血圧の変化が身体に与える影響とその対処法

  • 追加
  • そもそも血圧というのは、一日でその差があることはよく知られるところです。具体的には、朝の目覚めがつらい人には低血圧の人が多かったり、また、お酒などアルコールの摂取やタバコを吸う人、塩分のきつい食生活をしている人などは高血圧になりがちだったりします。そういったことが原因の人でなくても、血圧が上がったり下がったりすることによって身体は一定のストレスを感じることになりますし、具合が悪くなる要因にもなりますので、なるべくこまめに血圧を測って自分の血圧がどの程度の数値であるかということを知ることにより、体調管理に気をつけて生活したいものです。血圧を一定の数値で安定させることによるメリットは少なくありません。

    具体的には、血管が収縮することによって成人病といった疾病を引き起こすことにもなりかねませんし、心臓や血管自体をも傷つけてしまう恐れさえ伴います。
    血圧を安定的に維持するためにできることは、不摂生をしない、ストレスをためすぎない、血圧を下げる効果のあるお茶を飲むなどが挙げられます。

    日々体質改善を心がけて、血圧を上げすぎないよう生活習慣を見直すことで、長い目でみたときに、一定の効果が期待できると言えます。

    遺伝や体質、生活習慣以外に原因のある高血圧のことを、一般的な高血圧と区別するために、【二次性高血圧】と呼ぶことがあります。

    体質や遺伝だけでなく生活環境や加齢といった危険因子によって発症してしまうことのある本態性高血圧とは異なり、ある特定の原因で発症してしまう高血圧のことを二次性高血圧といいます。主に腎臓の働きに関連するものと血圧を上げるホルモンが異常を指摘されることが少なくありません。一般的な高血圧とは違ったことを契機に高血圧の診断がなされた場合であったり、そのほかに要因として考えられることがなかった場合には、二次性高血圧が疑われることとなります。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!