「江戸しぐさ」と懐古主義

  • 追加
  • 皆さんは「江戸しぐさ」を知っているでしょうか。
    江戸時代の商人たちによって作られたマナーのようなものだと言われています。
    公共広告機構のCMの題材となったり、教科書に掲載されたり、自治体が広報誌に載せたりしたこともあるため、その名を目にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

    しかしこの江戸しぐさ、実際には江戸時代から存在しているわけではなく、近年になって作られた歴史的根拠のないものだと批判されています。
    そもそも江戸しぐさが存在していたという歴史的資料など存在しないのです。

    道ですれ違う時濡れないように傘を傾ける「傘かしげ」や、非喫煙者がいる場所ではタバコを吸わない「喫煙しぐさ」など、江戸しぐさの中にはマナーとしてはおかしくないものも含まれています。
    しかしそこに「江戸時代に行われていた」という歴史の捏造を付け足してしまったことが問題なのです。

    単にマナーを啓発すればいいのに、何故そのような捏造をしてしまうのでしょうか。
    また、教育に携わる人間や自治体ですら、真偽の怪しい江戸しぐさに飛びついてしまうのは何故なのでしょうか。

    私はその理由には、懐古主義があると思います。「古き良き」とか「昔は良かった」という感覚です。
    確かに、昔の人の行動から学べることはあるでしょう。しかし、それと過去を無条件に肯定することは違います。
    ましてや、実際に存在しなかったものを捏造していいはずがありません。
    過去の歴史と向き合う時は、偏った見方をしないように冷静な目線を持つことが大切だと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク