常に他人の話を聞いてそこから動き始めることを心がけよう

  • 追加
  • 仕事をするうえで正解の選択肢というものはなかなか見出しづらいです。目指すべき正解のような存在はありますが、その正解に向けてとるべき手段に関しては、必ずしも正解があるとは限らないのです。

    したがって、私たちが仕事をするときにはできるだけ多くの選択肢を用意し、それぞれを吟味して、最も望ましいものを選ぶということが大切になります。やはり選択肢が多ければ多いほど、その中から選ぶものが正解に近づける可能性が高まると思いますから。

    選択肢が少ないと、選ぶ余地がほとんどなく、それが全く向いていない手段だったりすることもあるのです。だから、普段から選択肢を多くすべく、いろいろな人の話を聞くということをした方が良いと思うのです。

    例えば、ある問題にぶつかったときにそれを解決する手段として自分が思いついたもの以外にもっといい方法があるかもしれません。そういったものに出会うには自分1人で考えていても無理なケースがあるのです。他の人に相談した結果、得られる手段という場合も十分あると思います。

    他人の話を聞くことで得られるヒントがあるということは仕事においては頻繁にあると思います。そして、そういったものから少しでも良い兆しが見えてくるということがあるのです。だから、他人の話を聞くということは本当に大切だと思います。

    他人の力を借りることで自分にはない力を発揮することもできるはずで、それをして良いのがビジネスなのです。だから、常に他人から話を聞いて、アドバイスを貰って選択肢を多くするということを私は心がけていきたいと思っています。それが会社のためにもなると思いますから。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!