悪い物とも上手にお付き合い

  • 追加
  • 食事に関する書籍を探していると「食べてはいけない○○」というようなタイトルの本をよく見かけます。
    それは肉であったり、炭水化物であったりと我々にとってとても身近な食品が多いことに驚かされます。
    しかし、専門家によってはある食品は良いとされているのに、別の専門家はそれこそ絶対に食べるなと厳しく批判されてしまうものもあります。

    そんな専門家達ですが、一貫して批判をしているのが食品添加物です。
    我々が普段何気なく食べているコンビニのおにぎりやサンドイッチ、スーパーでも売られているお菓子やジャンクフードに至るまで、食品添加物は悪とされております。
    ならそんなもの摂らなければいいじゃないかと思われるでしょうが、食品添加物の入っていない食品はコンビニにはほとんど置いていません。大体の食品には何かしらの食品添加物が入っているのが現実です、

    この添加物、どうしてこんなに使われるのかといえば、遠くの国や国内の生産工場から運ぶ過程で腐らないような防腐剤、美味しそうに見えるように使う着色料など、ここで説明出来ないほどのたくさんの種類があります。

    これらの添加物を敢えて使わない食品は、生産が不安定になることから価格が高くなり、敬遠されております。
    とは言ってもやはり安くて大量生産が出来る食品には添加物がつきものです。
    今や添加物の入っていない商品を探す方が困難になってきている時代ですから、悪いとはわかっていても少しくらいは添加物とも仲良くしてゆかねばならないと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク