ベートーベンは、耳が聞こえなくなっても音楽の道を諦めなかった

  • 追加
  • 今日紹介するのは、耳が聞こえなくなっても音楽家としての道を諦めなかった偉人の話です。

    ベートーベンは、みなさんご存じの作曲家です。この人は、若い頃は見た目が二枚目でピアニストとしても活躍していました。音楽の才能の優れた若手として期待されていて、将来性がある人でした。神童とも思われたくらい。それが20代後半から耳が聞こえなくなってきて、それで作曲に専念するようになったのです。その頃のベートーベンはまだ耳が聞こえていました。それが徐々に聞こえなくなっていく恐怖と戦っていたのです。

    耳が聞こえなくなったらどうなりますか。誰だって音楽の道をこのまま続けて良いか迷いますね。ベートーベンもそうです。この状態なら大丈夫か迷いました。どうしたらいいか迷った末に、このまま作曲を続けることにしたのです。自分の道はそれしかないと。その間も耳の調子は悪くなる一方です。最後にはほとんど聞こえなくなってしまう。自殺まで考えてしまう。そんな状況に陥るのです。

    それでもベートーベンは負けなかった。苦悩に取り憑かれながらも作曲を続けました。幾多の名曲を世に送り続けたのです。不撓不屈の努力を続けました。そして完全に耳が聞こえなくなってからもくわえた棒を押しつけて歯で音を聞きながら作曲を続けると、交響曲第9番、年末になると必ずどこかで聞く名曲を生み出したのです。そうした誰にもできないことを成し遂げた名作曲家として知られています。

    ベートーベンは諦めませんでした。体の調子が悪くなっても作曲を続けると、死の寸前までそれを続けたのです。そこまで努力をしたからこそ、世界有数の作曲家として名を残したのです。ベートーベンは、人間が諦めないことの大切さを教えてくれます。あなたも諦めずに頑張れば、きっと何かを生み出せるでしょう。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク