映画鑑賞は自分を磨くことが出来ます

  • 追加
  • 私は暇なときは、自宅で映画をよく見ます。昔はホラー映画専門でしたが、年齢を重ねるたび、ミュージカル以外ならどんな映画でも見るようになりました。最近は日本映画にはまっています。恋愛ものや、人情物、サスペンスなどをよく見ています。

    私の映画に対するとらえ方は、『現実に起こりえないもの』でした。つまり、怪物、怪獣、幽霊、ド派手なアクション、宇宙やSFなどが対象でした。そして映画を見て現実世界から一旦離れると言うものでした。

    しかし近年は、日本映画の恋愛モノや人情モノ、サスペンスを見て感動し、涙ぐんだり、喜んだりしています。昔ではなかった感情です。実はこの感動が、自分を成長させていることがわかりました。感動した映画はしばらく私の心に尾を引くようになりました。長い間余韻が残っているのです。その為仕事をしていても、趣味などをしていても、映画のシーンに似た場面にでくわす場合があります。この時いつもはこうしていたが、映画ではこうなったとか選択肢が知らぬ間に増えていたのです。つまりいい年齢になって、心が成長しているのを感じました。

    このことは仕事上の取引関係でも顕著に表れています。一生懸命頑張る若い営業社員を見ると、同じような映画のシーンを想い出し、褒めることもしはじめました。若い女子社員にも、頑張ってるね!という言葉が自然にかけれるようになりました。逆に、うまい話には、どんな裏があるのだろう?と探ってみることもし始めたりしました。

    このように、実際にありえる、映画におけるヒューマンドラマなどは、自分に刺激を与えてくれ、自分を変えるきっかけを作ってくれます。映画の内容はそれぞれ違います。中の役柄もそれぞれ違います。見る映画によってそれぞれ違う人たちが出ることがいいのだと思います。皆さんに映画を見ることをお勧めします。それも日本映画です。自分にとって必ず役立ちます。




    関連ネタ & スポンサーリンク