西暦3000年には日本の人口は2000人になる話

  • 追加
  • 国立社会保障・人口問題研究所の2017年のデータによると、2017年の約1億2653万人を境に、日本の人口は徐々に減少していくことが分かっており、2065年に約8808万人となり、そこから100年後には約5060万人に、200年後には約1380万人、そして3000年には人口にしてたったの2000人になってしまうとの資料を発表したとのことです。

    このことにより出生率が1000万人を切っただけでなく、これからは、国立大学が倒産の危機を迎えることとなり、女性の二人に一人が50歳以上となるため、ますます子どもが生まれてくる可能性は低くなります。そして、ついに3人に一人が65歳以上という超高齢化社会に突入したまま、それに伴う認知症患者は700万人規模となることが予想されているそうです。

    医療機関での輸血用血液も不足し、2030年を過ぎたあたりには、全国的に3戸に1戸が空き家となるそうですし、深刻な火葬場不足が社会問題となります。未婚大国が誕生したかと思うと、次は世界的な食糧難に見舞われることとなり、2065年頃からは日本に日本人がいなくなってしまい、外国人が日本の国土を占拠する可能性さえあるというのです。

    これらはすべて大げさな話であるとはいえ、自分にとって都合の悪い話は、先延ばしにしがちで、目をそらしたくなるものです。

    先に述べたような架空の未来が現実とならぬよう、私たちは静かなる有事が訪れることのないよう、一人ひとりが考え方をあらためる必要があるのではないかと思います。




    おすすめ関連コンテンツ



    関連ネタ & スポンサーリンク

    Popular! 朝礼ネタ

    著書

    タグからネタ探し!