朝礼ネタ朝礼ネタ 3分間スピーチの例文集

 

労働災害における経験則であるハインリッヒの法則について

  朝礼ネタ4708  2021/06/10  5068 PV 安全身近な法則

労働災害における安全衛生の経験則にハインリッヒの法則というものがあります。ハインリッヒの法則とは、大きな事故が一つ発生するまでには29件の軽い事故があり、その背景には300件の小さな事故やミスなどあるというものです。そのため、別名は「1:29:300の法則」ともいわれます。

このハインリッヒの法則が発見されたのは約100年も前の事ですが、今もなお使われております。その理由としては、工場などの製造業や建築関連、運輸業や病院などの医療など、労働災害が人命に直接関わるような業界において、統計学としては特に非常に有効だからです。

重大な事故や災害が起こってしまってからでは遅いのです。そのような大きな事故や災害が起こるまでには、多くの小さな事故やミスが多く発生しているはずです。その小さくても危ない出来事に目をそらずに、日頃から1つ1つ丁寧に対処、改善することが大切だという教訓です。

とりわけ、工場などの製造業や建築現場などの建設ではヒヤリハットが多々発生するものです。そのヒヤリハットを見逃さず、原因を追究し、再発防止策を考えることが重要です。事故や災害には必ず理由や原因があるものです。

もちろん、製造業や建設業だけでなく、IT・情報製ステムやサービス業など他の多くの分野にもいえます。お客様の1件のクレームが発生する背景には、多くの他のお客様の不満が存在しているはずです。

またこのハインリッヒの法則は仕事だけでなく、スポーツやゲームなどの趣味や、人間関係などの日常の生活にも当てはまります。

それらを日々意識して行動していきましょう。

お知らせ

朝礼ネタ アプリ版 [New]

Android、iOSに対応したスマホアプリをリリースしました。
朝礼ネタ Androidアプリ
朝礼ネタ iOSアプリ

朝礼ネタ 電子書籍のご紹介

朝礼ネタ
掲載中の例文から人気ネタを集めました。 厳選ネタをじっくりと読みたい方にオススメです。
スマホでもkindleアプリで読めますので是非ともご覧ください!
★Unlimitedユーザーは全巻読み放題