最初サンタクロースの服は赤くなかった

  • 追加
  • 4世紀頃の東ローマ帝国・小アジアのミラの司教であったニコラオス(ニコラウス)の伝説が起源であると言われるサンタクロースですが、貧しい子どもたち、また良い子として過ごした子どもたちに対して、クリスマスプレゼントとして贈り物をしたという彼のエピソードが元になっていると言われ、その活動が普及していくことにより、人間としてのサンタクロースが具現化されていくことになったと言われています。

    当初は、老人であり、豊かな髭を蓄え、子どもたちのプレゼントを入れるための白い大きな袋を担いでいるという以外に、外見的な特徴はなかったそうです。

    そして、1931年になり、米国コカ・コーラの広告にサンタクロースが初めて採用されることとなり、そのときに、コカ・コーラ社のコーポレートカラーである「赤」と「白」を基調としたコスチュームをサンタクロースに着せたことにより、現代の赤い服を着て白ひげを蓄えた笑顔のサンタクロースのイメージが世界中に広まっていったと言われています。

    それだけコカ・コーラが全世界的に認知されていたということも衝撃的ではありますが、おかげで今ではサンタクロースのイメージが統一されたこともあり、ある意味では良かったのかと思わされました。

    もし、好きな色の服でサンタクロースを装っていたならば、現代のサンタクロースは大変困らされることになったと思うからです。

    家に帰ってから、町に出てから、今年は何色の服を着ようかと思い悩むサンタクロースの姿はできれば目にしたくないものだからです。
    そして、今年も赤い服をまとったサンタクロースが登場するというわけです。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!