキンという四文字熟語です。漢字は電子辞書かなんかで調べてみて下さい。
    生まれて初めて見る言葉で読み方も意味も全く解らなかったので、早速調べました。

    雷霆とは雷鳴そのものや雷鳴の長く響き渡る轟き・余韻を意味します。
    万鈞の鈞は中国における質量を表す古い単位です。万という大きい数字を合わせ用いることで、非常に重いという意味となります。
    この二つの熟語を合わせた雷霆万鈞は、圧倒されるほど多量の雷鳴が鳴り響く様子を表現しており、転じて防ぎ止めることができないほどに勢力・威勢が強く激しい状態を表しています。

    ビジネスシーンにおいては、この雷霆万鈞の様な状況は多々押し寄せます。
    特に今日のビジネスでは、多様化、国際化が急速に進行し、世の中の様々なシステムの変化、機械や技術などの急速な進歩、また為替や政変、戦争などの国際情勢の複雑で激しい変動などにより、企業自身の自助努力や対応では対応し切れない厳しい環境の発生することが珍しくありません。

    現代の企業経営では、海外と関係を持つ企業のみならず、国内でのみ活動する企業であっても、国際的なあらゆる分野に対する広い視野に立った状況分析を基に、将来の経済動向をより早く予想し、急激な環境変化に反応して素早く小回りの利いた対応が必要不可欠になっています。

    企業を取り巻くこの様な現在の環境を雷霆万鈞の言葉は的確に表していると思いました。
    なかなか含蓄のある言葉なのですが、せっかく調べても使わないと忘れてしまうので、早速スピーチに使ってみました。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク