マスクで顔が隠れるからこその笑顔

  • 追加
  • コロナウイルスの影響で、外出時には基本的にマスクを着用することになり、人との会話では顔を見ながらしゃべっていても、表情が分かりにくくなります。

    マスクで口元が隠れると、表情がかなり分かりにくいです。

    例え、相手の人が笑っていても、口元が見えずに目だけが見えていても、その人が笑っている表情だということが分からず、コミュニケーションが難しいと感じてしまうことがあります。

    そこで、マスクをしているからこそ、相手の人に自分の笑顔が伝わるようにということを最近は心がけています。

    マスクで口元が隠れてしまうからこそ、スーパーなどでレジを通る際、最近は袋の有無を確認されたりすることも多くあるので、声のトーンを少しあげて口元が見えなくても目元が笑っていることを分かりやすくなるような表情が出来るようにと考えています。

    相手の人が、笑顔だということが分かれば、自分自身も少し気持ちが軽くなります。

    相手の表情が分からないというのは、結構な不安要素になるので、今だからこそ、自分の気持ちをうまく伝えられるようにすることが大切だなと感じます。

    マスクをしてるから、顔が隠れてるから、と思っていると、笑顔を作る回数も減ってしまいますが、今だからこそ、マスクの下はしっかりと笑顔を作って、笑顔を作ることで顔の表情筋も鍛えていければ、自分に対してもメリットがあると感じます。

    今出来ることを精一杯頑張ることが、今の自分に必要な事だなと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!