灌仏会はお釈迦様の誕生日

  • 追加
  • 4月8日はお釈迦様が生まれた日で、「灌仏会」という行事が行われます。
    日本には仏教徒が多いにも関わらず、イエス・キリストの誕生日であるクリスマスと比べると知名度が低いかもしれません。

    なお、桜が咲く時期に行われることから「花祭り」と呼ばれることもあります。この別名は日本独特のものであり、明治時代になってから浄土真宗の僧侶によって名付けられました。
    現在では浄土真宗以外の宗派でも、広く「花祭り」の名称が使用されています。

    灌仏会で行われる法要では、誕生仏に甘茶をかけます。
    お釈迦様は生まれた直後、七歩歩いた後に指で天地を指し「天上天下唯我独尊」と言ったと伝えられています。この時の様子を表したのが誕生仏です。
    お釈迦様が生まれた時、九頭龍が現れて甘露の雨を降らせたそうです。これが誕生仏に甘茶をかける由来です。

    灌仏会に参拝者に対して甘茶を振る舞う寺院もあります。
    皆さんも4月8日に時間があれば、お近くのお寺を訪ねてみてはいかがでしょうか。
    私も子供の頃4月8日にお寺に連れて行ってもらい、甘茶を飲ませてもらったことがあります。

    ちなみに、アマチャはアジサイの一種であり、ユキノシタ科もしくはアジサイ科アジサイ属に属します。普通のお茶の原料となるチャノキはツバキ科ツバキ属なので、まったく異なる植物です。
    なお、アジサイの仲間には毒が含まれているものも存在します。美味しい甘茶の仲間だからといってうっかり口にしないよう気をつけて下さい。




    おすすめ関連サイト



    関連ネタ & スポンサーリンク