王貞治とイチロー

  • 追加
  • 皆さんは「何かを成し遂げた成功者」というのはなんでもできる才能溢れた天才肌の人間だと思いますか?
    記録や記憶に残るような有名人はもともと才能をもっているのだから自分とは違う人種だと。

    昔、ホームランの世界記録を達成した王貞治が言いました。
    「有名選手になるというのは難しくない。
    努力を怠らず目の前にあるものをきっかけを逃さずに確実に掴んでいけば必ずどうにかなる」
    少し前に惜しまれながら引退をしたイチローも同じような事を言っています。
    「僕は天才ではありません。
    なぜかというと自分がどうしてヒットを打てるかを説明できるからです」

    二人とも世界中の人が認める大記録を打ち立てたスーパーヒーローです。
    ですが、決して人間に出来ないことをしたのではなく、ひとつひとつの実績を何年何年も積み重ね、気がつけば大記録になっていただけだ、というのです。

    「継続は力なり」
    「最大の才能は努力をし続けられることだ」
    といいますが、今自分にできる精一杯のことを積み重ねていけばそれがいつか揺るぎない自分の実績になる、と考えるとなんだか頑張れる気がします。
    特別な才能がなくても人より優れていなくてもいいんです。
    自分なりの努力でいいんです。

    だけどもし才能が必要だとするならそれはもしかしたら努力を楽しめる才能かもしれません。

    将棋の羽生善治は「ひらめきやセンスも大切ですが、苦しまないで努力を続けられるということが、何より大事な才能だと思います」と言っていました。

    努力する自分を楽しむ、そんな前向きな気持ちで毎日の仕事を頑張っていきたいと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    新着情報のみの発信はこちら↓↓

    タグからネタ探し!