働きアリの法則

  • 追加
  • 働きアリの法則をご存知ですか。

    働きアリのうち、よく働く2割のアリが8割の食料を集めてくるという法則です。

    働きアリのうち、本当に働いているのは全体の8割で、残りの2割のアリは怠けているという事です。

    割合にすると、よく働いているアリと、時々怠けているアリと、ずっと怠けているアリが、2:6:2になります。

    よく働いているアリだけを集めても、一部が怠けはじめ、やはり2:6:2に分かれるとのこと。逆にアリだけを集めると、一部が働きだし、やはり2:6:2に分かれる。

    これが人間の社会でもあり得るそうです。会社や組織など「人間のコミュニティ」にたとえられるのです。

    あなたは自分は会社においてどこに属していると思いますか。自分が上位2割に属している思っていても、周りからは違うかもしれません。

    今現在、あなたがどこに所属しているかはわかりません。自分が思う位置の、さらに上を目指すようにしたいものです。

    でも、もし自分が下位の2割から抜け出せないと思って悩んでいるならば、思い切って異動願いを出して別の部署に行ってみるのも良いかもしれません。そこではあなたは中位になり、上位を目指していけるかもしれないからです。

    仕事がつまらなくて、ずっと怠けているアリがあなただとします。あなたのような人が全体の2割いるとします。その人たちを集めて一つのグループを作れば、その中で8割は働きはじめるのです。

    ただし一番ダメなのは、向上心を持たない事です。向上心を持たないと、どこに居ても上がることはできないからです。上を目指す向上心は持ち続けましょう。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!