変人と評価されることを恐れてはいけない

  • 追加
  • 世の中には変人と言われるような人たちがいます。変人という言葉は一般的にあまりいい意味では使われていませんが、変人のみが天才へとレベルアップできる存在なのです。そこを忘れてはいけません。

    人と違っている部分があると、そこを蔑みの意味を込めて変人と言われますが、変人というのは実績を残せていないからこそ、そのように言われるのです。実績を残すことができれば、それは天才という見方に変わります。あのイチロー選手もかつてはそうでした。

    彼が日本のプロ野球にいた頃、いわゆる振り子打法を批判する声が多くありました。しかし、彼はその振り子打法で結果を出し、今の地位を築き、天才と称されるまでに至ったのです。実績を残せばみな変人から天才へと進化できます。

    そして、大いなる実績を残すことができるのは変人のみなのです。いわゆる凡人は多くの人がすることと同じことをします。だから、変人とは言われないものの、天才にもなれないのです。みんなと同じことしかしないということは平均的なレベルで収まってしまうからです。

    変人こそが天才になれる逸材であり、その可能性を秘めているという意味では変人と言われることを恐れてはいけません。また、人と違うなと感じる部分をマイナスに捉えてることもすべきではないのです。

    みんなと同じことをするならば、それは他の人にやらせておいても良いわけで、自分にしかできないことを考えることが結果的に会社の利益につながる場合もあります。そういう部分を突き詰めることが優秀なビジネスマンになるために重要だと思うのです。

    人と違うこと、他に人は思いつかないようなことこそが天才へと進化できる要素になるかもしれないのですから、人と違う考えなどを持てることは1つの才能です。私は否定されることを恐れないで、人と違う自分だけの部分に価値を見出して、仕事をしていきたいと思っています。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!