4月に新入社員が入社して仕事とどう向き合うか

  • 追加
  • 4月は出会いの月だとよくいわれますが、会社はまさにそうですよね。なぜなら、新入社員が入社するからです。新入社員が入社することにより、各部署が今までと違った顔ぶれになることも多いでしょう。そこで、先輩社員が気をつけたいのは、新入社員にどうやって仕事を教えていくかです。

    新入社員へ仕事を教えるのは、簡単なようでいて難しいことです。まだ会社のイロハを知らない新入社員は、先輩社員にとって当たり前になっていることでも知らなかったり、できなかったりします。そんな様子を目にしたら先輩社員は小言を言いたくなってしまいますが、それでは良い関係を築けません。そこで、先輩社員は新入社員だったころをよく思い出し、どうやったら新入社員が仕事を効率良く覚えられるのか、そこを考えなければいけないですよね。

    また、新入社員のみなさんは、会社で働くことにできるだけ早く慣れて欲しいです。学校とはまったく違うサイクルで仕事をするわけですから、日々の疲れがドッと出ることもあるでしょう。そして「仕事が全然わからないからできるだけ丁寧に優しく教えて欲しい」と、先輩社員に甘えたくなる気持ちもあると思います。ただ、会社という社会に出た以上、ただ甘えるだけの気持ちではいて欲しくないですよね。仕事に対してはできる限り能動的に取り組んで欲しいと思っていますよ。

    私も含めて先輩社員はよりいっそう身が引き締まる思いで新入社員に仕事を教えていきたいと思っていますし、新入社員は仕事に対してぜひとも前向きになって欲しいです。大変かもしれませんが、これから一緒にみんなで会社を盛り上げていきましょう。




    関連ネタ & スポンサーリンク