料理という工程から気が付いた、大切なこと

  • 追加
  • 皆さんは、「主婦休みの日」という日があったことをご存知でしょうか? 

    先月5月25日が、その主婦休みの日だったですが、私自身もそんな日があることを、直前まで知らなくて、でも知ったからには妻に少しでも主婦業を休んでもらおうと考えました。
    なので、その日は、妻に代わって、私が夕飯を作ることにしたのですが、そのときに気が付いたことを、今からお話しします。
    まず、夕飯を作るにあたって、レシピを色々と確認しました。普段料理をしていたわけじゃないので、たくさんあるレシピの中から、簡単な手順のものを選び、作りました。でも、ふとそこで思ったのです。
    例えば、家族からリクエストされたり、「あっさりしたものが食べたい」などざっくりとした希望を言われたときに、その料理を作るために、何が必要で、どんな手順で作ればいいか、私には全く想像がつかないな、と思ったのです。
    妻は、普段からレシピを見ながら料理するのではなく、私たち家族に食べたいものを聞いて、段取り良く作ってくれています。これは、仕事にも繋がることだ、と気が付きました。

    「料理」は「仕事の出来栄え」であり、「材料」は「与えられた課題、問題」だと。仕事の出来栄えや成果のために、どのようにして課題、問題をクリアしていくか。
    さらに、解決までの「手順」も、より正確に、よりスピーディーにすることによって、ゴールまでの時間も効率よく使えます。
    私には、料理でこの力は発揮できませんが、ここで発揮して、皆さんとともに、最高の成果を目指したいと思います。




    関連ネタ & スポンサーリンク