感謝の気持ちを忘れない

  • 追加
  • しばらく実家に帰っていなかったのですが、連休を利用して久しぶりに帰省してきました。
    ここ最近は、お盆にも休みが取れなかったので、今回は両親と一緒にお墓参りにも行ってきました。
    ちょうどお彼岸の時期だったので、お寺も思った以上に混雑していました。

    お墓参りをしてふと考えたことがありました。
    それは、両親はもちろん、祖父や祖母、それからご先祖さんたちがいなかったら、今の私は存在していなかったのだということです。
    そう考えたら、両親に対しても自然と感謝の気持ちが湧いてきました。

    何不自由なく暮らしていると、日々のこうした当たり前なことがつい忘れがちになってしまいます。
    好きなことをしている時も、仕事をしている時も、多くのことが当たり前になってしまい、物事の有難味を忘れてしまうことが多くなっているような気がするのです。
    健康でいられること、美味しいものを食べられること、同僚と悩みながらも難題を解決していくこと。
    全てにおいて、自分一人では絶対に成し得ないことだと思いました。

    当たり前に慣れてしまって感謝の気持ちが薄くなるのは良くないなと、今回帰省して強く感じました。
    今日も、朝、職場のトイレに入った時に、トイレが綺麗に掃除されていることに気づき、掃除担当の方が朝早くから掃除をしてくれたことに感謝しました。
    デスクに座ってからも、笑顔で挨拶をしてくれた同僚に元気をもらいましたし、とにかくあちこちに感謝すべきことがたくさんあるのです。

    今後は、感謝の気持ちを忘れないことを意識して生活していきたいと思っています。
    「今日は、朝から私の話を聞いてくださって、どうも有難うございました!」




    関連ネタ & スポンサーリンク