ほう・れん・そうの大切さ

  • 追加
  • ほう・れん・そうと聞くと野菜を思いうかべるひともいると思います。
    「今更、何を言っているのだ。」と思うひともいると思います。
    そしてまた、そんなことを社会人ならば知っているひとも少なくないと思います。

    法連相は1982年に山種証券の山崎社長が社内キャンペーンで始めたということは知らなかったひともいると思います。

    報はは報告ということです。部下が上司の指示に取り組みつつ途中経過を報告することです。
    連は連絡で、自分の意見を憶測を含めない関係者への近況報告をすることです。
    最後に相は、相談のことで、自分だけで業務の判断が困難な時に上司に意見を聞くことです。

    この3つの言葉をなしに業務は遂行できないと私は、思います。
    社内がこの3つの言葉で一弾となり遂行することで業績が上がり士気があがると信じています。

    報連相により社員のすべての任務に温度差がなくなり、向かう方向が同じになります。
    これは、業績を上げるための必須事項です。

    報連相をしっかりしていると取引相手さまにも社員が全員同じ対応ができます。
    相手様の信用も得ることができます。信用を得ることは時間のかかることです。
    信用を失うことはすぐです。
    報連相により信用を失うこともありません。

    営業、生産部門その他すべての部門においても効率的に仕事ができます。

    みなさんも報連相をありきたりの言葉ですが確実に実行していって欲いことだと思っています。

    もちろん私も日々、この報連相を忘れずに仕事に取り組みたいと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク