鬱病とは癌とよく似ている

  • 追加
  • 「うつ病」と聞くと皆さんは、どういった病気だと思いますか?

    「精神的に弱い人がなる病気」「真面目な人がなる病気」さまざまな印象があると思います。
    経験者の話ですが、この経験者は「がんによく似た病気」と感じたそうです。

    まず、がんもうつ病も外傷がないため「人からはかかっていると分からない病気」になります。
    経験者は自覚症状が出るまで、自分がうつ病になっていたと気づきませんでした。
    がんも進行しないとなかなか自分が「がん患者になった」と気づかないと思います。
    回復してきた時に「ああ、アレが初期症状だったのだろうか」と振り返って気づく程度です。

    この経験者は、最初にうつ病だと発覚した時、友人から「かなりの確率で再発すると聞いたから、気をつけて」と言われたそうです。
    その時は経験者は「それは嫌だな」と思いつつ、心に留めておきました。

    数年後、この経験者はさまざまな要因からまたうつ病になります。最初にうつ病になった原因とは別の要因でした。
    しかし、この経験者は「まだ大丈夫」と思っていました。
    最初にうつ病になった時のつらさと比べたらかなりマシだ、と思っていたのです。

    再発したと気付いたのは、症状がかなり進行した後でした。
    初めてうつ病になった時は軽い処置で回復しましたが、今度は薬を処方され、働きに行くために外に出る事が出来なくなり、病院から診断証明書をもらって会社を数カ月休む事になりました。
    完全に初めて発症した時の症状よりも悪化していました。

    うつ病は精神の病です。
    一度、なった人が完治したり、経験者のように再発する病気です。
    最近は理解が進んできましたが、やはり目に見えて分かる病ではなく、うつ病の症状も個人差があるので理解され難いのが現状です。
    経験者も症状が出るまでは、知識としては知っていても理解はしていなかった病でした。

    そして完治したという人の話を聞いたり、自分が再発する現状をふかんして眺めた時に、ある結論に至ったそうです。
    それが「うつ病はがんとよく似ている」という事でした。

    がんを治療して完治する人、精神的に圧迫理由をなくして完治する人。
    がんが転移して再発する人、うつ病が別要因で再発する人。
    そして、がんもうつ病も最悪「死に至る病」であることです。

    特に理由もなく寝る時に寝付きが悪くなったりしていませんか?
    今まで出来ていたことが出来なくなったりしていませんか?
    今まで楽しめていたことが楽しめなくなったりしていませんか?

    がんもうつ病も早期発見をすれば、治る確率は上がります。
    精神病と思うと病院に行くことに、ためらいがあるかもしれません。
    薬を処方されるということで、ためらいが生じるかもしれません。

    しかし、この経験者は薬を処方されて驚いたそうです。
    「休み明けの月曜が憂うつだ」
    これは良く聞きますし、思う人も多いでしょう。
    しかしこの経験者はこう思ったそうです。

    「休み明けの月曜日が憂うつで死にたいと思わなくなった」




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!