コロナウイルスの中だからこそ考えたい

  • 追加
  • 皆さんおはようございます。今日は久しぶりの全員出勤と言うことで渦中のコロナウィルスについてお話ししたいと思います。

    我々の会社でも働き方改革、在宅ワークは仕組みとして存在していました。もちろん、介護や育児でこの制度を利用していた方々はいますが、実際には本当のマイノリティーです。

    また、このような働き方に対して否定的な方々が多かったことも必要でしょう。しかしながら、この旅の強制的な在宅ワークによって皆さんの考え方は大きく変わったはずです。

    まずは、在宅ワークのメリットを感じることができたはずです。私自身も通勤時間を業務に充てることのメリットや1人で静かに考える仕事については在宅の方が適していること、共有や報告だけの場合は顔を突き合わせて会議をするよりもテレビ会議の方が適していることを身をもって体感しました。

    そして、1番感じたのは段取りが大事だと言うこと。テレビ会議をメインに行うのであれば、会議のオーナーが誰で何をその会議で決めるべきか、誰が決定権を持っているのかを事前に会議の主催者は決めておかなければなりません。

    そして、時間を決めて会議を終了させるためには事前に資料を準備し共有しておく必要もあるのです。 

    結果的に、ゴールから逆算して会議を設定する必要があり、仕事の段取りについて非常に考えることになりました。もちろん、顔を突き合わせて議論をした方が良いテーマについても差別化ができたと思います。

    これからは新たな働き方を定着させるために皆さんでさらに在宅ワークのあるべき姿を一緒に模索していきたいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!